スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠ダイエットで否応なく痩せる

2008年にバナナダイエットに失敗したあなたへ。
2009年は睡眠ダイエットで否応なく痩せよう!

バナナダイエットは、もっともらしい理由付けをしていたようですが、
医学的には何の根拠もないそうです。

それどころか朝バナナダイエットの提案者は多くの健康被害者を出した白インゲン豆ダイエットの推奨者だそうで、
コチラには、その張本人のお名前も出してくれています。

テレビ局はネタ枯れが恐ろしいので、色々な立派な肩書きの人を連れて来ては
ダイエットという国民の関心事を説くわけですね。


私は最近、やたらと早寝・早起きな生活を送っていましたところ少し痩せました。
どうも人並み外れた早寝・早起きは、食事を摂るタイミングを逃してしまう場合があるのですが、
それだけではなく、睡眠時間と体重には、大いなる関係があったそうなのです。

これには医学的な根拠もあり、
睡眠が十分に足りているとレプチンという脂肪の蓄積を抑制しエネルギー消費を高めるホルモンが分泌されるそうなのです。

ところが睡眠不足の状態ではレプチンの分泌は抑制され、逆に、食欲を増加させるグレリンというホルモンが増えるそうです。

これはアメリカのシカゴ大学の報告で、
これまで10時間眠っていた人が2日間、1日4時間睡眠に減らした実験ではレプチンは18%減少、グレリンは28%も増加したそうです。

皆さんも、長時間起きていて、ついついお腹が空いて食べ過ぎたという経験はありませんか?

私は最近午前3時半~4時半くらいに起きていますが、こんな時間に起きていると、お昼ごはん前に眠くなって二度寝してしまうのでついつい昼食を食べそびれ、
その後、雑用をセッセと片付ける事によって、
どうかすると夕食時間にも疲れ果てて寝てしまうのです( ̄_ ̄ i)
私は家族の食事を調理しなければならない立場にあるので・・・
それで下手すると家族も夕食を食べそびれています。

こんな生活をしていてもさほどお腹が空かないのはレプチンがたっぷり出ているからかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。