スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の後宮 最終話 ネタバレ・あらすじ

王の後宮 最終話 ネタバレ・あらすじ

王の後宮の最終話は46話で、サブタイトルが「永遠の眠り」。

このサブタイトルからすると、主人公の春華(アン・アン)が死んでしまうのか?との悲痛なラストが一瞬、頭を過ぎるが、
やはり、それはない。
華流ドラマで、女性主人公がラストで亡くなるというパターンは、あまりないようだ。

44話から、春華の側の善良な人達が次々に亡くなり始める。
まず親友の柏含香(リュウ・ティンユー)の病が、だんだんと重くなり、まずい状況で息を引き取る。
どのように、まずい状況かと言うと、
春華が含香の願いを叶えるべく引き合わせた楊永(ウィリアム・フォン)の胸の中で死を迎え、
それを、怪しんで偵察に駆けつけた万貴妃(タビア・ヨン)と周皇太后に目撃されてしまうという、
とんでもなくバットタイミングな状況である。


45話では、誰も死なないが、事態は一気に、深刻な方向へ。
万貴妃と周皇太后が、柏含香は憲宗の妃であったにも関わらず、よその男の胸の中で亡くなったと大問題にし、
春華と楊永を罪に問うべきと騒ぎ立てる。
そのせいで、春華と楊永は、別々に牢に捕えられる。

汪直(パトリック・タム)が、春華の牢を訪れて、いくら、うまく立ち回って罪を逃れるようにと説得しても、
春華は、自分が死んでもいいから、楊永を助けて欲しいと言い張って譲らない。



46話(最終話)では、憲宗の名誉に傷が付く事を恐れて、柏含香と楊永には罪を問わないと決定され、
柏含香の葬儀が盛大に執り行われ、楊永も無罪とされて釈放される。

汪直は、頭を悩ましながら、
憲宗や万貴妃に、春華助命を嘆願するが、周皇太后が、春華を処刑にすると譲らず、
憲宗は、後宮の事は自分には口出しが出来ないから諦めよと言い、
万貴妃は、それこそ、春華の処刑は狙い通りの裁きなので、取り成すどころか、半笑いで聞く耳を持つ筈もない。

楊永は釈放されたものの、春華がどうなったかを気にしており、
そんな楊永のために、袁放(ルー・ユンリン)が宮中の様子を見て来てくれる事になった。
ところが、宮の塀の上に登り、中の様子を窺おうとした時に、
たまたま下を清姿(リュ・イー)が通り過ぎて行く姿に目を奪われて、
ウッカリ、汪直の部下に見つかって矢で射られ、あっけなく死んでしまう。

そんな事とは知らない楊永は大人しく家で、袁放の知らせを待っていた。

汪直は、最早、春華を助ける術を見出せず、部下を使って春華を牢からさらわせると、
春華の身代わりの宮女を置いて牢に火を点けて、春華を宮中から出して逃がす。
 
だが、汪直は、春華が、都に舞い戻り、楊永と一緒に逃げようとしている事を知ると、楊永とは一緒にさせるものか!と、
2人を捕らえよと部下に命じる。
それを小耳に挟んだ小安は、慌てて楊永の家へ知らせに走る。
そして…春華が、楊永の家へと到着する頃、楊永と服を取り替えた小安は、楊永と間違えられて、弓で射殺されてしまう。

ラスト、静かな湖の上を滑るように流れて行く大きなイカダに乗る春華と楊永は、微笑み合い幸せそうであった。
春華の肩を抱き寄せる楊永。
うっとりと目を閉じて、楊永に寄りかかる春華。

《男性の声でナレーション》
その後、楊永と春華の行方を知る者はいなかった。

汪直は、尚銘に弾劾されるまで、憲宗の信任を受け続けた。

西暦1487年、万貴妃が世を去り、同年8月、憲宗も崩御した。


【王の後宮 関連記事】
中国ドラマ王の後宮の「タビア・ヨン」と「鈴木紗理奈」は似ている?
YESかNOか?投票所

中国ドラマ『王の後宮』に見る中国と古代日本の酷似点




スポンサーサイト

「嘘の戦争」韓国で検索する人が多でも制作サイドはオリジナルを主張。けど韓ドラに影響は受けてる

「嘘の戦争」韓国で検索する人が多でも制作サイドはオリジナルを主張。けど韓ドラに影響は受けてる

1月10日(火)9時から放送が始まる、関西テレビの嘘の戦争。

SMAP解散後、初の草彅さんの主演作という事で、何かと話題になっているようです。

さて、前の記事で

ドラマ「嘘の戦争」の設定は、韓国ドラマ「お金の化身」に似てる

と紹介しました。

とは言え「嘘の戦争」の制作サイドは、韓国ドラマのリメイク作品ではなく完全オリジナルだと仰っていると聞きました。

でも…私の見立てによると、リメイク作品ではないにしろ、この「お金の化身」もしくは、
キム・ナムギル主演の「サメ~愛の黙示録」の影響を少しは受けているだろうと思えてならない。
この「サメ~愛の黙示録」も、作品冒頭で、善人面した悪人に、父親を殺された主人公が、
やはり自分も命を狙われながらも、九死に一生を得て、復讐を胸に誓い、顔を変えて、
犯人と思われる人物の近くに戻って来るという復讐ドラマの王道です。
キム・ナムギルのCoolな魅力全開ですわ。
サメ ~愛の黙示録~ (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

¥5,400
Amazon.co.jp

「嘘の戦争」が完全オリジナルであろうが、韓国ドラマの影響を受けていようが、
いずれにせよ、綿密に作り込まれた韓国ドラマの面白さを超えられるのか否かが見ものです。





お金の化身 DVD-BOX 1/ポニーキャニオン

¥24,624
Amazon.co.jp


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。


華流(台湾)ドラマ「華麗なる遺産〜燦爛人生」お金持ちなのに貧乏くさい服装やインテリア

華流(台湾)ドラマ「華麗なる遺産〜燦爛人生」お金持ちなのになぜか貧乏くさい服装やインテリア


実は、韓国ドラマの「華麗なる遺産」を視る前に、華流(台湾)ドラマ「華麗なる遺産〜燦爛人生」を見てしまいました。


韓国の人気ドラマ『華麗なる 遺産』をリメイクした作品なのだそうで、
日本でも人気のジェリー・イェンをヒロインの相手役に抜擢してるって事なんだけど、
どうにも気になるのがお金持ち設定の筈なのに、どうにも安っぽい衣装やお住まい。

住居の広さについては、よくわからないんですが、インテリアが古臭いイメージ(アンティークという意味ではけっしてない!)で、
通常、豪邸を表現するのによく映される天井の高い玄関ロビーでの会話風景は出て来なくて、
お部屋や食卓での会話風景のみです。

部屋では「取りあえず大きなクローゼット用意したんで、これでお金持ちに見えるだろう…」とか、
イージーにでも考えているのかと(´・ω・`?)。

もしかして相当な低予算で作ってるのかもしれませんが、
それにしてもお金持ちにスーパーで売ってるっぽい服を着せるのだけは、なんとか避けられなかったのか?

で、配役の方なんですけど、ヒロインの相手役は人気俳優のジェリー・イェンを使ったとしても、
ヒロインの方は、誰?

別段、私はヒロインに有名である事を全く期待はしていませんが、
このヒロインさん(エッダ・チェンさんと仰るそうです)あまりにも特徴のない演技をされるものですから、
別にこの人でなくても、そこそこ美人の人なら、誰がやっても同じでしょう。
もし、そうだとすれば、適当なヒロインのドラマって事で、ドラマの方の奥行も期待できそうもありません。

で…華流(台湾)ドラマ「華麗なる遺産〜燦爛人生」を視るのは途中で挫折してしまいまして、
今は本家の

韓国ドラマ「華麗なる遺産」

を無料で視ています。

楽天ショウタイムで、なんと4話まで無料なんでヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ

本家の方のヒロインは安定の演技力のハン・ヒョジュちゃんで、相手役の金持ち男子は、
可愛い系のイ・スンギだから、視てて、何か楽♪

華麗なる遺産(完全版) コンパクトDVD-BOX1[期間限定スペシャルプライス版]/ポニーキャニオン

¥5,400
Amazon.co.jp



【オススメしない華流(台湾)ドラマシリーズ】
台湾ドラマ 「ぴー夏がいっぱい」 概要と第1話視て、ちょこっと感想



人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。

高麗の初代王から新羅王へ。韓国俳優チェ・スジョンが興味深い

高麗の初代王から新羅王へ。韓国俳優チェ・スジョンが興味深い

今、Gyaoで『大王の夢~王たちの戦争』
を視聴する事が出来るのですが、
このドラマで、主人公である新羅第29代・太宗武烈王となるキム・チュンチュを力強く演じているのがチェ・スジョンさんです。
大王の夢 [レンタル落ち] 全35巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

チェ・スジョンさんは、いわゆる濃い顔の人ですが(笑)
彼の顔には「どっかで見たな。しかも、度々…。」という既視感がありました。

…で、すぐにどこで見たかは、わかったんですが、手塚治虫先生の漫画の中のどこかに登場していたような…気がします(笑)

手塚治虫の描くキャラクターはみんな表情豊で、それぞれに個性があるんですが、
その数ある手塚漫画のキャラクターの中の誰って言うより、ある種の一つのキャラの描き方に酷似してる感があります。
もしかしたら少年漫画じゃなくて、よりリアルに描き込んだ青年漫画の方かもしれないですが、
お顔立ちだけじゃなくて、きっとチェ・スジョンさんの、絶え間なく喜怒哀楽のあるリアリティ溢れる活き活きとした演技もまた
手塚漫画のキャラクターに被る雰囲気があるので、余計にそう感じたのだろうと思います。

さて、この『大王の夢~王たちの戦争』というドラマを、ざっくりと紹介しますと、
600年代と言いますから、7世紀初頭の頃ですが、
この頃の朝鮮半島は、新羅、百済、高句麗の三国が、領土の奪い合いを繰り返し、覇権争いをしていた、いわゆる三国時代という時代です。
で、新羅の王室血縁者に生まれたキム・チュンチュ(武烈王)が、少年時代に出会ったキム・ユシン(金庾信)と二人で三韓統一の誓いを立てて、
艱難辛苦を舐めながらも、生涯をその大きな夢のために投じてゆくという話です。
このチュンチュの生涯に渡る大志のパートナーであるキム・ユシン(金庾信)も、相当有名な歴史的人物らしくて
Wikipedia金ユ信でも、かなり丁寧な書き込みがされていますね。

最終的に、このチュンチュの大志である三韓統一は、
チュンチュの病没後、息子の文武王に引き継がれて668年に遂げられました。
全編で70話もあるんで、そりゃあもう、色々な事があるんですが、当時の人にとっては大変な偉業を成したと言えると思います。

しかし、新羅により、せっかく統一された三韓も、時が流れ9世紀末(後三国時代)になると、
今は無き故高句麗の地よりワンゴン(後の太祖王建)が現れ、もう一回仕切り直しが行われるんですね!!
後高句麗、後百済、新羅の間でまた色々すったもんだがあって…(余りにも、ざっくり書いてすみません^^;)
今度は後高句麗が、高麗と名前を変えて三国統一を果たし直します。(まぁ、どこの国の王様が上に立つかという話ですけどね。)


で、ここで、チュンチュ役のチェ・スジョンさんに話は戻りますが、
チェ・スジョンさんは『大王の夢~王たちの戦争』でキム・チュンチュを演じるより前に、
『太祖王建』ていうドラマで、新羅を倒すこのワンゴンを演じてたんですね!

時系列とは逆に、より新しい高麗時代の三韓統一を果たした高麗王を先に演じてから、
更に時代を遡り、今度は新羅の三韓統一を果たした新羅王を演じたんですね。

この『太祖王建』は184話まであって『大王の夢~王たちの戦争』よりも更に長丁場。
歴史上の三韓統一はもちろん偉業でしょうが、
こんなにも長い撮影をやり切る韓国の俳優さんのエネルギッシュさも、ある種の偉業と言えるんではないでしょうか?


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。

朝鮮 三国時代のドラマで、つまらなかった『近肖古王』(視聴挫折)

朝鮮 三国時代のドラマで、つまらなかった『近肖古王』(視聴挫折)

【朝鮮 三国時代とは】

半島南東部の新羅、半島北部の高句麗、半島南西部の百済の3か国が鼎立した7世紀中盤までの時代。


【近肖古王 国と人物と時代背景】

近肖古王とは、そもそも人(百済の第13代の王)の名前。
生年不詳であり375年まで生きた。(在位:346年~375年)
父は第11代の比流王で第2子であり、中国・日本の史書に初めて名の現れる百済王。

史実に元ずく解説は以上であるが、韓国ドラマ『近肖古王』においては、第2子ではなく第4子という設定になっている。


【視聴を挫折した最大の理由は?】
近肖古王(プ・ヨグ)役のカム・ウソンについては、さほどイケメンではないけど、
歴史ものなので、その点については気にならなかった。

しかし…相手役と言えるプ・ヨファ(姫で後にヨグの第1王妃)役のキム・ジスさんが、
他の時代劇の場合と比べて出番の多い相手役の姫として、あまりにも魅力に欠けるので、
彼女を見続けるモチベーションを持続する事が困難だった。

「とりあえず美人ならば何でもいいわ~」という感覚の人には、私の言ってる意味はわからないと思う。

キム・ジスさんという女優さんも、そりゃあ、まぁ、そこそこの美人ちゃあ美人なんだけど、ただそれだけなんですよね。
その美人度は、別段、群を抜いているわけでもなく、
下手すると、侍女役の人と役柄をチェンジしても差し支えないくらい。
なぜ近肖古王の相手役に抜擢されたんだろう?

そして、演技力においても特に光るものを感じさせない。

その輝きに掛けるヨファ姫は、ドラマの幕開けから非常に微妙な立場であるにも関わらず、
演技力がないせいか?常に淡々と演じていて、内に秘めたヨグへの一途な恋心も、きっとあるにはちがいないが、
それが視聴者には伝わって来ない。
ヨグの生死が不明な時も、悩んだり、心配しているようにすら見えないで、
何を考えているのか今一不透明な人物で、彼女の人生の先行き(ドラマの先の展開でもある)に、興味が湧いて来なかった。

百済という国自体には、たいへん興味を持っていたので視聴を開始したのですが、
頑張ったけど、第5話あたりで視聴挫折してしまいました。

近肖古王の側近や、その他の俳優陣には、けっこうキャリアのある人達をキャスティングしているので、
余計にもったいないというか残念でした。

ヨグの幼馴染で側近のパユン役をカン・ソンジン。
そして同じくヨグの幼馴染で従弟のチン・スン役をアン・ジェモという二人の実力派が演じていましたが、
この二人は揃って『女が二度化粧をするとき』という現代のドラマで共演しています。
(ただしアン・ジェモさんが、最初の方で死んじゃうのでほとんど絡みはないけど)


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。
プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。