スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京物語 ニューデジタルリマスター(1953年松竹)ネタバレ・あらすじ・感想

東京物語 ニューデジタルリマスター(1953年松竹)ネタバレ・あらすじ・感想



名作と噂に聞く、小津安二郎監督の「東京物語」のニューデジタルリマスター版を拝見しました。
元の映画を視た事がなく今回のニューデジタルリマスター版が初見です。

【東京物語 ニューデジタルリマスター ネタバレ・あらすじ】
1953年というと昭和28年。
物語は尾道で暮らしていた老夫婦が、東京で暮らす子供達に会いに、久かたぶりに出かけて行き、再会を果たし、尾道へ戻るまでの光景を淡々と描いています。

どこにでもあるような親と子、祖父母と孫の交流と会話であり、
これは映画ではなくて、どこかの家族の古いビデオ映像だと言われても「ああ、そうか~」と、納得してしまいそうな、
ナチュラルな話しぶりと、何気ない触れあいが映画の全編を通して最後まで続いていきます。

けれど、その折々に感じるのは、夫婦が、何人もの子供を育て上げても、
やがてその子らが巣立ち、親元を離れれば、
それぞれの子らの、それぞれの家庭であり生活が、根付いた先で大きくなり大切さを増し、親離れしていってしまうもの。
それは、植物の種が飛んだ先でまた茂り実りを齎すように当然の事かもしれないけれど、
そこに漂う老夫婦の一抹の切なさが伝わってきます。

それが老夫婦にとっての「子供が巣立った」という安堵感である反面、年月を越え、ようやく再会した自分たち親よりも、
子供ら自身の生活を優先されてしまい、ぞんざいに扱われる事への寂しさが、どうも心に付き纏う。
そんな二人に、戦死した次男の妻、紀子(原節子)の優しさが、身に沁みて心に残りました。

【東京物語 ニューデジタルリマスター 感想】
今から64年前の映画ですが、もう今の時代ならば、夫が亡くなってから後も、その両親に優しく尽くすなんていうお嫁さんは、
まずいないでしょうね?
64年前に、そんな女性が実在したかどうかは不明ですが、
とにかく、この映画の中の亡き息子の嫁、紀子は、人として、女性としてエクセレント!です。

東京物語ニューデジタルリマスターの修正前と後が下の動画で確認出来ます。
スポンサーサイト

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち~1942年の東京にあるループを利用するややこしさ

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち~1942年の東京にあるループを利用するややこしさ

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちというなかなか魅力的な映画を視ました。
監督がティム・バートンですから、彼独自の不思議な世界観のファンであるという方ははずせない映画でしょう。

さて、この記事のタイトルの中にある「ループ」ですが、これは「SFやファンタジーのサブジャンルで、物語の中で登場人物が同じ一定の時間を何度も繰り返す事」を指します。
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちでは、世界各地に、点々と「ある日の1日を繰り返すループ」が存在しているのですが、なぜそういう事になっているのかと言いますと、異能(作品中でインブリンと呼ばれる)の子供達もまた人知れず、世界各地に存在していて、その子らが安全に暮らすために、子供を守る役割を果たす乳母的存在の現地の大人のインブリンが付いています。

1942年の東京と言えばアメリカ陸軍が日本本土へ空襲を開始した日です。
第1回の空襲はドーリットル空襲と呼ばれて、1942年(昭和17年)4月18日にアメリカ海軍により 太平洋を横断して日本列島(本州)東方海域に到達した航空母艦ホーネットよりB-25双発爆撃機ミッチェル16機が発進され、日本本土に対して実施されました。

1942年の東京と一言に言っても、ループがこの4月18日の空襲開始日よりも前なのか?まさにその日なのか?後なのかがわからないのですが…映画のラスト近くで、ループへの通過ポイントとループを乗り継いで、エマと再会を果たしたジェイクが、確かに1942年の東京と語っています。
ジェイクはプリクラのボックスを経由して1942年のループへ飛んだそうなのですが、この説明にも一つ疑問が付き纏います。
だってプリクラのボックスって1942年には存在しないものなんだから、入口あるけど出口ないじゃんか?!…と、ここも矛盾点なんですが、
とにかく、1942年という第二次世界大戦最中の日本に、いくらループが設置されている場所とは言えど東京なんだから、
人気のない山中でもなかろうに、ジェイクみたいな西洋人の男の子が突然現れたら、
鬼畜米英がスローガンとなっていた日本人に袋叩きに合ってしまうんじゃないか?!と心配せずにはいられません。

1942年の東京にループが存在する事自体は別段おかしくないと思うのですが、言葉も通じないジェイクが、いきなりそのループへ行って、当時敵対関係にある国で、どうやって、そこのインブリンらと意思疎通するのか?
仮に意思疎通出来たとしても、
互いにインブリンであるならば、当時の状況に関わらず、
彼らは、互いを敵国人種などと認識せずに、人種の違いを超えて交流出来るものなのか?
このあたりが謎に満ちています。

ジェイクはなぜ、わざわざ、そんなややこしい時空にあるループを通過せねばならなかったのでしょうか?




血と骨 あらすじ・ネタバレ

血と骨 あらすじ・ネタバレ


1923年、日本の植民地統治下時代の朝鮮、済州島。
この島に住む17歳の金俊平(伊藤淳史)は、一旗上げようと夢見て、
数多くの出稼ぎ朝鮮人に混じり、済州島から貨客船、君が代丸に乗り込み、
大阪へとやって来た。

物語は、俊平(ビートたけし)の長男正雄(新井浩文)の大阪弁のナレーションで語られてゆく。


金俊平…その性格は、自己本位で粗暴極まりなくヤクザでも恐れたと言う。

レイプで自分のものにした李英姫(鈴木京香)との間に二人の子供をもうける。
(レイプされた時点で、李英姫は既にシングルマザーで、他の男との間の娘がいた)

常日頃から、家族も含め、気に入らないと誰にでも暴力を奮い暴れまくりのやりたい放題。
人や家族を思いやるという優しさを見せた事は一度もなかった。
李英姫は、そんな俊平のせいで、忍耐に忍耐を重ねるような苦難の生涯を送る事となる。

正雄がまだ幼い頃、俊平は、数年間行方をくらませていたのだが、戻って来ると、
顔なじみの連中を工員として全員、雇い入れて、蒲鉾工場を始めた。
そんな頃、武(オダギリジョー)という広島弁の青年が俊平の息子だと言って訪ねて来る。
広島で過ごしていた頃、武の母をレイプして、その結果、武が生まれたのだと言うが、
俊平も心当たりがあるようで、さほど抵抗もなく、武を息子として受け入れていた。

蒲鉾工場の方は労働条件が悪くて人が辞めて行くのに「人は減っても売り上げは絶対に減らすな!」と無茶を言い、
その癖、残業代は一切払わない。
そのせいで従業員と大喧嘩をして強引に自分の言い分を通してしまう。
その喧嘩の際に顔に大ヤケドを負わされた(北村一輝)は後にヤクザの親分になった。

俊平は、その後、蒲鉾工場で儲けた金を元手に、あこぎな金貸し業を始め、その頃になると、愛人を作って、
家のすぐ傍に、もう一軒、愛人のための家を建てて住ませ、自分はほとんど、そちらの家で過ごしていた。
しかし、2年の月日が流れると、愛人、山梨清子(中村優子)との間に、子供が生まれない事に苛立ち始める。
だが、そんな俊平の苛立ちも束の間、ほどなくして清子は病に倒れ、歩くことも喋る事もままならない寝たきり状態となる。
人間らしい情が欠落したかに見える俊平ではあったが、清子だけは特別なようで、
寝たきりになっても見捨てたりはせず、最初のうちは自分自身で介護したりもする。
だが、それでは身動きが取れないと思ったのか?要領をかまそうと思ったのか?
結局は、また新しい女を作って、その女、鳥谷定子(濱田マリ)に、清子の世話をさせる。
定子は、娘が一人いる子連れだったが、その後、何人もの子供を産み続ける。
しかし生まれて来るのは女の子ばかりで、なかなか男の子が生まれずにいた。

その一方で、李英姫は癌を患い、正雄は母に治療を受けさせてあげたくて、
これまで反発してきた父に、治療費を借りに来るが、冷たく断られて、またしても大乱闘の親子喧嘩になってしまう。

暫くして、父親から逃げたい一心で、好きでもない男の元へ嫁いだ正雄の姉、花子が自殺してしまう。
花子の自殺の原因は、夫の朴希範(寺島進)の暴力であった。
お通夜の時、やり切れない思いでいる正雄や母だったが、朴希範は、涙一つ流すわけでもなく、
通夜会場に集まった人々に背を向けてケロッとして麻雀をしていた。

しかし、その場に俊平が「俺の娘はどこだ!」と言って乱入すると、朴希範は急に悲しそうな素振りを取り繕い出す。
だが朴希範が、俊平の前で、どんなに悲しむ夫を演じても、
俊平は壊れたように「俺の娘はどこだ!」を何度も繰り返しながら、朴希範に拳を振り上げて殴ろうとするので、
朴希範は逃げ惑い、通夜の席は無茶苦茶に掻き乱されて大騒ぎとなる。
ところが、この時、俊平は転んでから足腰が立たなくなってしまった。
どうやら血管系の病気を発病したらしい。

俊平が体が不自由になったのをチャンスとばかりに、定子は普段の恨みを込めて俊平をしばきあげると、
金目の物を持って、子供達を連れて家を出て行ってしまった。
この出来事がある少し前に、やっと男子が生まれていた。


その後、体の事もあって不安になったのか?俊平は、わざわざ電車に乗ってまで、今は遠く離れて住む正雄を尋ねて来ると、
「おまえの借金は全額肩代わりして返しておいた。」との報告と共に、
今後は自分の金融業の手伝いをして暮らせと言う。
この時に一緒に行ってくれた高信義(松重豊)が、これまで色々あったけど親子なんだから…と、せっかく取り成してくれたのに、
俊平は、金融業そのものを丸ごと正雄に譲るのは嫌で、あくまで自分のところで雇ってやるだけと言い張る。
正雄は、最初から素っ気ない態度で二人に接していたが、その言い草を聞いて、余計に怒り、
「俺にかまうな!これまで通りに好き勝手を貫いて生きろよ!」と、俊平を追い返してしまう。
正雄が俊平を見たのは、この時が最後だった。

やがて、それから数年後、俊平は、それまで築いたすべての財産を北朝鮮へ寄付すると共に、
定子が産んだ男の子を、さらうようにして連れて北へ渡り、オンボロの粗末な小屋で生涯を終えた。

映画 武士の献立 あらすじ・ネタバレ・動画

映画 武士の献立 あらすじ・ネタバレ・動画

上戸彩主演。
武士の献立 [DVD]/松竹

¥4,104
Amazon.co.jp

武士の献立 動画(期間限定で無料)



加賀って言うと老舗温泉旅館や郷土料理が思い浮かびますが、この映画を視ると、
料理に対して、相当に思い入れの深い土地柄であった事がよくわかりました。

お正月に見た目の美しい加賀料理の数々を視るだけでも、心が満たされますが、
この時代、謙虚であった女性の、一途な夫への無償の愛もまた、
見目麗しい一品ではないでしょうか?

前田利家が残した加賀藩は、6代藩主・前田吉徳の治世となっていた。
その艶やかな加賀藩の食文化を背景として、
前田家の台所方・舟木伝内から乞われ、彼の息子・安信に嫁いだ春の内助の功を描いた作品。

藩主吉徳の側室、お貞の方に仕える料理自慢の女中、春は、一度は商家へと嫁に出してもらったが、
離縁され、再び、お貞の方の元へ出戻っていた。

一方、台所方・舟木伝内の悩みの種は、
御料理人の務めを嫌い、剣術の鍛錬に打ち込み、思うがままにやって来た次男、安信の事。
安信は、兄の急死で急遽跡取りとなったのだが、
幼い頃から、父の仕事を「包丁侍」と揶揄されて好きになれず、務めにも身が入らないでいた。


父が見込んでつれてきた嫁、春に対してもつれない素振りを続ける安信であったが、
春は、料理の腕はもちろん、気立ても良い。
春が、離婚か?料理指導か?を賭けた料理勝負で安信に勝利した事を切っ掛けに、
安信の料理の腕はみるみると春の指導によって磨かれてゆき、御料理人としても、どんどん出世していった。

夫の昇進を喜び、少しずつ、夫婦の距離が縮まってゆく中で、
春は、安信の剣術仲間で親しい間柄である今井定之進の妻、佐代が、
昔、安信と恋仲であった事を知ってしまう。

定之進は、改革派に属しており、安信も誘われ集まりに参加するようになると、改革派の中心人物、大槻伝蔵と出会う。
ところが一年後、藩主吉徳が急死すると、
保守派の重臣、前田土佐守直躬が権力を掌握するようになり、大槻伝蔵は失脚。
定之進をはじめとする改革派の面々は改易となってしまった。
だが…下士の身分であった安信には何の咎めもなかった。

それから、数年後。
土佐守の指示で、藩主重煕の国許入りを祝い、徳川家や近隣の大名を集めて加賀の饗応料理を振舞う事となった。
伝内が頭取、安信が頭取補佐を勤める舟木家にとっては晴れの日である。
その晴れの舞台を近々に控えたある夜、安信は、刀を磨いて、決起の場へ行こうとしていた。
水面下では、定之進らによって、土佐守の暗殺計画が企てられており、安信もそれに誘われており、
今夜がその決行日だったのである。
安信は、春に、御家が取り潰しとなっても、武士としての面目の方が大事と言い放った。
そんな安信を行かせまいとして、春は安信の刀を持って、隙を見て外へと逃げて行った。
それで、安信が不参加のまま、定之進ら残党は、全員討たれて死んだ。
怒った安信は、春が帰宅すると、手討ちにしようとするが、母に止められて断念する。

春の内助の功は、それからも続き、祝賀会で、持てる力のすべてを尽くした安信は大成功を収める。
紆余曲折を経て、ようやく、春の大切さに目覚めた安信であったが、
祝賀会の成功を見定めると、身を引くように舟木家を去って行った春。
その春を探して藩内を探し回る旅に出た安信は、能登の海女が集まる店で働いていた春にようやく再会した。


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。

映画 プリデスティネーション ネタバレ・あらすじ

タイムスリップ・タイムトラベル・タイムループの物語 ネタバレあらすじ他 まとめ映画 プリデスティネーション ネタバレ・あらすじ

映画 プリデスティネーション ネタバレ・あらすじ

原作は小説『輪廻の蛇』

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)/早川書房

¥972
Amazon.co.jp

ざっと、映画のストーリーをかいつまんで書く。
(ネタバレが含まれているので、ネタバレが嫌な人は絶対に読まないで下さい。)

★もっと詳細なあらすじが知りたい人はプリデスティネーション公式のストーリーのページを読んでね!

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆以下が、プリデスティネーション ネタバレ・あらすじ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

雌雄同体の人物がタイムマシンで過去へ行き、二十歳の時の自分と性交渉を持ち、二十歳の時の自分を孕ませる。
二十歳の自分は無事出産した。
産んだ子を病院からさらって、更に20年前の過去へ連れて行き、
かつて自分が置き去りにされていたという日時と場所(児童養護施設の前)
に置き去りにするのは、それまでのストーリー進行上で最も未来の自分。

さて…この時点でわかるのは、実は、
母・父・子供という本来ならば、性別も、人格も、立場も、年齢も、違う筈の3者が、
すべて同一人物であったという驚愕の事実である。
ただしこれは、タイムマシンというアイテムがあってこそ成り立つ事である。

これまでの、ほとんどの時間移動を扱った物語において、
タイムパラドックス(時間移動する事によって生じる重大な矛盾)は、パラレルワールドの論理で、
説明がつけられてきたと思われるが、
この物語では、パラレルワールドの論理を使わず独自に解決している。

それは…時間移動の際、脳を含めた身体が受ける衝撃により、
時間移動をする本人の記憶が混濁してしまい、そのせいで一部の記憶が、
おぼろげになったり、欠損してしまうというものだ。

それ故に、過去を振り返った時に、さんざん後悔していた筈の出来事を、
わざわざ過去へタイムスリップしながらも、全く回避しようとはせず、
自身の過去がシナリオであるかのように、それが自身の歴史通りになるような、
過去の自分へのアプローチしかしないのだ。
まるでお行儀のいい修学旅行生のように、自分の歴史からは1歩も踏み出さない。
(未来からタイムスリップして来た自分は、その後どうなるかを、その時点で、すべて知っている筈なのに、どうかしてるぜw)

そして映画は、原作になかった“時間警察を悩ませる神出鬼没の連続爆弾魔フィズル・ボマーと主人公との戦いを織り交ぜながら、
驚愕のクライマックスを迎える。

ただし、この驚愕のラスト、映画を視ているうちに「もしかしたら…なんじゃないのかな?」と、
勘のいい人ならば、割と簡単に予想がついてしまう。
まぁ、原作のタイトルで、もう半分以上ネタバレしてるようなものだけど。

映画の邦題「プリデスティネーション」の意味は「さだめられた目的地へ向かう」という風なニュアンスでたぶん合ってると思う。

親の顔も知らずに育った結果、自分しか愛せない人って、いたとしても不思議はないけど、
運命に封じ込められるような境遇から、唯一自分だけを愛した主人公の姿は哀しくて憐れなのです。

余談になりますが、
因みに、生物界で雌雄同体で、なおかつ自家受精(他の個体と交わらず、一個体で受精して次世代を産む事。)
するのは、ワタフキカイガラムシ・条虫(サナダムシ)・ホヤ類くらいなのだそうで、
人間以外でも自家受精というのは禁断のヤバい掟破りみたいです。(*・ω・)(*-ω-)ヘェ~変態過ぎるやろ?
よくよく考えてみれば、これって近○○姦の極みじゃないの?

プリデスティネーション ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

¥4,093
Amazon.co.jp
 タイムスリップ・タイムトラベル・タイムループの物語 ネタバレあらすじ他 まとめ 



人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。
プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。