FC2ブログ

「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」と「愛のタリオ」で、まるで別人のようなチョン・ウソン

「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」と「愛のタリオ」で、まるで別人のようなチョン・ウソン


ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』((2011年)では、運命に翻弄されながらも真実の愛を掴む純粋で粗野な男を情熱的に演じたチョン・ウソンだが、映画『愛のタリオ』では、冷めてすかした都会の最低な男をクールに演じていた。

私の場合、ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』を、かなり過去に視ていたのだが、
昨日、映画『愛のタリオ』を視て、主演であるチョン・ウソンの顔にしきりに既視感を感じるものの、どのようなドラマか、はたまた映画で視たのだったか、なかなか思い出せずにいた。

それもその筈で、髪型の違いもあるものの、演じている人物像が、映画『愛のタリオ』とドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』では、まるっきりイメージの異なる別人だったのだ。

チョン・ウソン…恐るべき演じ分けをこなす俳優である。

韓国では、このように善人と悪人、純粋とダーティなど、対照的な役柄でも演じ分けてこなしてしまう役者が多いと感じる。

ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』のあらすじは上記、リンク先にあります。
映画『愛のタリオ』 あらすじは以下。

映画 愛のタリオ あらすじ


ソウルの大学で女子大生を相手にセクハラしたという嫌疑で、片田舎へと左遷されてきた
小説家であり文学の教授ハッキュ(チョン・ウソン)は、馴染のない田舎暮らしに気落ちして冷めていた。

そんな彼の前に現れたのは、この町の小さな遊園地でチケットを売る仕事をしていた少女ドク(イ・ソム)。

ドクは都会も、男も、何も知らない純粋な少女で、聾唖者の母親と寄り添うように暮らしていたが、
ハッキュの持つ、ハンサムで洗練された都会の人の雰囲気に吸い寄せられるように夢中になってゆく。

ハッキュにとってドクは、不本意な田舎暮らしでの手頃な憂さ晴らしの遊び相手に過ぎなかったが、
世間知らずのドクは、たちまちのうちにハッキュへの激しい情愛に溺れて行った。

だが、ほどなくして、ハッキュのセクハラ問題の嫌疑が晴れて、彼は大学へ復職する事になる。
そして、この彼の復職と前後してドクの妊娠がわかる。
ソウルへ戻れば妻子のいるハッキュで、それを承知で、彼との愛にのめり込んだドクだったが…彼を引き止めようと
妊娠を告げたとたんに堕胎を求められて、悲しみのうちに中絶する。

それでもドクは、これで終わりの筈がないと、ソウルへ帰ったハッキュを待ち続けた。
キチンと話をするために必ずまた戻るからと約束していたハッキュだったが、やっと再会が叶った時に、
突き付けられたのは封筒に入れられた手切れ金と別れの言葉だった…。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

映画 だれかの木琴 唯一、面白かったシーン(つまらない映画に追加)

映画 だれかの木琴 唯一、面白かったシーン

電車の中で、誰もが携帯を見ている中、一人だけが位牌を見ているシーンが面白かった。

映画 だれかの木琴 概要・あらすじ


郊外に引っ越した主婦の小夜子は、初めて訪れた美容院で担当になった若い男性美容師の海斗を気に入り、
届いた来店お礼の営業メールに返信する。
そのメールの返信を皮切りに、小夜子の心から海斗の存在が離れなくなり…だんだんとストーカーのような行動へとエスカレートしてゆく。

海斗は、たまたま担当になっただけの一人のお客の予想外の行動に戸惑うのだが…。

映画 だれかの木琴 感想


自分としては好きな俳優である池松壮亮が出ているので視たが・・・
台詞が、ボソボソとしゃべり覇気がなく全然聞き取れない。

普通の不倫に走って家庭を壊してしまう主婦の、よくあるパターンの不倫映画かと思って視たが、
そうではなく、さりとてストーカーの恐怖を訴える映画でもなく、正直、これと言って見所のない映画。

主人公の常盤貴子は、一応、ご主人にも大事にされて何不自由なく暮らしている主婦だけど、
いつも寂しそうで、恋愛の現役を離れて長いけれど今尚、恋に恋しているような、どこにでもよくいる主婦だと思う。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 池松壮亮

映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ・あらすじ・キャスト・感想

邦画のご紹介です。

映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ・あらすじ・キャスト・感想



映画 カイジ 人生逆転ゲーム 概要



2009年公開の映画。
監督:佐藤東弥
原作:福本伸行の『賭博黙示録カイジ
脚本:大森美香
製作:日本テレビほかカイジ製作委員会
主演:藤原竜也
ジャンル:サバイバル
上映時間:2時間10分

特別な才能もなく、人生の目標もない、自堕落な日々を送るフリーターの典型的な“負け組”カイジ
うかうかと他人の保証人になったために多額の借金を抱えてしまった彼は、悪徳金融の遠藤に言われるままギャンブル・クルーズに参加する。
そこで行われているのは、生き残りを賭けた究極のゲームだった。

映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ・あらすじ



《映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ 起》

連帯保証人となって、202万円という高額に膨れ上がった借金を背負ってしまった伊藤開司(藤原竜也)。
それを取り立てに来た悪徳金融会社の社長、遠藤凛子(天海祐希)は、彼に返済能力がないと見ると、
「一夜にして借金を帳消しにできるどころか、大金を手にするチャンスがある」と、ギャンブル・クルーズへの参加を勧める。

数時間後の深夜、晴海ふ頭から出航する豪華客船エスポワール号に乗り込んだカイジ。
会場となる船内には、カイジと同じく、借金を背負った「負け犬」たちが集められていた。

このイベントを仕切る帝愛グループ幹部、利根川(香川照之)が彼らに向かって叫ぶ。
「勝つことがすべて! 勝たなきゃゴミ!! 勝ちもせず生きていることこそが論外!!」

《映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ 承》

ゲームの皮きりはジャンケンから始まった。
彼らに星のバッジが3つと「グー」「チョキ」「パー」のカードが4枚ずつ配られて、身近にいる者とジャンケン勝負をし、
勝てば、相手から星を貰える。
制限時間内にカードを使いきり、星を3つ以上残せば生き残れるというルールだ。
敗者は「別室」送りとなるのだが…そこに待ち受けている過酷な運命を彼らはまだ知らない。

船井(山本太郎)の計略に翻弄され、手を組んだ石田のミスの巻き添えとなり、敗者となったカイジは、
地下帝国の強制労働施設へと送られる。

《映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ 転》

強制労働施設は通称「地下帝国」と呼ばれていた。
低賃金でキツくて危険な長時間労働のタコ部屋住まいに身を投じ、それぞれに借金を背負うここの労働者らは、数十年も囚われ働き続けていた。
そんな中でカイジもまた希望のない日々を送るハメになる。

ある日、佐原誠(松山ケンイチ)という男が、病気となり、マトモに働けなくなった。
そのために佐原はブレイブメンロードへ送られると言う。
ブレイブメンロードとは、労働すらできず借金が嵩んだ者が送られる場所だというのだが、そこは恐怖でもあり、
千載一遇のチャンスを掴める場でもあった。
そこで地下帝国から抜け出したいカイジと石田も、佐原と一緒にブレイブメンロードへ行くことを決意する。

ブレイブメンロードとは、高層ビルの間に渡した鉄骨の道の事で、悪天候と強風の中で、
挑戦者となったカイジらは、賞金の1千万円と共に借金からの解放を目指して、順々に、鉄骨を渡って行く。

どんどんと脱落者(死者)が出る中で、この難易度の高い試練を、やり遂げた勝者はカイジただ一人だった。
しかし賞金の1千万円から借金を差し引かれてカイジの手元に残ったのは僅かに75万円であった。

《映画 カイジ 人生逆転ゲーム ネタバレ 結》

鉄骨から落ちて亡くなった石田からの遺言を託されていたカイジは、遺族に渡すには75万円では少なすぎると落胆する。
そんなカイジに利根川幸雄(香川照之)が、カードゲームを挑んでくる。
勝てば賞金を増やしてシャバに凱旋出来るが、負ければ地下帝国に逆戻りだ。
自分の持てる全身全霊を傾けて、この勝負に挑んだカイジは、利根川のイカサマを見抜き、
もう後がない土壇場で、遠藤の財力を借り、見事、ゲームに勝利する。

しかし、そんな苦労の末に手に入れた大金を、シャバに出たとたんに遠藤に持ち逃げされてしまうカイジだった。
残った僅かなお金をカイジは、石田の娘が働くパチンコ屋を見つけ出して届けた。

映画 カイジ 人生逆転ゲーム キャスト


伊藤開司(藤原竜也)…主人公
遠藤凛子(天海祐希)…悪徳金融の幹部
利根川幸雄(香川照之)…悪徳金融の幹部
船井譲次(山本太郎)…ギャンブル・クルーズの参加者
石田光司(光石研)…ギャンブル・クルーズの参加者
大槻太郎(松尾スズキ)…地下労働施設の班長
兵藤和尊(兵藤和尊)…帝愛グループ総帥(会長)
佐原誠(松山ケンイチ)…地下労働施設の同僚
黒服(福本伸行)…ゲスト出演
石田裕美(吉高由里子)…石田光司の娘

映画 カイジ 人生逆転ゲーム 感想

命懸けの勝負となったら冴えわたるカイジの頭脳。
けれども、とってもお人よし過ぎるのがカイジの弱点。
命懸けの鉄骨渡りは最大の見せ場。
藤原竜也の迫真の演技とスリリングな展開がマッチして超オススメ。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : カイジ

黒執事 ネタバレを含む感想

黒執事 ネタバレを含む感想


黒執事』 

水嶋ヒロがクールな“悪魔で執事”を好演♡”

黒執事 映画感想》
これは、ずいぶんと以前、コミック作品の方を先に1巻だけ読んでいて、その時はさほど面白いとも思わなかったんですが、水嶋ヒロがどんな風にセバスチャンを演じているのかと興味があって視てみました。
19世紀のイギリスから現在の国籍不明な国へ。
そして、その国には主人公らを含めて沢山の日本人が住んでいると、
映画では設定が、原作から大幅に変更されてますね。
それと、ご主人様の性別や年齢も変更。
だけどいずれにせよこの話、原作の時点から、
他にも色々、複雑で細かい設定があり…そこまでの事は、私が読んだコミックの第1巻だけではまだわからなくなってるおり、本来の面白さがわかって来るのは、もっと読み進めてからでしょう。…てな素材が原作ですので、
だらだらと書いてナンボの漫画と違い、約2時間という短時間で、その作品の性格を伝え切らねばならない映画では、セバスチャンは、いきなり悪魔という正体を晒して出て来ます。

「あくまで執事ですから。」というのがセバスチャンの口癖なんですが、これ「執事としての仕事を全うするのが使命。」と言ってるように聞こえるけど、そうではなく「悪魔で執事ですから。」て言ってるんだろうな…でも劇中でその言葉を聞いている相手たちは、まさか、そんな意味とは思ってもいないんだろうな…ってね、視聴者だけにわかる部分ってありますよね~。
そういったところが面白いし、アクションシーンもなかなかに迫力満点でした♪メガネのメイドちゃんのアクションも華麗だったよね。


テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 黒執事

ドラマ まだ結婚できない男 1話 ネタバレ(簡略)

ドラマ『まだ結婚できない男』とは?

13年前にヒットを飛ばした『結婚できない男』の続編!
まだ結婚できない男』として、あの皮肉屋、桑野信介が帰って来た!!

53歳になった桑野は、偏屈さに一層磨きがかかり相変わらず独り身を謳歌する日々。
しかし、ひょんなことから出会った女性たちとの間で、
動き始める桑野の運命!
はたして今度こそ人生のパートナーを見つけることができるのか?

ドラマ まだ結婚できない男 1話 ネタバレ(簡略)

2019/10/8放送「相変わらず一人が好きで悪いか!!」

桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築士。
ルックスも収入も申し分ないが「メリットがない」という考えから独身を貫き、50歳を過ぎた今も気楽なシングルライフを満喫していた。

ある日、日課のエゴサーチで桑野を非難している“やっくんのブログ”の検索ランキングが上がっていることに気が付く。
不快さが募り近所で事務所を構える弁護士・吉山まどか(吉田羊)に相談へ行く。
まどかは桑野の相談に乗る一方、偏屈な発言を連発する桑野に「敵を作りやすい」と忠告もする。

後日、桑野はまどかの弁護士としての実力をチェックする目的で、裁判所を訪れ離婚裁判を傍聴する。
まどかは夫からの離婚の申し出に同意しない妻・岡野有希江(稲森いずみ)の代理人であったが、裁判は圧倒的に不利な状況だった。

閉廷後、和解の提案を受け入れようとする有希江に桑野が余計な口出しをした事から、顔見知りとなり、
それ以降、有希江が雇われ店長をする喫茶店へ度々、出入りするようになる。

一方では、桑野が暮らすマンションの隣の部屋に、若い女性・戸波早紀(深川麻衣)が引っ越して来ていたが、常にサングラスで顔を隠して挙動不審な様子だった。

そんな折り、桑野はフッと気が向いて立ち寄ったペットショップで、昔、見覚えのあるバグの犬を見つけて、懐かしいような思いに囚われ、
毎日、その犬の顔を見にペットショップを訪れるようになっていたが、さりとて購入するまでの気にはなれず…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : まだ結婚できない男

プロフィール

桃

Author:桃
文学と映画の好きな主婦。
神戸に住んでいます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去のログ v.コンパクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR