スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族ゲーム ネタバレ 吉本荒野を階段から突き落とした犯人 ネタバレあらすじ一覧

吉本荒野を階段から突き落とした犯人については、予想が諸説あるようですが、
私はかつての吉本荒野の勤めていた中学の生徒で、その後自殺した真田宗多でエントリーお願いします。

吉本荒野の母親が犯人説というのもあるようなんですが、もし、そうならば、
真田宗多が自殺する流れに結びつかないし、動機の部分がよくわからない事になってしまうので。

吉本荒野先生を突き落として大怪我をさせてしまったとなると、
真田宗多が精神的に追い詰められて自殺してしまう原因になったという
予測は安易に成り立つよね?

吉本荒野の母親が雄大に握られてる弱みが何か?っていう部分については、
それはもう「吉本荒野が真田宗多という生徒に対して殴る蹴るの暴行を働いていた」という事でしょう。
それを世間に知られたくない・・・未だに、あの母親はそういった世間体に縛られて生きている可哀想な人なんだと思います。

真希は年齢から考えても、当時の中学の生徒ですね。
クラスが吉本荒野担任組みなのか?
それとも田子雄大の方の担任組だったのか?
そこまではわかりませんが。


家族ゲーム ネタバレあらすじ 第1話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第2話
家族ゲーム ネタバレあらすじ  第3話~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第4話

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(前半) 第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(後半)第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第7話
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレ 最終回で自殺はない
家族ゲーム あらすじ ネタバレについて


家族ゲーム 公式




スポンサーサイト

家族ゲーム ネタバレ 第8話~マキは、やっぱり吉本(田子雄大)の刺客?! ネタバレあらすじ一覧

家族ゲーム公式で第8話のあらすじを見て、予告動画を見たら、
真希の実家があった跡地を慎一が再訪問して、
かつてそこに住んでいた家族に女の子はいなかったという事がわかるんです。

・・・て事はですよ。

やはりマキも、吉本荒野こと田子雄大が立てた慎一を騙す計画のための演者であったという事なんじゃないですか?

前にも書きましたけど、雄大は何もかもが計算ずくの人間だって、櫻井翔君もインタビューで答えていたように、
あの「吉本荒野を訴える会のサイト」も、
その管理人であり、まず一茂に接近して夫婦関係にヒビを入れ、
そして、今は慎一の心を奪って親子関係をガタガタにした立花真希は、
やはり吉本荒野こと田子雄大の手駒であり、彼から沼田家に放たれた刺客であるという見方が
正しかったように思うのですが、
皆様はどう予想されておられるのでしょうか?

家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第1話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第2話
家族ゲーム ネタバレあらすじ  第3話~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第4話

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(前半) 第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(後半)第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第7話
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレ 最終回で自殺はない
家族ゲーム あらすじ ネタバレについて


家族ゲーム あらすじ まとめ

家族ゲーム 公式

家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじ ネタバレあらすじ一覧

2010年7月、幸せそうな沼田家の新居への引越しシーンと共に、沼田佳代子の回想。

箱入り娘だった佳代子は父の勧めるままに、取引先の社員だった一茂と結婚。
しかし父は不祥事を起こして裏切った一茂をあっさりと見限り、絶縁する。

その後、家庭を顧みない一茂の協力なしでも、
佳代子は生き甲斐とも言える二人の子供を賢明に育ててきた。

ところが、そんな彼女の唯一の生き甲斐であった子供たちも、
思春期を迎えると佳代子を遠ざけるようになり、寂しい気持ちに襲われた。

相談相手もなく気が滅入ってばかりの孤独な日常・・・そんな時に現れた家庭教師の吉本。
初めは、その暴力的態度を受け入れる事が出来なかったが、
茂之を立ち直らせてくれたのも、主人の浮気を教えてくれたのも、
株で大損をした事を家族には内緒にしたまま損益を肩代わりまでしてくれて、
もう1度、家族とちゃんと向き合うようにと進言してくれたのも、すべて吉本だった。
吉本だけが佳代子の支えになってくれたのだ。
今や佳代子は、茂之と同じく、そんな吉本を信頼するようになっていた。

株などに依存する事をやめて、今度こそ家族にちゃんと向き合わなければならない佳代子だったのに、、「自分を変えたい」と願う一方で、
またしても佳代子は株に手を出し一千万円の損失を出してしまった・・・。

吉本は佳代子に実家に頼るしかないとアドバイスするが、佳代子には実家を頼れない事情があった。
一茂のことが原因で実家から縁を切られていた佳代子。
しかし、背に腹は変えられず、思い切って父を訪ねる佳代子だったが、冷たく断られてしまう。



吉本(櫻井翔)の方は、
慎一(神木隆之介)からの激しい反撃をかわし、何とか家庭教師解雇の危機を逃れポジションを維持していた。

片や、、完全に家族から孤立した慎一は、どんどんと同じ境遇の真希(忽那汐里)へ傾倒し、
恋人の飛鳥(北原里英)への態度は冷めたものになっていった。
その裏では、吉本が、飛鳥に、慎一の万引きの証拠写真を手渡していたとも知らずに…。

慎一は
真希が自分を一生懸命に励ましてくれる健気で優しい女性に見えていたのだが・・・(?)
真希の存在のお陰で、すっかりしおらしくて一見従順になった慎一に、
吉本は「君には勉強ではなくて挫折を教えてあげよう。もっと試練を与えてあげないとな」などと言うのだった。
だが、真希という心の支えを得たと思っている慎一は、自信たっぷりに
「俺は屈しませんよ」と対抗姿勢を見せつける。

その夜、小手先で夫婦仲を修復しようと考えている一茂は、寝室で佳代子と仲よくしようとするが、
既に、一茂の事を生理的に受け付けなくなっている佳代子に蹴飛ばされる。
佳代子の気持ちを察する事もなく
「俺がいなくなって困るのはおまえだろう」と尊大な態度の一茂にうんざりとして、
佳代子は寝室を出ていってしまう。

ある日、慎一が真希と映画館でデートを楽しんでいると、そこへ突然、吉本が現れた。
吉本は、真希に一茂(板尾創路)が会いたがっていると伝える。
「今更、会えるわけない!」と慎一が拒否するのも聞かず、吉本は「夫婦の仲を悪くした責任があるだろ」と真希を追いつめる。
そして慎一には「君の彼女は飛鳥ちゃんじゃなかったっけ?女は怖いから気を付けろ」と耳元で忠告して、「よろしくぅ~」と真希に小さく手を振り去って行った。
 
茂之(浦上晟周)の方はと言うと、友達も増え、すっかり明るくなり、充実した毎日を送っていた。
茂之の友達は、まるで元イジメリーダー山尾の元から引き抜かれるかのように増えていた。


映画を見終わった後の喫茶店で、
真希は慎一に「お父さんに会って、ちゃんと吉本の事を話す。このままでは家族崩壊だから」
と言うが、
慎一は、父親が真希に気がある事を思って心配して止める。
だが真希は「そんな心配しないでも大丈夫」と慎一の目を真っ直ぐに見つめながら言うのだった。

いつものサウナのシーンでは、吉本が一茂に
「真希が見つかったので、そのうち連絡が来ると思う」と告げると、一茂は嬉しそうだった。
そんな父を尊敬出来ない慎一は、吉本に
「これも俺への試練ですか?」と問いただすが、吉本は「どうだろうね?」とトボける。

夕飯の時、慎一の進路を巡って、父と慎一の間で言い争いになるが、
この時、いつになく慎一は、自分の普段思っている事を、ハッキリと父親にぶつける。
「父さんにとって俺は自慢のネタでしかないんだ」
それを見ていた吉本の口からは拍手と共に「いいねぇ~」の決め台詞がこぼれる。
続いて吉本が
「次は女性の好みについて議論しますか?意外と親子で同じ好みだったりして」と笑いながら言ったので、慎一は気分を害して席を立って自分の部屋に行ってしまった。
事の展開が把握出来ていない一茂は呑気につられ笑いをしている。


さて、吉本荒野(本物)の入院先の方では、雄大がその病室を訪ねて、
介護の母親に「あんな事されたら困る」と苦情を伝えていた。

「何の事ですか?」ととぼける荒野の母親だったが、
「お母さん、僕は真剣に彼らと向き合ってるんですよ」そう言いながら、
雄大は荒野の喉元に繋がれた呼吸器に手を掛けると今にも外しそうな素振りをする。
それでも荒野の母親の批難の声はやまなかった。
「あなたは、ただ壊してるだけっじゃないですか!あなたは教育者なんかじゃない!人を不幸に陥れる快楽主義者です」
そんな批難を別に否定もせずに
「よくわかってるじゃないですか。その通り。吉本荒野はそういう人間なんですよ」と言うのだが、
その視線は眠り続ける本物の吉本荒野の顔に注がれていた。
雄大は呼吸器から手を離すと、母親の方に向き直り「もうすぐフィナーレです。大人しくしていて下さい」と告げた。
その後、雄大の回想シーンである。

8年前、放課後のとある教室で、田子雄大が吉本荒野と話している。
ここで、真田に暴力を奮っていたのは彼の父親ではなく雄大でもなく、本物の吉本荒野だった事が雄大の口から明かされ・・・その瞬間、吉本荒野はニヤリとして見せたのだった。
生徒思いで父兄にも評判の良かった吉本荒野の偽りの仮面が剥がされた瞬間だったのだろう。

さて次の日、元気のない佳代子や、反発姿勢をむき出しにする慎一をよそに、
真希に再開する事になった一茂は朝から浮かれ気分だった。

定期を全額下ろして株を買い一千万の借金を被った佳代子は、実家の父にも援助を断られて、追い詰められて自殺を図ろうとする。
それを見つけたのは吉本だった。
吉本だけが、ずっと佳代子の様子を気に掛けていたからだ。

勤務時間が終わるやいなや、一茂は待ちかねたように、真希との待ち合わせ場所へ向かう。
バーのラウンジ・・・だがそこには慎一が、こっそりと
様子を窺いに来ていた。

一茂は真希が話を切り出すよりも先に、妻とうまくいっていない事を強調しだす。
そして真希との関係を続けたいと持ちかける。
その目の前に慎一が姿を現して、
「彼女は父さんが好きで近づいたわけじゃない。俺達、家族を守るために接触したんだよ」
と言われて、何がなんだかわけがわからない一茂だったが
「話しても信じてくれないだろう」と真希の手を取って、連れ出そうとする慎一を引き止める。
「ちゃんと説明しろ。お前達、その…付き合ってるのか?」
「だったら何?!」と語気を強める慎一に、納得がいかなくて、ひつこく引き止める一茂。
その父の手を、慎一が苛立って振り切った勢いで、一茂は無様に床に押し倒された。

唖然とする一茂を店に残して真希と慎一は夜の街へ飛び出す。
そして慎一は家を出る決意を真希に告げる。
戸惑う真希を「高校を辞めて働く」と言って抱き締める慎一。
どっぷりと真希の恋の罠にハマった慎一だったが、
その二人を遠くから見つめる飛鳥は悲しそうな表情を浮かべていた。

家では佳代子が人数分のごちそうを作って待っているというのに誰一人帰ってこない。
その頃、茂之はゲームセンターで友達とゲームに興じていた。
友達は全員、元イジメグループの山尾の手下をしていた連中だ。
そこへ山尾側についていた最後の一人が現れて「悪かった」と茂之に詫びを入れ
茂之が許して迎え入れたので、山尾は、とうとう1人になってしまう。

すると1人の友達(?)が「夏休みが終わったら山尾の事、省こう」と言い出す。

自宅の方へは一茂が帰っていたが佳代子の姿が見えない。
そこへ吉本も戻ってくるが佳代子の姿がない事を一茂は気にも止めず
酒を飲んでいる。
慎一と真希の関係を吉本から聞き出そうとする一茂を無視して、
吉本は佳代子を心配して家中を探し回る。
すると、バスタブの中で今、まさに手首を切ろうとしている佳代子を発見するのだった。
(注意:バスタブに水や湯は入っておらず佳代子は着衣のまま)

吉本は「だったらお母さんが死ぬ前に僕が死にます」と言って上着の内ポケットからカッターを取り出す。
カッターの刃を出して自分に向けようとする吉本を、反対に佳代子が必死で止めた。
「僕の生命保険の受取人はご主人にしてあるから、どうしても死にたいのならば代わりに死なせてください。お母さんには茂之と慎一のために生きていて欲しいんです」とまで言う吉本の言葉に心を打たれて、
佳代子と吉本は互いの肩に手を置きながら、風呂場で泣き崩れていた。
「生きていれば、まだ変われます」と吉本。

そこへ事情を知らない一茂が現れたので
「自殺しようとしたんですよ。借金したんです一千万円」と言ってから、
吉本は早口で、こうなるに至った経緯を話して聞かせる。
吉本は何故か、誰も話していなかった沼田家の細かい事情や、佳代子の心情と行動の理由まですべてを知っていた。

「何が何だかさっぱりわからない」と言う一茂に、吉本は、すべての元凶は一茂が家族を顧みなかった事にあると言い放った。
そこへ佳代子の両親が来ていると茂之が教えに来た。


吉本が実家や会社へ行き、何度も頭を下げて、援助してくれるように説得してくれたので、
ようやく、その気になった父親が「これで借金を返しなさい」と、援助しに来てくれたのである。

ところが、せっかくの申し出を一茂が、自分が何とかするからと断ってしまった。
そして過去の水増し請求の事も反省する気はスラスラないようなのだ。

慎一と茂之に「あんな父親を持ってかわいそうに」と言って祖父母は帰っていった。

借金の返済をどうするのかというプライベートな話に口出しをする吉本に、
「君に関係ない!口出しをするな!」と怒る一茂。
「確かに、自分は子供達の家庭教師であって、あなた達、夫婦の教育係じゃない」
と返す吉本の言葉に

「当たり前だろう!ふざけた事言ってんじゃない!」と一茂が怒鳴りつけると、
吉本はテーブルの椅子を蹴り倒して切れた。

「だったら、家族ごっこはもうやめろよ!!
そうやって見栄を張って上辺だけの家族を演じて来た結果が、この状況を招いたんだろ!
慎一や茂之の事だってそうだ。
全部あんた達が悪いんだよ。決して社会や時代のせいじゃない!
親が子供に向き合ってやらないから、躾てやらないから、子供が大人になれないんだよ!
もういい加減気付けよ!!」

そこまで言われても一茂は「家庭教師の分際で偉そうに」と言い返す。

「その家庭教師に身ぐるみ剥がされたんだよ。あんた達は!
何もかも失いかけてるんだよ。
悔しかったらちゃんと家族になってみろよ!」
そして去り際に
「沼田家の崩壊はもう誰にも止められませんよ」こう言いを残して、家を出ていった。

その様子をドアの陰から見ていた慎一と茂之。
茂之が慎一に「まだ先生の事、悪いやつだと思ってる?」と尋ねた。
自分の気持ちを代弁してくれたかのような吉本の言葉の数々に、
慎一の中で吉本のイメージが大きく揺らいだのは確かだったが…。

翌朝、
沼田家にはいつも通りの朝の風景が訪れ、
吉本もまた、いつものように庭で、笑顔でラジオ体操をしている。

学校へ行った慎一は飛鳥に「好きな人が出来た。ごめん」と別れを切り出す。
心を傷つけられた飛鳥は、学校の先生に、慎一の万引き写真を見せようとする。

学校帰りに真希と待ち合わせた喫茶店へ向かった慎一は、そこで
真希と吉本が楽しそうにお茶している姿を目の当たりにして驚く。



第7話はここまでで終わり_。

家族ゲーム第1話  あらすじ・ネタバレ
家族ゲーム第2話 あらすじネタバレ

家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム 最終回で自殺はない
家族ゲーム あらすじ ネタバレについて



ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

なにこれ?

なにこれ?
軍師官兵衛のあらすじネタバレは、
軍師官兵衛 あらすじネタバレ 23話「 半兵衛の遺言」http://ameblo.jp/akane12777/entry-11857492517.html
まで書いています。


家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)

家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
田子雄大が担任だった生徒として一枚の写真を取り出して慎一に見せた。
「名前は真田宗多。彼はイジメが原因で自殺したの」
それは、雄大のフラッシュバックに出てくるあの少年だった。

いつもの横並びサウナでは、一茂が浅海舞香が全くの別人であった事、
何も言わず自分の前から姿を消した事を雄大に打ち明けていた。
一体彼女はどこの誰で何の為に俺に近づいて来たのか?
気になるという一茂に
「家族の為ならば心当たりがあるから探してあげましょうか?」と持ちかける雄大。
彼女とケリを付けて、家族と向き合う為に会うのならばと…。
一茂は「もちろん」と答えた。

その時、サウナの前で慎一が雄大の脱いだ上着のポケットを探りUSBメモリーを抜き取っていた。
慎一の悪行を写した写真のデーターが入っていると思われるUSBメモリーだ。
すぐに、その事に気づいた雄大はサウナから出て、腰にバスタオル一枚を巻いたままの姿で、慎一を追い掛け回す。

夕食の支度が整ったリビングまで慎一は逃げてゆき、腰にバスタオル一枚のままでその後を追いかける雄大。
二人が揉み合っているうちに慎一の手の中にあったUSBメモリーは、煮えたぎる鍋の中へと飛び込んでしまった。
これで握られていた弱みが無くなったと思った慎一は
「これでアンタから開放される!」と喜ぶ。

説明を求めた佳代子に、慎一は雄大を指差し「人殺しなんだよ、コイツは!」と言い放つ。
その後、家族と雄大が揃って険悪な雰囲気のところに茂之が帰ってきた。

何があったのかわからない茂之を座らせて
「これから家族会議を始める」と、慎一は宣言した。

「議題は家庭教師の解雇処分について」と慎一が言う。
事態が飲み込めない茂之が「何それ?」と尋ねると、
「ここにいる田子雄大をクビにして欲しいんだ」と慎一は真希に協力してもらって調べてきた事の一切を話しだした。
次に慎一は東大の卒業アルバムを開いて「こっちが本物の吉本荒野」と、本物の吉本荒野の写真を見せた。

茂之が、名前が違うという事を知っていたと打ち明けると「どうして言わなかったのか」と一茂。
茂之の代理のように「確証がなければ言いくるめられるからだよ」と慎一は答え、
今度は、ちゃんと証言を取ってきたと、高柳教頭の名前を口にした。
そして雄大と吉本が同じ中学の教師だった事、
8年前、本物の吉本は人格者として親にも生徒にも評判の教師だったが、それとは対照的に雄大は無愛想で
職場で孤立していた事、
吉本と雄大は仲が悪かった事、
吉本荒野が階段から落ちた転落事件で、現在昏睡状態である事を話し
「あんたが吉本先生を階段から突き落としたんだろう!」と睨みつけて言い放つ。

雄大がが「憶測で人を犯罪者にして欲しくないなぁ~」と言うと、
その弁明を見透かしたように、ニヤリと笑い「そう言うと思ったよ」と、慎一は真希から預かった真田宗多の写真を取り出して見せる。
そして「8年前、この人の教え子だった真田宗多君。彼はイジメを受けていた。田子雄大、アンタにね」と語ったのだった。

吉本が黙っていると慎一はCDを取り出して、ある映像をテレビに映し出した。
それは、真希が用意した、かつて中学で同僚教師だった丸川、西口、狭間が、雄大の中学での様子を語っているところを映像に収めたものだった。
職場で孤立していた雄大は吉本と仲が悪く彼らは皆、田子雄大を疑っていたと言う。
彼らは田子が真田宗多をイジメていたとも証言し、それを知った吉本が高柳教頭に相談をした直後に、
あの事故が起こった。そしてその事故の後、逃げるように辞めてしまったと言うのだった。

にわかには信じられない家族達。

慎一は話を続けた。

雄大は、最初は、家庭内暴力に悩む真田の相談に乗り、親身に接していたのだが、
父親に厳しく指導するも、効果が得られなかったので、手に余るようになり、
必死に助けを求めてきた真田を、冷たく突き放すようになる。
真田は田子に見放され、仕方なく吉本に相談をした。
だが、それを告げ口だと感じた雄大は真田を虐めた。
(慎一の話とは裏腹に、ここで、真田をイジメている複数の男子生徒の映像が流されるが、おそらく、これは雄大の回想かと思われる)

慎一は話をこう締めくくっている。
「そして、そのイジメの事実が教頭にバレる事を恐れて、吉本先生を階段から突き落とした。
吉本先生は昏睡状態に陥り、味方を無くした真田君は山小屋で自殺した」

「本当なのか?」と問い詰める一茂に
「僕はやっていません!僕がやったという証拠はありません」と言う雄大。

「でも、あなたが、やっていないという証拠もない。実際、アンタは何度も警察の事情聴取を受けているだろ」と慎一が追い打ちを掛ける。
そして最後に、自分と茂之に雄大が自ら「人を殺した事がある」と言った事もぶちまける。

やり込められた形になった雄大だが、彼は、黙り続けた果に「よく出来た作り話だ」と鼻で笑う。

やっている、やっていないで言い争う二人だったが「辞めてもらおう」と言いかけた一茂の言葉を遮り、
茂之が「ここにいる誰よりも俺の味方になってくれた先生が、人殺しなんかするわけない」と自分を救ってくれた雄大を、必死で庇い抗議する。

先生のお陰で学校へ行けるようになって、友達も出来て、今、楽しいんだよ!
泣きながら訴える茂之の姿に心を動かされた佳代子もまた、
茂之をここまで変えてくれた先生に続けて欲しいと主張した。
そして慎一の最後の望みの綱、一茂までも「先生、本当にやっていないんだね」と念押しをして雄大に聞き、
雄大が「やっていません」とキッパリ答えると「よし、先生を信じよう」と言った。

「どうして!?」と呆れて問いかける慎一に
「確証のない話で犯罪者と決め付けるわけにはいかない。どうしても嫌ならばおまえの家庭教師の件は白紙に戻してもいいが、茂之の家庭教師は続けてもらう」
と一茂は、一見、太っ腹なところを見せたが…内心では浅海舞香を探してあげるという雄大との約束に、引っ掛かっていたからっぽい。

自分の言葉よりも、吉本を信じる家族に失望した慎一は、ショックを受けて家を出て行く。

一茂は吉本に向かって「すまなかったね」と詫びると「何が事情があるんだろう。いつか話せる時が来たら話してくれればいい」と言葉を続け、
もう一度、吉本先生という呼び方でいいかと確認する。

雄大の返事は「はい。これからも僕は吉本荒野です」というものだった。

外では、沈んだ顔で座り込み「吉本に家族を取られてしまいました」と悲しそうに打ち明ける慎一を、
真希が優しくそっと抱きしめていた。
「あたしがいるから…あたしがあなたを信じているから」
慎一の心が壊れるのを防ぐ防波堤の役割を果たす真希。

その頃、茂之の部屋では「本当にやってないですよね」と聞く茂之に
雄大は、おちょけた仕草で歌いながら、ポケットの中のUSBメモリーのスペアを取り出して笑ってみせた。
茂之は全く意味がわからずキョトンとする。

翌朝、ゴミ出しの際に、ご近所さん達に「どう?株の方うまく行ってる?」と聞かれた佳代子は
「もう止めた。向いていなかったみたい」と答えるが、上がりそうな株の耳寄りな話を吹き込まれて、たちまちまた欲の芽が蘇ったような顔つきを見せた。



人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^




家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)

家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)

相変わらずイジメグループから暴力を受ける茂之だったが園田がグループから抜けて、庇ってくれるようになり茂之の学校生活は充実していった。

沼田家では、最近成績の芳しくない慎一に、吉本を家庭教師に付けると一茂が言い出して、
慎一は激しく反発するのだが、
吉本は慎一の悪事の写真やカッターナイフをチラつかせるので、慎一は断れず押し切られてしまう。
すると吉本は、夏休みの間、2人を勉強に専念させる為に、自分も沼田家に住み込むと提案する。
それには流石に一茂も躊躇するのだが、佳代子は乗り気で、慎一に有無を言わさず吉本の住み込みが決まる。

その夜の夕食時、台所でカレーを作っている佳代子の所に一茂が行って「手伝おうか」と申し出るのだが佳代子は迷惑がる。
翌日からは吉本は慎一に付き纏い朝から写真を撮りまくっている。

学校まで付いてきた吉本。
学校には慎一が「勝手に死ね」と言って突き放したせいで、自殺未遂をした高津が登校していたが、
慎一は、詫びも励ましもせず、高津に近づいて行って、ただ一言「俺のせいじゃないよな」と自分の身を案じるような事だけを言う。
高津が頷くと、慎一は納得して離れて行った。
その様子も吉本はカメラに収めていた。

部活を終えた慎一の携帯には、立花真希から「今日、会えない?」というメールが届き、
それを後ろから吉本がのぞき見していた。
吉本は慎一と真希の事を「お似合いの自己中同士のバカっぷる」とからかいムッとした慎一に
高津の事を「君が自殺に追い込んだんだろう」と責める。
だが慎一にその自覚はない。
人の気持ちを想像しない慎一を吉本は更に、首を締め付けながら、責め続けたが、いくら言っても慎一には伝わらず、
「彼の気持ちを想像してみろよ!優等生」と投げつけた言葉に
「だったら俺の気持ちを想像してみろよ家庭教師!さんざん付け回して勉強に集中できるわけがないだろう!もう俺の事は構わないでくれよ!」と激しく切れた慎一。

すると吉本は意外にも「わかった」と言って、あっさりと引き下がった。

会社では、茂之が、後輩に、家で妻の料理を手伝おうとして邪険にされた事を話して聞かせていた。
一茂は、佳代子が自分の言い分をハッキリと面と向かって言った事にショックを受けていたのだ。
後輩は「もう修復不可能なんだから若い娘に乗り換えた方がいい」と言って、
通りかかった女子社員に、総務の浅海舞香を呼んできて欲しいと頼む。
しかし、現れたのは、2人が思っていた浅海舞香とは似ても似つかぬ女性だった。

その頃、慎一は真希と会い、吉本が家に住み始めて、自分の家庭教師もやる事になったと報告していた。
「どうするの?」と尋ねた真希に慎一は「家族が吉本に感化されないうちに追い出す」と言い、
吉本の人殺し発言の裏を掘り下げていく計画を話す。

真希と吉本の話を合わせると、吉本が「昔、人を殺した」と言ったのは、
真希の家族の事ではない誰か他の人間の事かと、慎一は考えたのだった。

真希と慎一は、詳しい話を聞こうと、再び、本物の吉本荒野が入院している病室を訪れる。
そこには、この前の本物の吉本荒野の母親らしき人がいた。
その女性に真希を紹介してから「真実を教えて欲しい」と頼む慎一に、
彼女は「私の口から何もお伝えできる事はありません」と目を伏せまま硬い表情で、申し出を拒否した。

「吉本さんがこうなってしまったのはあいつのせいだと思っています。
このままだと今度はうちの家族が犠牲にされてしまう。お願いです。教えてください!」
そう言って慎一が頭を下げると、女性は、躊躇いながらも、
「これで最後にして下さい」と前置きをして一枚の写真を取り出して慎一に渡す。

そこには吉本荒野さんと、叔父にあたる年配の男性、そして後ろには雄大が偶然、写りこんでいた。
その叔父にあたる人物の名は高柳。
8年前に、その中学で教頭をしていた。
そして息子も、吉本を名乗るあの男も、その中学の教師だったと言う。
高柳は今はもう退職している。

慎一が家に帰ると、家族と吉本は庭でバーベキューをしており雄大が嬉々として手伝っていた。
うまく家族に溶け込んでいる雄大に慎一は不安を募らせる。
他の家族とはとても親し気なのに自分には距離を置いている雄大を見ていると、
早く吉本の過去の人殺しのシッポを掴み、追い出さなければ、
家族が取り込まれてしまうと、内心ひどく焦りを感じていた。

真希と共に、高柳の家を訪れた慎一は、そこで、高柳に、病院で預かった写真を見せ
中学教師時代の吉本荒野(本物)が、生徒思いで、あんな事故にさえ遭わなければ立派な教師になっていただろうと聞かされる。
慎一が、写真の背景に映り込む雄大を指差して
「ここに写っている先生は?」と尋ねると
過去の教職員名簿を取り出して「田子雄大」という名前である事、
悪い人ではなかったが吉本荒野とは馬が合わず、二人の間はあまりうまくいっていないように見えた事を聞かせた。

更に慎一が、吉本荒野が当時、どんな事故にあったのかを尋ねると、
長い階段から帰宅途中に転げ落ちて頭を強打したというのだ。
本当に事故だったのかと尋ねた慎一の言葉に高柳は
「最終的な警察の見解では事故となったが、暗くもない時間に、自分で足を踏み外すわけがない。当初は警察も事件性を疑っていたのだが決定的な証拠が見つからずに事故として落ち着いだのだ」と言う。
しかも、その時の第一発見者が田子雄大。
高柳は「田子雄大が突き落としたという可能性は?」という慎一の質問には答えられないと言ったものの慎一は、そうに違いないと決めつける。
真希は、あの話だけで決め付けるのはどうか?と、なぜか慎重に慎一に言う。
それに対して慎一は「もちろん他の先生達にも話は聞いてみる」と言う。
材料として、当時の教員名簿を借りてきていたのだ。
真希は「だったら、それは私にやらせて欲しい」と申し出る。
じゃあ「俺も一緒に」という慎一を、
「アイツにバレずに動くには私一人がいいと思うから」と引き止め、
「心配しないで。今度は私があなたの力になりたいの」と言われ、嬉しそうにする慎一。

夜、佳代子、茂之、一茂、吉本が、夕食のテーブルを囲んでいる。
一茂が、
「せっかくの夏休みなんだし旅行に行こう。お金は定期預金が満期過ぎてるんだから崩せばいい」と言い出していた。
しかし、その定期預金のお金は、佳代子が株の投資に失敗して使い込んでしまってもう無い。
内心戸惑う佳代子。
片や吉本は「先生の旅費は自腹だ」と、一茂に言われて、
相変わらずハイテンションだ。しかし何も知らない一茂と茂之も加わり、
それなりに和やかな雰囲気に包まれている食卓。

そこへ慎一が帰ってきた。
「おかえり」という佳代子の言葉も無視して、一同を睨みつけると、何も言わずに、
自分の部屋へ引き上げてゆき、イライラして、またカッターナイフを取り出して何度も
自分の枕に突き立てていた。

そこへ吉本が入って来てナイフを取り上げて「あ~あ、枕、そんなにしちゃって!まだ返すの早かったかな」(カッターナイフの事)と言うと、
興奮した慎一は「こんなんで上手く行くと思うなよ!家族は俺が守る!」と告げたが、
吉本は甲高いいつもの笑い声を立てて
「おまえがいつ家族の為に動いた?おまえが守りたいのは家族ではなく自分に都合のいいこの生ぬるい環境だ。カッコつけんなよ、優等生。後何日でおまえの居場所がなくなるかな?」
と言い捨てて出て行った。

翌日、吉本は佳代子が株で大変な損失を出しているのを知ると、すぐに売るようにと言う。
それで、まだ未練のあったその銘柄を、すぐに売却したものの、損失金額はザッと95万円。
吉本は定期を使い込んで困っている佳代子の心中を察して、自分の荷物の中から100万円入りの封筒を持ってきて
「大金を使わせたのは自分にも責任がある。これを使ってください」と渡す。
そして、こんな事はもう終わりにして、家族とちゃんと向き合うようにと忠告をする。
その言葉に、佳代子も少しは今の自分を考え直し、反省をしたように見えたのだが…。

その頃、茂之は園田とゲームセンターで遊んでいた。
ノリノリで太鼓の達人をして遊んでいた二人のところへ、
いじめグループのメンバーの2人がやって来る。
園田と茂之は警戒するが、二人は
「俺たちも混ぜてよ。なんかリーダーの山尾と一緒にいるのが面倒くさくなって」と言って、
4人は一緒にゲームをする事にした。
しかも、そのうちの1人は茂之にこれまでの事を「ごめんな」と詫びた。
茂之は笑顔で「いいよ^^」と、アッサリと許す。

一方、慎一は真希と会い
「田子雄大が吉本荒野を殺そうとしてもおかしくない理由がわかった」と言う真希から、
その証拠の品を受け取っていた。

真希の調べてきた田子の動機とは・・・?家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半へ)続く。


家族ゲーム第1話  あらすじ・ネタバレ
家族ゲーム第2話 あらすじネタバレ

家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム 最終回で自殺はない
家族ゲーム あらすじ ネタバレについて



人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^














家族ゲーム第1話 ネタバレあらすじ(更に詳しい家族ゲーム あらすじ1~6話、追記しました)

※ドラマ「家族ゲーム」の原作、本間洋平の小説「家族ゲーム」あらすじと結末ネタバレも書いていますが取りあえずここは、櫻井翔のドラマ「家族ゲーム」のあらすじや結末のネタバレで。
この記事の本文「家族ゲーム第1話 ネタバレあらすじ」は記事の下の方にあります。
家族ゲーム第2話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム 第3話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム 第4話 ネタバレあらすじ
家族ゲーム 第5話 ネタバレあらすじ
家族ゲームの第5話ネタバレあらすじは①~③まで分けて、非常に詳しく丁寧に書きました。
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)

家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」

「家族ゲーム」原作のネタバレあらすじはコチラ
長渕剛 家族ゲーム ネタバレあらすじと最終回
「家族ゲーム ネタバレあらすじ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
ドラマ 家族ゲームにはオリジナルストーリーが含まれており、また原作とはお父さんの職業や家庭環境も違うので、原作と同じ あらすじ結末になる事はありません。
4月17日スタート水家族10「家族ゲーム」フジテレビ

「家族ゲーム」は本間洋平原作のすばる文学賞受賞作品。
かつて松田優作主演で映画化、長渕剛や鹿賀丈史主演でドラマ化された名作。
原作から30年後、新生、2013年版『家族ゲーム』が、連続ドラマになります。

変人で突拍子がなく、どこか陰のある魅力的な家庭教師・吉本荒野が、他の家庭教師とは全く違う方法で、落ちこぼれの中学三年生を、そして多くの問題を抱えたその家族を翻弄していく真の教育と家族のドラマ。

 この30年で大きく変わった日本の教育現場、子供を取り巻く環境を舞台に櫻井さん演じる“2013年版吉本荒野”が暴れます。


家族ゲーム 関連記事】

吉本荒野を訴える会 非公式
吉本荒野を訴える会 偽物出現に「実在した!」と馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T) (現在は削除されたがまだ検索上位に出ている)
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」

家族ゲーム第1話  あらすじ】
家庭教師の吉本荒野(櫻井翔)が沼田家にやって来る。
出来の悪い次男、
茂之(浦上晟周)ために、母親の佳代子(鈴木保奈美)が、インターネットで“100%東大合格”を謳う吉本のホームページを見つけて依頼したのだ。
 
吉本は、まず家族面談を行うと言い、沼田家一同をリビングに募らせる。
しかし、母親の佳代子、父親の一茂(板尾創路)、長男の慎一(神木隆之介)はそろうが、肝心の茂之が顔を出さない。

中学3年生の茂之は、登校拒否の引きこもり状態だった。

佳代子の呼びかけに、ようやく出てきた茂之は、ふざけてダンボールで作ったコンピューターの形の被り物を頭からすっぽりと被り、ロボットのように振る舞い登場する。
それでも、吉本は平気な顔をして家族面談を始めた。
父親の一茂の希望は兄の慎一が通う進学校に茂之を合格させること。
しかし茂之の成績は学年で下から5番目。
しかも3年生に進級してからは登校拒否に陥っていた。

吉本は茂之本人に「成績を上げたいか?」と確認するが、まともな答えは返らない。
すると吉本は茂之が被っていたダンボール箱を外し、頬に平手打ちを喰らわせた。
あっけにとられる家族の前で、もう一度、意思を問う吉本に、茂之は呆然としたまま、うなずいた。
こうして、吉本は茂之の家庭教師を引き受けることになる。

父親の一茂の提案で、
「登校拒否の茂之を一週間以内に学校へ連れて行ったら10万円のボーナスを出す。だが、ダメだった場合は即刻クビ、金も払わない」との契約が結ばれる。

5日もあれば十分と答える吉本は、その間、自分のやり方に口出ししないことを条件とした。
 
こうして家庭教師、吉本の初仕事は茂之を登校させることと決まる。


早速、吉本は着手するのだが、その方法は、かなり常軌を逸していた。
初日、吉本は茂之の部屋の様子のあれこれをスマホで撮影しまくった後、茂之と共にゲームに興じていただけだった。

ところが、その翌日からは茂之の部屋には鍵が掛けられていた。
吉本はタウンページで業者を呼び、窓をコンクリートの壁で封鎖し、設えたステンレス製のドアは暗証番号を入れないと開かない。

あまりの事に、母親も父親も、最初は、ドアを開けるように言うが、
家庭教師初日の夜に、吉本がわざわざ一茂の会社まで行ってサインさせた「家庭教師雇用契約書」には、契約違反の「口出し」をすれば1,000万円の罰金と書かれており、
家族は吉本のやり方に何も口出しが出来なかった。


茂之の登校拒否の理由は、学校でイジメを受けていた事だった。

しかも、友達だと思っていたソノちゃんまでもがイジメる側へ回ったという裏切りを受けていた。

吉本は、茂之のPCのソーシャルネットの友人欄に、たった1人だけ掲載されていたソノちゃんに接触する。

そして、彼が茂之に近づいた理由を既に突き止めていた吉本は、
彼と裏取引して茂之を騙し、最終的に茂之を学校へ行かせる事に成功したのだったが…
ソノちゃんに2度騙される事になった茂之の心はズタズタに傷ついていた。

茂之が学校から帰宅すると獲得した10万円を数えてニヤついていた吉本がいた。
暴言を吐き散らかす吉本に腹を立てて、
殴りかかっていった茂之は逆に投げ飛ばされて、組み敷かれる。

リビングの家具は滅茶苦茶に壊れ、誰の制止も聞こうとはしない吉本だったが、
「さんざん弄んで何がしたいんだよ!」という彼の問いかけに「壊したいんだよ!」と答え、
更に二人が揉み合っているうちに、吉本の鞄が倒れ、中の私物が飛び出てしまう。
その中にある血染めのロープ人形を見て愕然とする茂之。

吉本は息を荒げ凄い形相で茂之の胸ぐらを掴み
「こんな世界にも希望はある!」と言った直後の一瞬、何かに想いを巡らして、その先の言葉を飲み込んだ。
だがすぐに「だから強くなれ!」と言葉を続けた。

「現実は、おまえが思っているより、よっぽど残酷なんだ。だから、強くなれ」と、絞り出すような声で、思いつめた目をして、茂之を睨みつけながら言う吉本の言葉は、
一体何を意味するのか?

そして吉本は佳代子に新たな提案をした。

その提案は「茂之が来週から一週間学校へ行ったら家庭教師を辞める」というものだった。

沼田家の家族の心はバラバラだった。


父親に近づく謎の年若い美女(忽那汐里)
それは、数日前に飲食店で、財布を忘れて店主と揉め困っている窮地を、支払いをしてやり、救ってあげた相手だった。


一方、茂之は吉本を辞めさせるために一週間学校へ行く決意をする。
「いいねぇ~!頑張ってよ」と言う吉本に、血染めの人形の事を「あれ、何ですか?」と茂之が尋ねると、
誰にも言わないと約束を取り付けた上で、吉本は
「俺、人殺した事があるんだよ…」と告白した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー家族ゲーム第1話のあらすじはここまで。

家族ゲーム第1話の気がかりな事メモ》

●母親の佳代子は世間体を気にする性格で、家族の顔色を伺い、又、近所づきあいに翻弄されストレスを貯めていた。そして情緒不安定になると爪を噛む癖がある。

●優等生の兄の本心は冷めていて時々万引きをしている。

●父親は出来の悪い息子に対して常に高圧的で、仕事とは言え、会社で同期の榎本貴史(宮川一朗太)をドライにリストラしていた。

吉本は荒唐無稽なやり方の一方で、家族のそういったそれぞれの実像を把握していった。

※父親と吉本の間で最後まで押し付け合いになっていたドアと窓の工事代請求書の金額は最後まで明かされなかったが、どうも途方もない金額になっているようだ。

※30年ぶり!「家族ゲーム 第1話」に宮川一朗太がゲスト出演。
宮川一朗太は、1983年公開の映画「家族ゲーム」で茂之を演じた。



家族ゲーム予告動画




原作:本間洋平
脚本:武藤将吾

《キャスト》
櫻井翔
神木隆之介
忽那汐里
浦上晟周
北原里英
板尾創路
鈴木保奈美

ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム あらすじ ネタバレについて (木曜時代劇 鼠 江戸を疾る あらすじ ネタバレ追記)

木曜時代劇 鼠 江戸を疾る あらすじ ネタバレ 他まとめ


昨日、あんなに丁寧に家族ゲーム 第5話のあらすじを書いたのに、あまり読んでもらえなくてとても残念です。
家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」①へ戻る

家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」②へ

家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」③

まぁ、それはともかく、第5話で急展開を見せた家族ゲームの今後が、
どうなっていくのか気になって、家族ゲーム原作小説や前の映画やドラマの最終回ネタバレを
調べておられる方々が相変わらず多いですが、
今回の櫻井翔の家族ゲームは、原作や、これまで作られた映画、ドラマとは、全く違うストーリー展開と結末を迎えると考えるのが妥当でしょう。

なぜならばハッキリ言って今回の櫻井
翔の家族ゲームの方が、教育の根源的問題点を
深くえぐった作品となっており、これまでの作品が成し遂げなかった解決への道へ大きく踏み出した最終回になる事が予想される
からです。

実際第5話までにハッキリと現れている、原作や、これまでの家族ゲームとの大きな違いがあります。
それは茂之が根本的に変わったという事。
長渕剛の家族ゲームでは最終回に吉本の台詞で、茂之を指して
「あいつ根本的には何も変わってないからな」というのがありましたが、桜井版 家族ゲームの茂之は根本から変わったんですよ。

そして第5話以降にて、次は、慎一を根本から変える!
それには、目を見張るような荒療治が必要なので吉本先生は命懸けで、それに挑むわけなんです。
かつて成し遂げられなかった事を、今度こそ心血を注ぎ成し遂げる。
桜井君の魂の演技は、誠に見ものですよね。


※ドラマ「家族ゲーム」の原作、本間洋平の小説「家族ゲーム」あらすじと結末ネタバレも書いています。
家族ゲーム あらすじ最終回で自殺はない
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲームの第5話あらすじは①~③まで分けて、非常に詳しく丁寧に書きました。
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)

家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」

「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
ドラマ 家族ゲームにはオリジナルストーリーが含まれており、また原作とはお父さんの職業や家庭環境も違うので、原作と同じ あらすじ結末になる事はありません。
4月17日スタート水家族10「家族ゲーム」フジテレビ


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」②

家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」①
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」②

茂之の成績が著しく上がり始める一方で、兄、慎一(神木隆之介)の成績は下がり気味となる。
その上、部活動も休みがちで陸上の記録も伸びない。

実は、慎一は、立花真希(忽那汐里)と共闘して吉本を攻略することにしたのだ。

真希は、昔、自分の家があったという跡地に慎一を連れてくる。
そして、手帳に挟んであった新聞記事のコピーを見せた。
それは「一家心中で3人死亡。体内から青酸カリ」の見出しで、
横浜市内に住む3人家族(両親と16歳の長男)が一家心中を図り死亡したという記事だった。

「私が留学している間にね、父も母も弟もみんな吉本荒野に殺された」と真希は言った。
真希は、吉本が両親に投資話を持ちかけて多額の借金を背負わせた。そのせいで一家心中に至ったのだと話した。
更に真希は言う。
「吉本の目的は、お金でも地位でも怨恨でもない。ただ他人の家族を壊す事が楽しいの」

借金苦による一家心中へと家族を追い込む…それが吉本の最終目的ならば、今の沼田家は、まさに、吉本の思い通りのシナリオで進んでいるのではないか?

慎一の脳裏に浮かぶ吉本のあの言葉。
「俺がおまえ達家族を崩壊させるか?それとも、おまえ達家族が持ちこたえるか?これはゲームだよ」そこに、真希の話は説得力を持ち重なる。

不安を募らせる慎一の部屋へ吉本がやってきて、慎一の成績が下がっていると聞いたと言ってくる。
吉本のせいで、成績が落ちたのだと慎一は怒りを顕にする。
そんな慎一を茶化して吉本が部屋を出て行った後、慎一の携帯の着信音が鳴った。
届けられたメールの差出人はわからないが、そこには、真希と父親のキスの画像が添付されていた。

塾では、
茂之が真野さくらに呼び出されて「私は沼田君の事が好き」と告られて喜んだのも束の間、
「でも幼馴染の園田のことも好きなの。来て!」と振り返り呼ぶと、隠れていた園田が現れた。
そして、さくらは二人の前で
「自分ではどちらかに決められないので、次回の模試で成績が良かった方と恋人として付き合いたい」と提案する。
園田が、それでもいいと言うので茂之は勝負を受けざる負えなくなる。
その事を吉本に報告して「妥当園田。絶対に勝つ!」という張り紙まで作ってやる気満々の茂之。

一方、冷たくなった佳代子に困っている一茂は、吉本に相談しようとして
「けっこう出回っていますよ。これ」と浅海舞香(真希)とのキスの写真を見せられる。

その頃、そのキスの写真の事で慎一が
「どう言う事ですか?」と真希を問い詰めていた。
真希は、慎一を傷つけてしまったと詫び、
「時期を見て打ち明けるつもりだった」と前置きして、事の経緯を話す。

彼女は、働いていた喫茶店で偶然、一茂が家に招き入れた家庭教師、吉本荒野の事を、同僚に話しているのを聞いて、
「あいつがまた他の家族を不幸にしようとしている」と思い、いてもたってもいられなくなり、
一茂に近づき、吉本よりも先に父親の信頼を勝ち取り、吉本に依存しないようにと呼びかけるつもりだったと言う。

「そのような親切心からだけではない」と察知した慎一が促すと、
真希は更に「吉本の弱みを掴んで家族を自殺まで追い込んだ真相を自白させたかった。証拠があれば罪に問う事は難しくても家庭教師を辞めさせる材料にはなる筈だから」
と本音を語った。
真相を掴むためだったら何でもするという自分の立場優先の真希に不信感を持った慎一は、
「協力するっていう話はなかった事にして下さい」と言い残して、その場を立ち去ろうとする。

その背中へ真希は問いかける。
「あなたが守りたいのは家族?それとも自分?」

「もちろん…家族ですよ」妙な間のある答えを残して、慎一は真希と決別した。

その頃、自宅では佳代子が慎一の部屋で、慎一が本を万引きしている写真を発見してしまう。

翌日の学校で、慎一は部活の陸上でタイムをライバルに抜かれてしまう。
気を落とす慎一を、部活仲間で補欠の高津が励まそうとするが、
慎一は「おまえなんかに慰められたくない。空気も読めない補欠」と罵る。
その様子を見ていた彼女の最上飛鳥(北原里英)に咎められても、苛立ちを隠そうとはせず、
最近、様子が変だと言う飛鳥に
「おれは元々、こんなやつなんだよ。誰も気づかなかっただけで」と手を振り払い行ってしまう。

その夜、自宅には、夕食の支度をしている佳代子に、キス写真の事を必死に言い繕おうとしている一茂の姿があった。
「嘘が、お上手なんですねぇ~。もう解決出来る問題だと思っていませんから」と冷めて言い放つ佳代子。
そんな二人の姿を見ていた慎一に
「おい塾はどうした?」と一茂が尋ねると「休んだ。俺の事はいいからさ。続ければ?言い訳」と言われてしまう。

佳代子は、そんな慎一の様子が気になりながらも、結局、本人には何も言えない。

その頃、夜の誰もいない教室で、黒板に「家族」と大きく書き、
吉本は授業をするかのように一人で語っていた。



家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」③へ続く


【家族ゲーム あらすじ ネタバレ まとめ】

家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回



【家族ゲーム 関連記事】
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」③

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」③

この家族という存在実に煩わしい。
なぜなら親の教育や躾が子供の人格形成に大きな影響を及ぼすにも関わらず、
その親を自分で選ぶ事が出来ないからだ。
つまり人は生まれながらにして平等ではないとも言える。
例えば家庭を顧みない父親だった場合、普段子供と接していないせいで表面的な解決しか見いだせない。
だから、それが、どうして正しいのか悪いのかという根源を教えられない。

ただ褒めている。ただ叱る。

また愛情の注ぎ方を誤った母親の場合はどうか?
肉体的にも精神的にも子供が傷つくような事は一切やらせない、触れさせない。
すべて事前に回避して、子供の時に経験させるべき事をさせずに育てて行く。
本当の痛みも悲しみも苦しみも恥をかく事さえ知らずに育った子供はどうなってしまうのか?

他人の感情を推し量る事が出来ない想像力の乏しい大人になっていく。
その結果、責任放棄しても構わない、現実から逃れてもかまわない、他人を傷つけてもかまわない、
そんな自分本位に生きるモンスターになる。

慎一の学校では、補欠の高津を虐める者達がいた。
部室で数人の者達が「坊主にしようぜ」と高津を取り囲んでいると、
慎一は止めるどころか、カッターナイフを取り出して「これ、使う?」と言うと、ニヤリと笑ってみせた。

茂之の塾では、茂之と園田がトイレで明日に迫った模試の事を話していた。
偶然なのか?トイレの前を、さくらが友達と通りかかり、その話声を聞いてしまった茂之と園田。

さくらは、二人にこの勝負をやらせたのは、ただの余興で別に勝った方と付き合う気なんてない。と笑いながら話していた。
肩を落とす茂之と園田。
「山尾達に言うなよ」と言い残して去っていく園田。

一茂が家へ戻ると、吉本が、茂之の激励会と称して、ご近所さん達と佳代子と一緒に騒いでいた。
「俺への当てつけか!」と怒りかけたものの、佳代子が「何の事?」ととぼけると、
「もういい」と言って2階へ上がろうとする一茂。

その様子に、吉本は、抱えているものがあるのならば全部吐き出したらどうか?
わだかまりをのこしたまま前には進めないと意見を述べた。
そう言われても一茂は「もっともらしい意見だが、そんなに簡単にはいかないよ。
こっちも、ただ年を重ねて生きているわけじゃないのでね」と、やはり話し合わずに行ってしまった。

吉本の「抱えているものがあるのならば全部吐き出したらどうか?わだかまりをのこしたまま前には進めない」という言葉に反応したのは、
一茂ではなく茂之だった。

茂之は、吉本に授業を明日にしてくれるように頼むと「用を思い出した」と言って家を飛び出していった。
茂之が向かったのは園田の家。

「明日の模試、俺、受けるから。模試でいい点取って、こっちから彼女を振ってやる。そうでもしないと前に進めないから」
茂之のその言葉に園田は驚き「おまえ変わったな。だったら俺が真野を振ってやる。頑張ろうな」と言い、二人は笑いあった。


家では、佳代子が吉本の勧める株を大量買いしていた。
佳代子は今や吉本に全幅の信頼を置いている。
そこへ慎一が帰ってきて、佳代子の株式投資へののめり込み様と、佳代子をノセている吉本を見て、恐怖心が燃え上がり
「やめろ!俺たち家族に近づくな!」と吉本を睨みつけるが、佳代子は
「私達に相談出来ない事でも吉本先生ならば、きっと力になってくれるから」と言う。
その佳代子の言葉に慎一は、ますます切れて
「ふざけるなよ。こいつを信用すると家族が滅茶苦茶になるんだよ!」と告げるが、
佳代子は「滅茶苦茶にしているのはあなたでしょう」と言ってしまい気まずい空気になる

吉本が取りなすように「お母さん、慎一君をあまり責めないでやって下さい」彼も色々疲れているんですよ」と言うと、
慎一は家を出て行ってしまった。
佳代子は慎一の勢いに、すっかり気持ちが折れて、吉本に相談しようとしていた慎一の万引きの事を切り出すのをやめた。

気持ちを高ぶらせながら歩いていた慎一の携帯が鳴り、出てみると掛けてきたのは高津だった。
「僕、死んだ方がいいのかな…」と言う高津に、
慎一はイライラしながら「だったら勝手に死ねよ!そんな度胸もないくせに」と行って電話を切る。
その直後、慎一は再び真希に連絡を取り、会いに行った。

「吉本を追い出したい」という気持ちに駆られる慎一は、茂之に関する情報を真希に与える。
真希は、吉本が裏で何を画策しているかを探り出し、吉本の弱点を掴もうというのだ。


模試で高得点を収め、園田を上回った茂之は、決心していた通り、さくらを振った。
その事で、園田と気持ちが通じ合えた茂之。
園田は前島亜美の写真集を返して、茂之に詫びた。
二人の間にあったわだかまりは消え去り、一緒に前島亜美のイベントへ行く事になった。

駆け抜けて行った園田と茂之の姿が消えると、真野さくらに「ご苦労さま」と言って、
謝礼を渡す吉本。
これもまた吉本が仕組んだ事だったのだ。
「君には損な役回りをさせちゃったね」と言う吉本だったが、
真野が引き受けたのはお金のためではなさそうだった。
さくら>「本当に、こんな事で沼田君をせいおうかいへ合格させられるんですか?」
吉本>「どうかな?一歩近づいたのは確かだけどね}
さくら>「じゃあ、もし一緒に入学出来たら全部バラします」
吉本>「いいねぇ~…その時はさぁ、君の方から告白してあげてよ」


さくらに謝礼を渡しているところを慎一がカメラに収めていた。
慎一は、吉本の弱みを握るために、ずっと吉本の後を尾行していたのだった。
「これ茂之が見たらマズいでしょうね」

道端で話すのがマズいと思った吉本は「そこで話そうか」と言って、近くの廃校(?)のような場所に、
慎一を誘う。


人気(ひとけ)の無い校舎の一室で慎一は吉本に取引を持ちかける。
「このカメラを渡す代わりに、3年前の心中事件の真相を教えてください。あなたが受け持った生徒と、その家族が心中した事件です。あなたが追い詰めたんでしょう」
吉本は全く否定せず一気に語りだした。
「よく調べたねぇ~。その通り。俺が殺したんだよ。投資話で莫大な借金を背負わせてね。父親は工場を売却、母親は風俗、息子は学校を中退。悲惨だよねぇ~。
そして最後に青酸カリを差し出して自殺を強要した…とでも言って欲しかったか?」

そう言葉を続けると、吉本は隠れていった真希に呼びかける。
「そこにいるんだろ!浅海舞香、いや立花真希。自白の証拠作りとは精が出るねぇ~」

真希が姿を現し「あたしの事知ってたの?」と尋ねると、
吉本は「当たり前だろ。生徒の家庭環境は徹底的に調べ上げる。もちろん留学でいなかった姉の事も」と答える。

吉本は真希に「本当に俺が家族を追い詰めたと思っているのか?」と聞いた。
真希が「当たり前でしょ!」と答えると、吉本は笑い飛ばし、真希の心を見透かしたように
「違うね!君はこう思っている筈だ。家族を殺したのは自分かもしれない」と反撃を開始した。

吉本が言うには、元々、真希は家族も手を焼く不良少女で、留学も本人の希望ではなくて強制だった。
だが、真希が留学先でやっと自分の居場所を見つけたと思った矢先、
親から「借金で留学の費用が払えなくなったから帰って来い」と連絡が来た。
自分を捨てたくせに今更自分の幸せを取り上げるのかと激怒した真希は
「だったら死んでよ。生命保険で返せば帰らなくて済むでしょ」と親に告げた。

真希は吉本の話を否定したが「俺は君の親からそう聞いたよ。そして君の思惑通り、生命保険で借金は返済され君は留学を続ける事が出来た」
そう語り「これに両親の本音が録音されているよ」とUSBメモリーを取り出して見せる。
「嘘!そんなのあるわけない!」そう否定するも、真希は吉本にカメラを私てUSBメモリーに手を伸ばす。
だが吉本は、真希の手が届く前にUSBメモリーを後ろに放り投げて「そんなもんあるわけないだろう」と踏みつけて壊す。

「だったら何が真実なのよ!あなたでしょう!あなたがみんなを死に追いやったんでしょう!」と吉本に食ってかかった真希を床に
打ちのめし「他人のせいにするなよ!」と、当時、真希が思っていたであろう「家族なんてどうでもいい。自分だけよければそれでいい」
という胸の内を暴露してみせる。
そして更に「おまえが哀れんでいるのは家族じゃない。家族を失って苦労を強いられた自分を哀れんでいるんだ。おまえの醜い本性を暴いてやるよ」
と告げる。

その様子をずっと見ていた慎一は「やめろ!」と言ってカッターを取り出し吉本へ向ける。
それでも恐れずに慎一に近づいていく吉本は慎一のカッターを持った手を掴み「刺せよ!」と言って、自らの左腕にカッターを突き立てさせる。

吉本の腕からは血が滴り落ちるが、それでも吉本は真一の手を離さない。
「この事が学校に知られたらどうなる?親に知られたらどうなる?」と言われ逆に犯罪者として吉本に弱みを握られてしまう。

吉本の脳裏に蘇るイジメられていた少年の映像。
「人の痛みを想像する事が出来ないおまえのような奴がいるから俺が生まれたんだよ!」

そして、狂気に満ちた吉本の行動に、なすすべもない真一は、その後、床に倒され、吉本の本当の意味での教育を受けるのだった。

カッターを手に持ったまま吉本は真一に跨り
「震えるほどの屈辱を味わった事があるか?!痛みを知らないおまえに俺が痛みを教えてやる!恐怖を知らないおまえに俺が恐怖を味あわせてやる!
苦しみを知らないおまえに、悲しみを知らないおまえに、俺が絶望を思い知らせてやる。俺がおまえを壊してやる」と言葉を投げつけながら、
怯えて震える真一にカッターを振り下ろした。
真一の顔の横にカッターを突き立てると、最後に
「想像力だよ。慎一君」と言い残して、慎一のカメラを持ち、吉本は去って行った。

後に残された真希と慎一。
真希がポツンとつぶやく。
「やっぱり私が家族を追い詰めたんだ…最低」

ところが、そんな真希に慎一は理解を示すのだった。
「わかるよ。俺があなたでも、きっと同じ事をしていた筈だから」

真希は鏡に映った慎一自身。
そりゃあ自分自身だから共感するよね。

その時、慎一の携帯が鳴る。
彼女の飛鳥からだった。
慎一は飛鳥から高津が部室で首を吊った事を知らされる。

一茂にサウナで頼まれて、いよいよ、茂之に加えて、慎一が吉本の生徒に加わる事となった。

一方、吉本に勧められて大量買いした株が、大暴落してしまった佳代子。

すべては吉本の計画通りに進んでいた。

<家族ゲーム 第5話あらすじ 終わり>


家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」①へ戻る

家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」②へ


【家族ゲーム あらすじ ネタバレ まとめ】
※ドラマ「家族ゲーム」の原作、本間洋平の小説「家族ゲーム」あらすじと結末ネタバレも書いています。
家族ゲーム あらすじ最終回で自殺はない
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲームの第5話あらすじは①~③まで分けて、非常に詳しく丁寧に書きました。
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム
あらすじと最終回

長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
ドラマ 家族ゲームにはオリジナルストーリーが含まれており、また原作とはお父さんの職業や家庭環境も違うので、原作と同じ あらすじ結末になる事はありません。
4月17日スタート水家族10「家族ゲーム」フジテレビ


【家族ゲーム 関連記事】
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^


家族ゲーム ネタバレあらすじ~第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」①

第5話は「家庭教師記録」と題する吉本の沼田家での活動の記録の回想からスタートします☆
家族ゲーム ネタバレあらすじ~第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」①~家庭教師記録(吉本の回想)

生徒名、沼田茂之。

担当して52日が経過した。
中間テストこそ、158人中135位だったが、先日行われた学力テストでは78位まで上昇した。
その要因は、ひとえに真野さくらの存在だろう。
成績優秀の彼女に認められたい一心で実った結果と言える。
今週から塾にも一緒に通うようになった。

今後は茂之に新たな試練を用意しつつ、いよいよ家族崩壊のシナリオに着手する。

一茂>「まさか100番切っちゃうなんてね」

茂之の両親、一茂と佳代子は、息子の成績に大変満足しているようだ。
その一方で夫婦円満を装っている二人の間には修復困難の溝が生じている。
原因は一茂の同僚、浅海舞香との浮気だ。
その現場写真を目撃した佳代子は、一茂と完全に距離を置くようになった。

息子が成人になるまで離婚は留まっているが、一茂の家事を徐々に放棄するようになった。
修復の兆しはなく一茂のストレスはジリジリと貯まっていく事だろう。

又、佳代子はネット株に没頭し始めた。
彼女からの信頼は日に日に厚くなっている。

そして最後に、長男、沼田慎一。
一茂>「30番にも入ってないじゃないか!茂之は確実に順位上げているって言うのに。
おまえも吉本先生にお願いして…」
慎一>「だから、必要ないって言ってるだろ!」

優等生を演じていた彼も、余裕がなくなってきた。
最近は吉本荒野を訴える会というサイトの管理人であるマキという人物と頻繁に会っているようだ。


家族ゲーム あらすじ~第5話②へ続く。



家族ゲーム あらすじ 第5話「慎一は沼田家が生み出したモンスターだ」③
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回

【家族ゲーム 関連記事】
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム ネタバレ最終回で自殺はない

家族ゲーム 最終回(第10話)ネタバレあらすじ
家族ゲーム ネタバレ 第9話
家族ゲーム ネタバレ 最終回で自殺はない

家族ゲームの過去作品の最終回で沼田兄弟が自殺してしまうという噂が出回ってるようなんですが、
櫻井翔の家族ゲーム 最終回で自殺はないです。
そういう救いのないドラマではないと信じています。

また、原作小説、ドラマ、映画を含め、主な登場人物の誰かが自殺したというストーリーはありませんでした。
ただ、長渕剛の家族ゲームは、完結編となるスペシャル「アニキの家庭教師は花の女子大生・なのダ」の結末で、
誰かの自殺に巻き込まれて吉本が死んでしまうという衝撃のラストを迎えました…という事です。


家族ゲーム ネタバレあらすじ まとめ
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第1話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第2話
家族ゲーム ネタバレあらすじ  第3話~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第4話

家族ゲーム ネタバレあらすじ 第5話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(前半) 第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ(後半)第6話
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第7話
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレ 最終回で自殺はない
家族ゲーム あらすじ ネタバレについて



人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム 第4話 ネタバレあらすじ

家族ゲーム第1話  あらすじ・ネタバレ
家族ゲーム 第2話 あらすじネタバレ
家族ゲーム 第3話 あらすじへ
家族ゲーム 第5話 あらすじへ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム 第4話あらすじ

慎一は『吉本荒野を訴える会』の管理人に問い合わせメールを出す。

「初めまして。現在、弟が吉本荒野に勉強を教わっています。このサイトを見て恐ろしくなりました。今、まさに弟が吉本荒野の犠牲者になろうとしているからです。もし差し支えなけ
れば、吉本荒野に家族を殺されたという話を詳しく教えてもらえませんか?」

サイト管理人より返信>「当サイト管理人のマキと申します。メッセージありがとうございます。事前に用意した質問にお答え頂いて私が同志と認めた場合に限り、貴方のご要望にお応
えします。まずは貴方の簡単な自己紹介をお願いします。個人情報は守りますので正直にお答えください」

慎一>「沼田慎一、16歳。私立高校2年です。弟の茂之は2歳下の中学二年です」

管理人マキから>「貴方には信頼出来る人がいますか」
※ここで慎一は、ちょっと考え込む。

慎一>「もちろんいます。最も信頼しているのは両親です(嘘)学校の先生も尊敬しています(嘘・その先生の自転車のタイヤをカッターナイフで切っている)
悩みを打ち明けられる仲間も沢山いますし、付き合っている彼女にも隠し事はありません(嘘)」

管理人マキから>「吉本荒野は弟の茂之君にどのような仕打ちをしましたか?」

慎一>「引きこもりの弟を部屋に閉じ込めるためにドアと窓を鉄板で塞ぎました。弟をイジメていた同級生を唆してスタンガンで、とてつもない恐怖を植え付けました。
最近では弟に友達がいない事を知っておきながら強制的に誕生会を開かせました。」

管理人マキから>「吉本に傷つけられて茂之君はどうなりましたか?」

慎一>「孤独を味合わされた弟は、自分に理解を示す吉本を勘違いして頼るようになりました。
愚かな奴です。吉本の策略にまんまとハマってしまったのです。僕はそんな弟が心配でなりません」

管理人マキから>「貴方は私に、2つの嘘をつきました。
1つは、貴方に信頼出来る人間がいるという事。もし貴方に頼れる人間がいるのなら私に相談などしない筈です。
貴方は誰も信じていないから、顔も見えない私に助けを求めているのではありませんか?
2つ目の嘘は、貴方が弟の心配をしているという事。
貴方の本心は別にあるように思えます。
貴方は信頼出来る相手を見つけた弟に嫉妬しているんじゃないですか?本当に孤独なのはあなたなんじゃないですか?」


一方、茂之は1年の時に同じクラスだった真野さくら(有川結女)から手紙をもらう。
それをラブレターと勘違いした茂之は吉本に「先生、ラブレターもらった事ありますか?」と自慢したそう。

茂之の成績は上向きとなり、父、一茂(板尾創路)は、機嫌を良くし「次の学力テストで真ん中より上になったら吉本にボーナスを20万円出す」という提案をする。
更に一茂は最近、成績が下がり気味の慎一の家庭教師もしてくれるように言い出すが、慎一はそれを断る。

吉本と子供達の前では平静を装うものの、
やる気を出す茂之の裏で、両親の間には寒々とした空気が流れ、流石にマズいと考えた一茂は「浅海君(忽那汐里)とは終わりにするから」と佳代子(鈴木保奈美)に告げる。


慎一は塾へ行くと言って家を出たのに、例のサイトの管理人からの返事が気になってネットカフェに寄り返信を読む。

管理人マキから>「貴方の回答からは人間性が伝わって来なかったので、メッセージはこれで終了させて頂きます」

それを見た慎一は、初めて本音を書き出した。
慎一>「もう一度、自己紹介させてください。沼田慎一、16歳。優等生を演じている高校2年です。
親も友達も彼女も本当の僕を知りません。僕は自分以外誰も信じていません。むしろみんなを見下しています。
吉本荒野の事を知りたいのは、弱みを握られているからです。あいつの存在が邪魔だからです」

その頃、吉本は、茂之が真野さくらと上手くいくように知恵を授けていた。
吉本は茂之に真野さくらと付き合うように命じるが、
さくらが好きでありながらも「友達もいないのに彼女なんて無理です」と弱気な茂之に、
「友達は共感、恋人は直感だ。友達を得るには時間が掛かるが、恋人に必要な直感は運命を感じさせれば一発だ」と説いて聞かせる。

そんな折、一茂が吉本に声を掛けてきた。

いつものサウナでの風景。
佳代子との関係がマズくなったままの一茂(板尾創路)は、原因となった浅海舞香(忽那汐里)との盗聴テープの出所を吉本に尋ねる。
吉本は部屋に落ちていたテープを拾ったことを認め、自分の操作ミスで茂之の映像に重なってしまったのだと詫びて、
サウナにあったタオルで首を吊るフリをしてその場をやり過ごす。
そして盗撮テープの犯人は自分ではない。誰だかわからないと主張する。

だが、佳代子の方には「頑張っているお母さんをよそに外で浮気をしている旦那さんが許せず、自分が盗聴して録音した」と告白する。
佳代子の為に取った行動だったと。
だが、ご近所さんに「沼田さんのご主人が浮気相手と仲よく歩いている」というメールを送ったのは自分ではないと言う。
「夫婦の仲を引き裂こうとする人物と言えば…」吉本のその一言に、
佳代子は、そのメールの送り主は朝海舞香(忽那汐里)ではないか…?という印象を持つ。

そこへ学校から帰ってきた茂之を吉本は、スケート場へ連れて行く。
そこで吉本は茂之に、真野さくらについて調べたデーターファイルを渡す。
そこには、真野さくらの家族構成から彼女の好きなものや仕草までが調べ上げられていた。 
吉本は「その最後のページにある自分の書いておいた手紙の返事を清書して、明日の朝、彼女のロッカーへ入れておくように」と指示する。
そこには、スケート場へのデートの誘いと茂之がインラインスケートが得意であると書いてある。
真野さくらの趣味であるインラインスケートを茂之もまた得意であると聞かせて、さくらの気を惹こうという吉本の作戦だった。
しかし…茂之は1度もスケートを、やった事がなかった。
そこで、吉本は練習をしておくように促し、茂之を1人リンクに残して帰ってしまう。

その頃、慎一の元には『吉本荒野を訴える会』の管理人からメールの返信が来ていた。
管理人マキは、そこで自分の自己紹介をする。
「私の名前は立花真希。21歳のフリーター。私の家族は3年前に一家心中を図りました。原因は吉本荒野です。
私が留学している間に吉本は弟の家庭教師になりました。
そしてあいつは弟だけじゃなく家族までボロボロにして一家心中に追い込んだのです。
だから貴方の家族に吉本が介入してきたら気をつけて。あの男を止めないと取り返しのつかない事になる。」

その後、慎一は、吉本が別室で、何か探し物をしているのを見つける。
だが慎一は吉本に弱みがあるので不審な吉本の行動をバラす事が出来ない。
吉本が探していたのは沼田夫婦の馴れ初めなどの手掛かりとなる日記など。
慎一には全然、興味のないものだった。

「最近、絡んでこないんだね」と吉本に指摘されると慎一は、冷静を装い「受験勉強や部活で忙しいので」と吉本に言い訳をした。

その頃、一茂は浅海舞香に別れ話を切り出していた。
だが不満そうな朝海は、その帰り道、夜の歩道での別れ際、突然キスをしてくる。

翌日、学校で吉本の指示通りに真野さくらに手紙を出した茂之は、祈るような気持ちでさくらの返事待ちをしていた。
OKの返事をもらい喜んでガッツポーズを取る茂之。
その様子が気にいらない不良グループによって、再び茂之イジメが始まる。

夜、吉本は、また一人で校舎の中にいた。
深い呼吸をしながら回想する吉本。
そこは学校。どうやら吉本は中学教師をしていたようだ。
前にも吉本の回想シーンに出てきた少年が必死に吉本に助けを求めているが「きっとおまえの思い過ごしだよ」と取り合わない吉本の姿。
思い悩む吉本の手の中にはあの血染めの人形があった。


日曜日、なぜか吉本は沼田家の台所で楽しそうに佳代子と生パスタを作っている。
すぐ傍のソファーには一茂がいたが、気にせずに、吉本は「明日の茂之君の初デートを見に行きませんか?」と佳代子を誘う。
「ダメダメ!君の本分は茂之に勉強を教える事だろう!」と一茂が横から口を挟むが、
一茂への反発心からか?佳代子は「私、行きます」と答える。
慎一は、そのやりとりを柱の陰から見ていた。

翌、月曜(学校は休み)オシャレをして待ち合わせ場所へ向かう茂之。
その後を、こっそりと追う吉本と佳代子。そしてまたその後を追う慎一。

見られているとも知らずに茂之は、ぎこちないながらもスケート場での時間を楽しく過ごした。
その様子を吉本と共に微笑ましく見つめる佳代子。

そして、同じ空間の別の場所では、尾行していた慎一の傍に、いつの間にか吉本が立っていて、
「吉本が母親に弟のデート現場を見せている意味はなんだと思いますか?」というメールの文面を覗き見ていた。

そこで改めて、慎一が吉本のこの行動の真意を問いただすと、吉本は
「君はいつまでも両親が上辺だけの夫婦でいいと思うか?」と逆に質問をして、
「いいわけがない」と答えた慎一に「僕も同じだよ。お母さんが、いつまでもお父さんに冷めた気持ちのままじゃ困るんだよ」と言った。

その後、吉本に連れられて慎一は、茂之から身を隠したまま佳代子と合流。

スケートを終えた茂之は、さくらと、レストランへと入って行き、3人もその後をつけて、離れた席につき様子を窺う。
そこは昔、結婚前の佳代子が一茂と一緒に来て、プロポーズされた店だった。

緊張して、しどろもどろになる茂之はオレンジジュースのストーローを吹いて泡立てブクブク言わせている。
その行動も、ガチガチに緊張する様子も、かつての一茂と同じだと思う佳代子。
それらは、すべて吉本が事前にリサーチして、母親にその時の事を思い出させるという目的で、この日のデートに組み込んでいたのだった。

茂之がさくらに交際を申し込む様子を見つめながら、佳代子はすっかり、一茂のプロポーズの時の様子を思い出していた。


茂之は、さくらにOKをもらい、それを見て喜ぶ吉本と佳代子だったが、慎一は冷めていた。

「僕、塾があるから」と慎一が消えた後、
茂之が成人したら離婚しようという決意を胸に秘めて、自分の気持ちを押し殺す日々を送ってきたと吉本に告白した佳代子だったが、
その気持ちが、先ほどの茂之とさくらの様子を見る事で昔を思い出して、変わってしまい一茂への情熱を取り戻していた。

一見、すべては良い方向に流れているかのようであったが、翌日、再びご近所さんの携帯に、一茂と浅海がキスしている写真が送られて来る。

一方、慎一が学校から帰ると、吉本は慎一の部屋で、慎一のPCの中の『吉本荒野を訴える会』のページを開いていた。
吉本は慎一に対して、彼の陰にいる誰かの存在に気付いた事を示す。

片や慎一が、茂之に続き、母親の気持ちを取り込んだ吉本のヤリ口を言い立てて怒りを示すと、
立ち上がり、真正面から慎一の顔を見据えた吉本は「50点かな…」と言い「模範解答を教えてあげるよ」と慎一を窓辺へと連れて行く。

窓の外では、ご近所さんが携帯に送られてきた一茂と浅海がキスしている画像メールを佳代子に向けて見せていた。

吉本は慎一に、前に浮気相手が匿名で主婦仲間に出したメールを利用したと言うが…。

怒りを顕にする慎一に、吉本は新しい脅しのネタ写真を見せつけて、君を陥れる材料なんていくらでもある。
これを材料にある事ない事でっちあげれば君の人生は間違いなく終わると言い放つ。

更に吉本は今の教育制度のあり方の欠点を指摘すると、それに流されるだけで自分の頭で考える事を放棄していると慎一を批難する。
だが、慎一は「そんな話、俺達には関係ない」と言って、吉本の話の流れがうまく読めない。
吉本は話しながら、だんだんと激昂し再び過去の自分の過ちへと思いが飛ぶ。
あの少年と吉本が会話している。
少年は吉本に信じて欲しいと訴えるが、吉本は自分の身ばかり案じて取り合おうとはせず、少年は絶望のあまり泣き崩れるのだった。
そんなフラッシュバックに見舞われる度に過呼吸ぎみになる吉本。

それを唖然と見つめる慎一。
吉本はふらつきながら部屋を出ると、ゴルフクラブを持ってきて、慎一の部屋のパソコンをぶち壊す。

『吉本荒野を訴える会』のサイト管理人、立花真希からの最後のメールが3日前になっていた事から、連絡手段が携帯へ切り替わったと察した吉本は慎一に携帯を出せと要求する。
狂気を帯びた吉本の様子に慎一は携帯を出さざるおえなかった。

しかし立花真希は、吉本が気付く事を事前に見抜き、慎一にもう1台携帯を用意しておくようにと忠告していたので、
その言葉に従って用意したもう一台の携帯で、慎一は家を出るとすぐに、立花真希に今起こった出来事を報告する。

その後、慎一は立花真希との待ち合わせ場所に向かう。
そこにいたのは父親の浮気相手、浅海舞だった。

吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第5話 あらすじ

「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」




人気ブログランキングへ
ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム ネタバレ 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想(追記あり)

家族ゲーム ネタバレ 吉本荒野を訴える会 あらすじから見る管理人マキと裏管理人の予想

第5話でのマキ
さて、第5話では、吉本荒野を訴える会の管理人マキが、慎一と協力して吉本を懲らしめる証拠を掴もうとしていましたが、逆にあっさりと吉本にやり返されてしまいます。
しかし、このシーンでのマキの致命傷は、吉本の反撃を受けた事自体ではなく、
吉本に「家族を死なせたのはおまえだ」と言われ、あっさりと認めてしまった事。
一体、なにしてんだよ~!マキ!
慎一に心模様がそっくりなマキは、まるで吉本の敵キャラとしてではなく、
慎一の本当の姿を本人に思い知らせるために登場したかのようです。
これでは吉本の敵ではなく、やはり協力者の役割をつとめてしまっていますね。
家族ゲーム 第5話 あらすじ

第4話でのマキ
家族ゲームの第4話では家族ゲーム 吉本荒野を訴える会のマキが、吉本ではなく、父親の浮気相手、浅海舞香である事がわかったんですが、
私は、浅海舞香もまた吉本の手駒の一人だと思っていますんで、
やはり、吉本荒野を訴える会の裏管理人は吉本だと思ってるんですよ。

家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本自身という予想が外れたんで負け惜しみで言ってるんじゃないかと取られるかもしれませんが、
浅海舞香のやってきた事って、吉本への復讐というよりも協力のように見えるし、あれだけ人のリサーチに手抜かりのない吉本が浅海舞香の身元について何の調査もしていなかったっておかしくないですか?

もし、この先、
実際に吉本が浅海舞香について何も調べてなくて、おめおめと敵キャラ登場で攻撃を受けてダメージを被るという展開なら、
それは吉本のキャラらしくもなく、その点、物語の整合性に欠けるから、脚本の穴って事で、それは、まずないと思うんですよ。

でも、知っていながら泳がせていたっていうんならわかりますけど。

後、もう1つ変な事があります。、
吉本荒野って、本当は別人じゃないですか。
にも関わらず、 吉本荒野を訴える会っていうサイトタイトルで櫻井翔君演じるニセ吉本荒野の写真が掲載されてるって、
「どういう事よ?」と思いませんか?

事件は3年前に起こったんですよね。
3年前は、現在、植物状態で病院に入院している本物の吉本荒野さんが、まだお元気であったのではないでしょうか?

3年前に、櫻井翔君演じるところの吉本が、人が死ぬような、なんらかの事件に関わったという事は間違いないと思います。
けど第3話で吉本が、本物の吉本荒野の身内らしき年配女性に、言った言葉を覚えてらっしゃいますか?
「僕と彼は共犯なんです」って言っていました。
つまり、一見、被害者に見える本物の吉本荒野は、加害者であり、被害者は別にいるという事ですね。

その被害者は、皆さんもお気づきのように何度も、吉本のフラッシュバックに出てくるあの少年なんでしょう。

ならば、もし、吉本荒野を訴える会の管理人マキが言うところの「私の家族は…」という話が本当であるのならば、
管理人マキ=浅海舞香は、あの少年の姉という事になります。

浅海舞香は、事件は自分の留学していた間の出来事と言っています。
留学先から戻った舞香は、弟の死の原因が吉本荒野という家庭教師であると聞かされ怒りを燃やす。
そして吉本荒野を訴えようとして、さまざまな行動を起こして現在に至ったという流れになるはずですが、
3年間も活動をしていたにも関わらず、なぜ吉本荒野の顔を、ニセ吉本荒野と間違えたまんまなんでしょうか?
3年もの年月の間、間違えっぱなしって有り得なくない?

そういうあり得なさから、
管理人マキは、本当は吉本が吉本荒野でないという事をわかっていて、わざと、ああいうサイトを作っていると予想します。
なぜ、そんな事をするのかという目的はまだわかりませんが、
管理人マキが本当に被害者家族の中の姉であるならば、そんな回りくどい事はしませんよね?
すると、管理人マキが被害者家族の身内というのは嘘という事になり、
管理人マキは被害者家族とは他人で、何らかの目的を持ち、一連の行動を起こしているという仮説が成り立ち、
その目的の可能性の一つが、管理人マキ=浅海舞香もまた、吉本の手駒であるというものです。

もちろん、それ以外の可能性もあるとは思うのですが、
そもそもが吉本は計算ずくの男という設定ですし、
浅海舞香のこれまでの行動が、吉本の役に立ちこそすれ、邪魔にはなっていないというのも、
「浅海舞香もまた、吉本の手駒である」という可能性を濃厚に感じさせています。

家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲームの第5話あらすじは①~③まで分けて、非常に詳しく丁寧に書きました。
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム 最終回で自殺はない
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回

【家族ゲーム関連記事】
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^







家族ゲーム 第3話 ネタバレあらすじ~吉本荒野を訴える会?!

家族ゲーム第1話  ネタバレあらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 ネタバレあらすじ
家族ゲーム 第3話 ネタバレあらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 ネタバレあらすじ
家族ゲーム 第5話 ネタバレあらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
「家族ゲーム」フジテレビ
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」
吉本荒野 人殺し 家庭教師

家族ゲーム 第3話 あらすじ

夜の山道を、助手席に沼田慎一(神木隆之介)を乗せ、車を走らせる吉本荒野(櫻井翔)
どこへ連れて行かれるのか?自分は無事で済むのか?
慎一
は不安が募る。

吉本と名乗るこの家庭教師は、東大の卒業アルバムに写っていた人物とは別人だった。
吉本は慎一に「自分のストーリーの一部を教えよう…」と告げ、とある病院へと到着した。

「さあ、パンドラの箱を開けようか…」吉本はそうつぶやき、
 そして、訪ねた病室には"吉本荒野"という患者のプレートがあった。

吉本は、生命維持装置につながれたこの患者こそが、本当の"吉本荒野"であり、
自分の弟である事、
自分とは違い成績優秀な弟は東大卒業後、両親の反対を押し切って、夢だった中学教師となった事、
その直後に事故に遭った事を話した。

吉本は、事故でやっと自分の夢が叶うという時にすべてを奪われた弟の夢を叶える為に教師になった。ただし教員免許がないので家庭教師にしかなれなかったのだと言う。

にわかには信じがたい慎一だったが、嘘とも思えない。
慎一は吉本に「あなたの本当の名前を教えて下さい」と聞く。
吉本は「雄大」と答え、「でも俺は、これからも吉本荒野を名乗り続けるよ」と言った。

翌朝、慎一はこの話を茂之(浦上晟周)にだけ伝えた。
そんな子供たちをよそに一茂(板尾創路)は浮かれながら、
浅海舞香(忽那汐里)との出来事を思い出して朝食をとっていた。

佳代子(鈴木保奈美)
は、そんな一茂に鬱憤が貯まり爪を噛む。
 
一方、茂之の学校では、
吉本からの「遺書」の脅しが効いて一変したクラスの雰囲気に、茂之は戸惑いながらも嬉しく感じる。
帰宅後は、優しくされた女子生徒の事を思い出し、笑みまでこぼれるほど気持ちも安定する。

吉本は、いっそクラスメイトを招いて茂之の誕生会をやろうと言い出す。
戸惑う茂之だったが、吉本の命令は絶対服従だ。

そんな折、慎一の方では、吉本という人間に深い疑念を抱き、密かに身辺を調べていた。
しかし吉本は「万引き」という慎一の弱みを、
現場を写真に収めるという手段で、しっかりと握っていた。

さて、誕生会の準備であるが、
母親とご近所友達にはフラダンス、
父親にはギターと歌、
兄の慎一には、招待客へのお披露目用の茂之の幼い頃からの写真(スライドショー)の編集と、
吉本が、家族それぞれに協力を依頼して、刻刻と進められていった。

翌朝、茂之は1番先に学校へ行き、クラス全員の机の中に誕生会の招待カードを配る。
それに対して、女子を中心に何人ものクラスメート達が良好な反応を示したのだが・・・。

その日、慎一は、吉本が、知るはずのない沼田家の内情を色々と知っており、
戸締りをしてある家の中にもすんなりと入ってくるような不気味さに、
ますます不信感を募らせる。
慎一は、病院に連れて行かれたあの夜以来、放課後に
彼女、最上飛鳥(もがみあすか・北原里英)と共に、吉本荒野の病室の前で家族が来るのを待ち伏せしていた。
親戚や近所を回って沼田家の情報をかき集めていた吉本は、限りなく怪しいのだが、
「万引き」という弱みを握られているので親にそれを告げる事も出来ない。

次の日の夜、舞香(忽那汐里)が一茂の忘れ物の入構証を届けに沼田家にやって来た。
一茂は慌てて帰そうとするが、吉本が勝手に家に上げてしまい、夕食の席を共にする。
その食事の席の会話は実に空々しい。
その時、吉本は舞香を誕生会に誘う。
舞香は「楽しみにしています」と、答え、
その後、一茂は舞香を駅まで送って行くが、その道で舞香は、一茂に腕を絡めながら
「日曜日、誕生会が終わったら、この前の続きしよ・・・ほら、ラブホテルの」と話しかけ、
一茂はデレデレしていた。

翌日、学校で、茂之が、誕生会の参加人数を確認するとクラス全員が手を上げた。
思った以上の結果に茂之はすっかり気を良くする。
その夜、誕生会の準備に精を出す茂之、母親、父親。

一方、その頃、慎一は、病院でやっと、吉本荒野の母親らしき人物との出会いを果たせていた。
ところが、その年配の女性は、
心配するような事は何もない。吉本雄大の言った事はすべて事実だと話す。
思いもよらぬ答えに絶句・・・予想外ではあったが、仕方なく、お詫びだけして帰ろうとした慎一の背中に、その女性が掛けた言葉は先に自らが語った事をすべて覆していた。
「気を付けた方がいいですよ。あの男は悪魔ですから」と。

夜の教室で俯き深い呼吸をする吉本の電話が鳴った。
先ほど慎一と面会した女性からである。
以下、電話でのやりとり。
女性>「慎一君が来ました」
吉本>「余計な事は話してないでしょうね」
女性>「指示された事しか話してません」
吉本>「そうですか。ご苦労様です」
女性>「もうこれで勘弁して頂けませんか?息子は罰を受けました。これ以上、私達に関わらないで下さい」
吉本>「嫌です。これからも会いに行きますよ。忘れて欲しくありませんし、僕と息子さんは共犯なんですから」

翌、日曜日、すっかり茂之の誕生会の準備が整った沼田家のリビングでは、アロハの衣装を身にまとったご近所さん達もスタンバイしている。
和やかなムードが流れる中でご近所さんの1人が、母、佳代子に、こっそりと見せたものは、
デタラメな身元不明のメールアドレスから送られた
「木曜の夜、沼田家のご主人が浮気相手と仲良く歩いていました」という文面。
慌てて「この日、主人の会社の子がうちに来て、送って行った時の事だと思う」と、その場を言い繕う佳代子だったが、内心は穏やかではない。

結局、舞香も含めて、誕生会は誰一人現れないまま終了した。
携帯の画面を見て、父、一茂のついた溜息は、茂之の事を思ってではなく、舞香の事を思って。
それに気づいた佳代子との間で携帯の奪い合いとなる。
それを見ると吉本は
「帰りの遅い茂之君を見て来ます」と嘘を付いて、慎一の手を引っ張り家の外へと出て、
予め用意してあったハシゴを登って2階の隠し部屋へと入り、慎一も、その後を追う。
そこにはPCとテレビが用意されていた。
リビングの様子をライブカメラで中継していたのだ。

その部屋のテレビには、リビングの両親の様子が映し出され、
一茂が着替えようと席を立ったタイミングで、
リビングのテレビが突然点いて、
茂之の幼い頃からのスライドショーが小田和正のメロディーのBGMと共に映し出される。
歩みを止めてテレビに目をやる一茂。佳代子もその画面を見ている。
温かい空気になったのも束の間、テレビには赤ちゃんの時の茂之の写真が映し出されたまま
音声は突然、木曜日の時の例の、一茂と
舞香のあのあからさまな浮気会話に変わる。
そして訪れた夫婦の修羅場。
隠し部屋では、吉本と慎一がその修羅場を見ていた。

一茂が誕生会で歌おうとしていたのは茂之の為ではなく
舞香の為であった事もバレた。

失望した茂之は一旦、家へ戻るが、心情をぶちまける母の言葉に更なる大きなショックを受け、
雨の中、家を飛び出してゆく。

慎一は「全部アンタのせいだ!」と怒るが、
吉本に「君にとっても茂之なんかどうでもいい存在だったんだよなぁ」と指摘され
「違う!」と言い張るのだが、
「親戚のオジさんの方が茂之の事をよっぽどよく知っている」と事実を突き付けられる。

雨の中を呆然と傘も刺さず歩いていた茂之にクラスメートの元イジメ黙認派の生徒が、ぶつかってしまう。
そこで彼は誕生会に行かなかった言い訳をする。
「行こうと思っていたんだけど
山尾が行くなって。ホントだよ山尾はゲームセンターにいるから聞いてみて」
山尾とは
山尾 泰司(西本銀二郎)茂之のイジメを先導してたリーダー各。

それで茂之はゲームセンターへ行く。
するとゲーセンでは、女の子も含めて茂之の悪口を言って笑っていた。
その中には、優しく接してくれたと思ったあの女の子もいた。
やはり保身のための見せ掛けの優しさだったのだ。

すべてに失望した茂之が向かったところは、神社の裏の秘密基地。
家族は知らない場所だったが慎一が親戚のおじさんに電話で尋ねるとすぐにわかり、
慎一は慌ててそこへ向かう。

だが、誰よりも先にそこには吉本が先回りしていた。
吉本の姿を見て逃げようとした茂之を追いかける吉本。
追いついて揉み合ううちに泥道に倒れて泥まみれになった茂之。
もう立ち上がる気力もない。
そんな茂之に、吉本は改めて「これが現実だ。悔しいなら、おまえが変わるしかないんだ」
と言って聞かせる。
厳しい言葉で茂之を立たせた吉本だったが
「もう泣くな!俺がいる。俺が、おまえを変えてみせる!」と茂之を強く抱き締める。

その様子を陰から見ていた慎一と彼女の
飛鳥。
「なんだ・・・いいやつじゃん」と飛鳥は言ったが、
慎一は「これが本当のあいつの狙いだったんだ」と、
この一連の誕生会の計画が、吉本が茂之を懐柔するために行われたのだと受け止めたのだった。

沼田家では翌日も朝から、上辺だけ平穏無事な家族ゲームが展開されていた。
朝早く出たはずの茂之は学校を休んで、神社裏の秘密基地にいた。
ストレスの発散なのか?
吉本と二人で、クラスメート達の写真を並べ、順番に悪口を言いながら、丸め潰していた。

その頃、慎一は
飛鳥とPCのを開いて話していた。
「吉本の過去の生徒を調べてみようとしたが全部ニセモノで、著作権フリーのモデル写真だった」と言う慎一に、飛鳥は「詐欺で訴えたら?」と言うのだが、
あいつは絶対何か隠している・・・その秘密を暴きたいという気持ちの強い慎一は、
キーボードの検索を続ける。

慎一が検索欄に「吉本荒野 人殺し 家庭教師」と入れて検索を掛けると・・・
『吉本荒野を訴える会』というサイトが一件だけヒットした。
慎一がそのサイトを開くと、吉本の写真と共に
「私の家族は吉本荒野に殺された」という真っ赤な記事タイトルが目に飛び込んできた。

掲載されていたのは、病室にいた吉本荒野ではなく、雄大と名乗るあの吉本の写真だった。

一体、吉本の過去には何があったのか?
このサイトの製作者は誰なのか?

吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
「家族ゲーム」原作の結末
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト


ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^






家族ゲーム第2話 ネタバレあらすじ

家族ゲーム第2話 ネタバレあらすじ


家族ゲーム第1話  あらすじ・ネタバレはコチラ
家族ゲーム 第3話 あらすじはコチラ
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム ネタバレあらすじ 第7話
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレ 最終回で自殺はない
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回ネタバレ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
「家族ゲーム」原作の結末


朝、沼田家の庭で、にこやかな笑顔でラジオ体操をする吉本荒野(櫻井翔)。

茂之が、ちゃんと学校へ行くかを監視しに来ているようだ。

吉本に恐怖心を抱いた母の佳代子(鈴木保奈美)は「吉本先生にやめてくれるように説得して下さい」と一茂(板尾創路)に頼むが、
浮気にうつつを抜かして家庭に興味のない父は、あまり真剣に取り合おうとはしない。

茂之もまた「俺、人を殺したんだよね」という吉本に怯えており、辞めて欲しくて、
一週間続けて学校へ行くという約束を果たそうとするのだが…。

初日、
「本当に一週間、学校へ行ったらやめてくれるんですね」と茂之。
「ひつこいなぁ~。やめるって言っているでしょう。けど、できなかったらペナルティだよ。1日でも休んだら俺の犬になってもらう」と吉本。
朝の校門前で、そんな約束を取り交わして、茂之は登校した。

登校すると、茂之の机には罵詈雑言(ばりぞうごん)の落書き。
そして椅子には画鋲が接着剤で一面にピッシリと貼り付けてあった。

その日の授業が終わり帰宅しようとした茂之にイジメっ子がわざとぶつかってきた。
そして、わざと携帯を落とす。
もう使ってない機種変後の携帯を、限定モデルだと嘘を付いて3万円弁償しろと迫る。
そんな悪質なイジメっ子達に吉本が「君たちのやり方は間違っている」と言って接触してきた。

吉本は相変わらず、イジメのシーンを何枚もスマホで撮影していた。

茂之は恐喝されたお金を兄に借りる。
その時に兄に、吉本が人を殺したと言った事を告げる。
そこへ吉本がやってきた。

「今日の分の勉強を始めよう」と吉本と茂之は茂之の部屋へ移動。
吉本は茂之に、
今日どんなイジメを受けたかを全部、書き出すように言う。
茂之は「イジメられてなんかいません」と抵抗するが
「嘘つきはケツバットだぞ」と脅されて、仕方なく、その日のイジメを書き出したのだが、出来上がった頃には吉本は寝ていた。

茂之のされたイジメ箇条書き
①机の落書き「死ね」
②椅子に画鋲ビッシリ。
③休み時間、鞄を回し投げされ窓から捨てられる。
④昼食時間、弁当に泥を入れられる。
⑤掃除の時、トイレの水を掛けられる。
⑥因縁を付けられ携帯の弁償代として3万円請求される。

2日目の朝、兄が両親に「茂之がカツアゲされているんじゃないかな?」と話し、
「又イジメられているのではないかな?」と言うが、
母はオロオロするばかりで、
父は午前中までに済まさなければならない仕事があると言ってそそくさと出勤する。

会社では、茂之のイジメなどどこ吹く風で、ますます接近してくる浅海舞香(忽那汐里)にメロメロになる一茂の姿があった。
浅海舞香は一茂と同じ会社だというが・・・どうも、目的や正体がハッキリしない。
兄の慎一(神木隆之介)は、両親の期待通りの優等生のイメージを守るべく弟を心配する兄を演じている。
母は、ご近所の主婦友に、茂之の話に触れられたくない。

株式セミナーに出席していた母の前に現れた吉本は、一茂の浮気を匂わせるような発言をしたり、
また、
ご近所付き合いでのストレスを口にする佳代子に「友達親子ってどうだろう?(子供に嫌われたくなくて距離を取って叱れない親子関係の事)」と疑問を投げかけたりする。
要するに、佳代子が体裁のいい育児放棄しているのでは?と言いたいようなのだ。

学校では相変わらずイジメが続いていた。
4,000円を「とりあえずこれだけ」と差し出した茂之に「残りは1発1円だ」と言って何人もで取り囲んで殴り付ける。

家では兄が吉本に「本当に人を殺した事あるんですか?」と聞いていた。
「殺したよ」と答える吉本。

やがて帰宅した茂之がリビングで倒れ込んでしまった。
嫌がる茂之を吉本が無理に服をめくると体中がアザだらけになっており、
「誰にされたのか教えなさい」という母親を吉本が制した。
「暫く立ち止まる事も時には必要」と休む事を勧める兄の慎一の言葉も、
「何Jポップの歌詞みたいな事言ってる。やりなおせる人間は、そもそも立ち止まったりしない」と笑い飛ばした。

吉本は「今日は課外授業だ」と茂之を外に連れ出す。
「戦う意思がないからイジメられる」と吉本は茂之に喧嘩のやり方を指導するが、
荒っぽい吉本のやり方に茂之は逆ギレして反発する。
「おまえが死ぬまでイジメは続くぞ」と脅されても、なすすべもなく吉本に翻弄されている茂之。

一方、家の方では帰宅した一茂に佳代子が吉本の行状を訴えていた。
「転校も考えた方がいいかもしれません」という佳代子に「新築なのに、そんなに簡単に引っ越せるわけないだろう」
と一茂は取り合わない。
そこへ様子を見に行っていた慎一が帰ってきた。

様子を尋ねた佳代子に「喧嘩の練習をしていた」と慎一が報告すると、一茂は
「いいんじゃないか~イジメなんか一過性のものだ。その内収まるよ」と軽く言って
部屋へ引き上げてしまった。
佳代子が「ネクタイの趣味、変わりましたよね」と階段を登る一茂の背中に声を掛けたが、さほど気に掛けようともしない。

一方、喧嘩指南中だった吉本は、しばしの間茂之とはぐれ、
過去に自分が死なせた(?)少年の幻覚に責められ苦しんでいた。


翌日、茂之が登校すると、またイジメていた連中が、相変わらず返済を迫る。
放課後、茂之は、吉本の指導通りに、まずデコピンを食らわせると、吉本が指導したルート通りに駆け抜けた。
そうやって、うまくイジメグループを巻いて家へ無傷で帰り着いた茂之だったが・・・
悔しがるイジメグループの前に吉本が現れて、
「今日は君達の負けだが、また他の方法を考えたらいいじゃないか」と意味あり気にほくそ笑む。

サウナでは「茂之がイジメっ子を撃退したんだって」と一応、喜ぶような素振りの一茂だが、
こともあろうか、その次には、一茂は若い女の子を口説き落とすのに適した店を吉本に教わろうとしていた。
(この辺のやりとり、このドラマの見せ場の1つですね)

そこへ茂之が入ってきた。
サウナで横並びになる一茂・茂之・吉本…このシーンに原作のエッセンスが取り入れられている。
「今日も課外授業お願いします」という茂之に「いいねぇ~」と吉本の決め台詞。

その頃、慎一は彼女、最上飛鳥(もがみあすか・北原里英)の家で、吉本のHPを開いていた。
里英の兄は東大なので、卒業生の吉本荒野について調べてもらえないかと切り出していた。

学校を休んで吉本の後を尾行する慎一だったが、簡単に吉本に見抜かれてしまい、茂之が苛められている現場へと連れて行かれる。
止めもせずスマホで暴行現場を撮影し続ける吉本。
イジメグループはスタンガンを使って茂之を痛めつけていた。
それでも止めに入らない吉本。
慎一も「危険ですよ!」と言いながらも止めには入らない。
慎一の正義感はポーズだけだと吉本に見透かされていた。
片や慎一は、なぜ吉本がイジメの場所がここである事を知っていたのかと不信感を持つ。
しかも「もっと酷いイジメじゃないと茂之君は屈しないよ」とイジメグループにアドバイスしたという吉本の言葉にゾッとする。

何を考えているのかわけのわからない吉本は狂っていると慎一は思った。


翌朝、流石に茂之は学校へ行く意思を失い
パジャマ姿のまま「もう学校へは行きません。先生の勝ちでいいです」と敗北宣言。
そんな茂之を約束通り「じゃあ学校へ行け!おまえは犬だから俺の命令には絶対服従」と無理やり学校へ引っ張って行く。
校門前で逃走しようとした茂之を再び捕まえた吉本は
「死にたくない!」と叫ぶ茂之に
「それでいい。死を意識して初めて生きている実感が沸く。生きている実感があって初めて人に優しくなれる。おまえはよくやったよお!ご褒美をやらないとな」と茂之の頭をクシャクシャに撫で回す。

茂之と一緒に、彼のクラスへ行った吉本は
茂之を椅子の上に立たせると「はじめまして。沼田茂之の家庭教師です。突然ですが今日は彼の気持ちを代弁しに来ました」と言ったかと思うと「茂之君は今度、イジメられたら自殺します」と宣言してから、茂之の遺書を一人一人に配りだした。
その遺書にはイジメていた者の名前入りで「○○にイジメを受けていました。死にます」とハッキリと書かれてあった。
吉本は「もし今度、イジメを受けたらその遺書を自宅に残して死にます」と告知した。

吉本は「僕達はいじめていません」と主張する生徒らに傍観していた者もイジメだと言う。
そして最後に昨日の暴行の映像を見せ
「武器を使ってくれたおかげで話題性十分だよ。
茂之が死んだら、これを学校教育委員会マスコミ各社に送りつける。そしたら、おまえらも立派な犯罪者だ」と笑顔で告げる。
「これって脅しじゃないですか!」という批難にも動じる事なく
「今度茂之がイジメに遭ったらおまえらの人生台無しにしてやるからな」と吐き捨て、睨みつけて出て行った。
吉本の去り際にやってきた教師は、生徒達に「誰?」と聞くが誰も答えない。
彼らが手に持った遺書を「何だそれ?」と聞くが特に取り上げたり追求しようともしない。
教師もまた生徒達の日常に、ひとかけらの関心もないようだ。

茂之は安心し、教師に対しても、今までよりは少し、ハッキリと発言出来るようになった。

そんな事があって茂之は少し吉本に心を開いたのだが・・・。
「今度は犬に何をやってもらおうかな?」吉本が、茂之の部屋でそんな事を話していると、
そこへ゛吉本が東大出身ではない事を暴いた証拠を持って”慎一が入ってくる。
慎一が手にした東大の卒業アルバムの吉本荒野という人物の写真は全くの別人だった。

「あなたは一体、誰なんですか?」


一方、両親の方にも、ひと波乱来そうな兆し。
夜、一茂は吉本に教わったラブホテル街のバーで浅海舞香といた。
帰りたくないと甘える浅海舞香。

洗濯機の前では佳代子が、一茂のワイシャツのカラーについた口紅を見つけて泣いていた。

吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

「家族ゲーム」原作の結末ネタバレ(桜井 家族ゲーム ネタバレ最終回と比較)

「家族ゲーム」原作の結末 ネタバレ

家族ゲーム原作の結末は、さほど劇的なものではない。

茂之(ドラマと同名)は、吉本の指導で、兄の通う進学校も合格ラインとなるほど成績が上がったのに、
その進学校は希望せず、遥かにレベルの落ちるC高校への進学を希望していた。
ところが母親の希望で、兄の通う進学校でも、自分の希望するC高校でもない、
自分をイジメていたクラスメートと同じB高校を受験させられるハメとなり、そこに合格する。
それ故、当然のごとく、せっかく受かった高校でも登校拒否となった。



4月17日スタート 水10「家族ゲーム」フジテレビ 主演:櫻井翔

家族ゲーム第1話   ネタバレ  あらすじ (更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話  ネタバレ  あらすじ 
家族ゲーム 第3話 ネタバレ  あらすじ ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話  ネタバレ  あらすじ 
家族ゲーム 第5話  ネタバレ  あらすじ 
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ
家族ゲーム  第8話 ネタバレあらすじ「家庭教師による家族ゲーム、結果発表!」
家族ゲーム ネタバレ 第9話

家族ゲーム ネタバレあらすじについて
「家族ゲーム ネタバレ  あらすじ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
家族ゲーム ネタバレ最終回で自殺はない
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム  ネタバレ  あらすじと最終回 ネタバレ
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく

「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人

「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」



ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

吉本荒野を訴える会 まとめ

家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
吉本荒野を訴える会がアメブロで増殖中
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 サイト管理人と非公式の吉本荒野を訴える会


人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ

吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ

ドラマ家族ゲームとは無関係に誰かが作った例の「吉本荒野を訴える会」というサイトですが、
アクセスすると、ドラマ「家族ゲーム」の公式サイトにリダイレクトされてしまいます。
ところが、これで非公式サイト騒動収束かと思いきや、またしても、この非公式サイトが再出現しておりまして、今度は、ドラマ「家族ゲーム」の公式サイトへのリダイヤルはありません(2013年5月20日追記)

そもそも吉本荒野を訴える会 公式など存在しないのですが、にも関わらず「吉本荒野を訴える会 公式」で検索される方がおられるというのは、視聴者の混乱ぶりを物語っているようです。

アメブロ内に作られていた人のブログ記事丸パクリサイト(2つあった)も、
アクセスすると、アメブロのログインページへリダイアルされます。
この部分もアメブロのログインページへリダイアルではなく上記、「吉本荒野を訴える会」の非公式サイトへのリダイヤルに変わっていました。(2013年5月20日追記)

最近は問題のあるページを削除するのではなくて問題のない場所へリダイアルするという措置か流行っているのか?・・・この部分は所属ブロバイダーによる措置かと思ったので、こう書いたのですが、再出現したり、ドラマ公式へのリダイヤルがなくなったり、アメブロの同名サイトから該当サイトへ飛ばされるようになっている事などを考えると、サイト製作者本人の仕業と思われ、何を目的にしているのか不明で非常に怪しいサイトと言える事が出来ます。

凄い!とかユーモアがありいい!などと絶賛している方々には、冷めた見方の記事を書いてすみませんが。(2013年5月20日追記)



【家族ゲーム あらすじ まとめ】

家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回

【家族ゲーム 関連記事】
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」



人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

吉本荒野を訴える会 非公式

吉本荒野を訴える会 非公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ

そもそも吉本荒野を訴える会 公式など存在しないのですが、にも関わらず「吉本荒野を訴える会 公式」で検索される方もおられるというのは、視聴者の混乱ぶりを物語っているようです。


このサイトが本物だなんてとんでもない。
「吉本荒野を訴える会 非公式」とは「吉本荒野を訴える会」の関連キーワードに浮上してきた複合キーワードなんですが、
どういう意味かというと要するに、櫻井翔の家族ゲームとは何の関係もない「なりすましサイト」って事です。

つまりこちらで書いた記事にあるサイトの事

吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
その事を
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 本物」とか、
「家族ゲーム 吉本荒野を訴える会のサイトが本当にあった?」とか
「『家族ゲーム』に登場した「訴える会」のサイトが実在!?→ただし非公式 」とか
「“吉本荒野を訴える会”でウェブ検索すると、こんなサイトがヒットします」とか
のタイトルで、わざわざ報道してるサイトが多いです。 

わざわざツィッターで【拡散希望】とかしてる人もいるけど、相手にすればするほど喜んでる事だろう。
非公式なんてゆるい言葉でやんわり言わず、はっきり“なりすまし”って言ってやればいいのに。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問

【家族ゲーム関連リンク】


4月17日スタート水10家族ゲーム 公式
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話あらすじ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」

吉本荒野だらけのTwitter

Twitterには何と数多くの吉本荒野がおられる事でしょうか。
そしてその誰もが1000人以上のフォロワーを持っておられるプチ有名人です。
凄いですねぇ~!


吉本荒野 on Twitter一覧
吉本荒野 (ysmt_125) on Twitter
吉本 荒野bot (kgyoshimoto_bot) on Twitter
吉本荒野 (kouya_yoshimoto) on Twitter
吉本 荒野 (_____xykx) on Twitter
吉本荒野 (yoshimoto_417) on Twitter
吉本 荒野 (Break_Teacher_Y) on Twitter

家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 最終回で自殺はない
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回


【家族ゲーム 関連記事】
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式騒動収束へ
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」



人気ブログランキングへ
もしよろしければTwitterで誰からも構われない私に1クリック応援お願いします。

吉本荒野を訴える会がアメブロで増殖中

吉本荒野を訴える会がアメブロで増殖中

先にお伝えしていました他人のブログ記事丸パクリサイトのブログタイトル「吉本荒野を訴える会」さんはIDが、
wwwuttaecomnejpでしたが、
新たに吉本荒野を訴える会 サイトというのが
wwwuttaecomでオープンしていますね。
この新たに出来た吉本荒野を訴える会 サイトは、例の吉本荒野を訴える会に似せて作ったサイトの宣伝用に作られたようです。
ドラマ 家族ゲームの中の劇中サイトに便乗して集客しよう目だとうとするブログがまた一つ増えました。

こういうのが、出来たとたんにやたらGoogleやYahoo!の上位になるのはIDの部分が、ドラマの中で使われていた吉本荒野を訴える会のサイトURLに似ているからだろうと思われます。

こうした中身のない猿真似サイトに群がって褒め称えたり大騒ぎをしている方々が多いですが、そういう人って中国へ行ってミッキーマウスによく似たなんちゃってミッキーマウスとか、なんちゃってドラエモンとか見ても、こんな風にフィーバーするのかな?
それとも、貴方がた中国人なんですか?


家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式

吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!

【家族ゲーム これまでのあらすじと、家族ゲーム過去作品のあらすじ】
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話あらすじ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回

長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回

最終回まで残すところ後2話、櫻井翔 家族ゲーム ネタバレあらすじは家族ゲーム あらすじ まとめをご覧下さい。
現在1話~8話までのネタバレあらすじを掲載しています。

長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
1983年8月26日 - 9月30日、TBSテレビにて20:00 - 20:54(JST)に放送された。全6回。

東京は北千住・・・下町風なこの街に降り立った一人の男。
吉本剛は、東洋文化大学に7年も通っている落ちこぼれの大学生で、ボロい団地住まいの沼田家の次男、茂之の家庭教師として招かれてやって来た。
気さくだがガサツな感じの吉本。
来年の受験に備えて、ビリから9番目の茂之の成績を少しでも上げて、落ちこぼれから抜け出させて欲しいと頼まれる。

こちらの茂之はイジメられているものの登校拒否にまではなっていない。
そしてクラスの中には親切な女の子もいる。
茂之がイジメられていると知った吉本は茂之に勉強だけでなく喧嘩のやり方を教える。

吉本は、まるで家族の一員のように沼田家に溶け込んでいった。
最初の頃は時間に追われていて、とっつきにくかった兄の慎一とも時が経つにつれ友達のように親しく話せるようになっていく。

吉本の指導で、真剣に受験勉強に取り組み、成績も上がりだした茂之だが、
二学期になっても、学校でのイジメはまだ続いている。
しかし、かつてのイジメっ子のリーダー各だった土屋がイジメを止めに入る。
土屋は喧嘩で茂之と引き分けになった事を人に知られるのを恐れていたのだった。
土屋は、必死で守ってくれようとする吉本のような家庭教師がいる茂之を羨ましいとさえ思っていた。

茂之は寝不足で学校の授業中に倒れ、吉本が迎えに行った。
その後も茂之は脇目も振らず机にかじりつくように勉強を続けた。
その成果が出て、今では「脱落ちこぼれ」どころか、兄と同じ進学校の成林高校を狙えるようにまで成績が上げる。

慎一は「誰も寄せ付けようとしなかった茂之が吉本さんを受け入れたんだから成功なんではないかな?」と言うが、
吉本は「なんか、しっくり来ないんだよな~あいつ基本的には何も変わってないからな」と、
なぜか?茂之の変化に、あまり手応えを感じていない様子だった。

試験の前日、眠れない茂之と、それを気遣う慎一。

そして、茂之は見事に志望校、成林高校に合格し、沼田家の4人と吉本は、祝賀の食卓を囲んでいた。

茂之が合格したとたんに父親の態度はこれまでと一変、茂之を高評価し、兄慎一を小馬鹿にし始める。
実のところ茂之の成績向上と反比例するかのように、成林に通う慎一の成績が落ちてきていたのだった。

吉本は、母親に「今度は慎一の家庭教師を」と頼まれるが、
自分の実力では進学校に通っている慎一を教えるのは無理と断る。

茂之が合格して一息ついたとたんに、今度は兄の慎一に「勉強して東大へ行け、行け」と口やかましい両親に、
慎一は反発し、もう自分は限界だから学校をやめてもいいとまで言う。

「一生懸命に勉強して良い学校に進学して、人を蹴落としてでもエリートになる事が幸せ」という両親の考え方を引き受けて、
これまで頑張ってきたのは、兄の慎一で、
そして今は、その考えを弟の茂之が受け取って、引き受ける形になったけど、
「そんなものが本当に、人の幸せと言えるのか?」と吉本は疑問に思いつつ沼田家を後にする。

春になって吉本は大学8回生となり、また別の家族の家庭教師の仕事へと就く。

沼田家の兄弟は、揃って成林高校に通う。
成林高校では東大への進学率もいいが、自殺者も年に何人か出ている。
「自殺なんてうちには関係ないわ」と沼田家の母親は高笑いしているが、
その日の朝も沼田兄弟が学校へと向かった朝に、団地の屋上から成林高校の生徒が飛び降り自殺をした。

ドラマは吉本が新しい家庭教師先に着く所で終わるが…無理をして入った厳しい環境の成林高校で、
メンタルの弱かった沼田家の兄・弟は大丈夫なのかな?

尚、この続編が
家族ゲーム スペシャル『アニキの家庭教師は花の女子大生・なのダ』 として
1985年4月5日、19:20 - 20:51に放送された。


家族ゲーム 第5話 あらすじ
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(前半)
家族ゲーム 第6話 ネタバレあらすじ(後半)
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
家族ゲーム 第4話 あらすじ
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」



人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

吉本荒野を訴える会 馬鹿騒ぎ馬鹿質問

吉本荒野を訴える会の偽サイトを巡り、
Yahoo!知恵袋で、自分が怖くて出来ない事の結果を人に聞くという馬鹿質問がいくつか見受けられます。

その質問の文面の中には
「今、嵐ファンの中では吉本荒野を訴える会のサイトが存在していると話題になっています。」
というくだりがあるのですが、
嵐ファンって、そんなにオツムが弱いんですか?

ドラマの吉本荒野を訴える会のサイトURLは
www.uttae.com.ne.jpで、

上記ニセ吉本荒野を訴える会は
http://wwwuttaecomnejp.bake-neko.net/
しかも櫻井翔君の肖像権・著作権を侵害。

これを見てニセモノってわからんのか?

本当の嵐ファンならば、興味もって、はしゃくよりも肖像権・著作権を侵害されている櫻井君の事を心配するのがマトモなのでは?
家族ゲーム 公式
吉本荒野を訴える会 非公式
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
家族ゲーム 第5話あらすじ
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」



人気ブログランキングへ

吉本荒野を訴える会 非公式が吉本荒野を訴える会公式を抜く

家族ゲーム 第7話 ネタバレあらすじはコチラ

吉本荒野を訴える会公式は家族ゲームというドラマの中にしか存在しない
ので、
存在しないものを抜くというのは、おかしいが、
その吉本荒野を訴える会を想像とはゆえ生み出したのは家族ゲームというドラマ。

検索してみればわかるけど、今、吉本荒野を訴える会の非公式サイトが、
キーワード「吉本荒野を訴える会」の検索順位で楽勝で家族ゲームの公式サイトを抜いています。

この現象には複数の原因があるとは思いますが、
ブログやツィッターなどで大勢の人が、このニセサイトの事を話題にし、
このサイトのアドレスへリンクを張りまくったというのが大きいでしょう。

悪い意味であろうが良い意味であろうが、話題になったものがアクセス数を獲得するのがインターネットの世界。
話題にしていた人達は、この吉本荒野を訴える会の非公式サイトの応援団のようなものです。

このニセサイトがアクセスを集めて何をしたいのかはわかりませんが、取りあえずは勝利って言えるんじゃないですか?

吉本荒野を訴える会 実在って・・・そいつは。

これが、アメブロにある同名の他人のブログ記事パクリサイトと同一人物が作ったサイトであるのかないのかはわかりません。

ただURL部分がそのアメブロIDと同じなんですけどね。
まぁ、それは互に、ドラマに登場したURLをもじって作ったサイトだからいっしょになったのかもしれませんけどね。

吉本荒野を訴える会が実在っていうよりも、ドラマを見て、
吉本荒野を訴える会のサイトが話題になっていると知った人が面白がって作ったに過ぎないやんか。
こんなの作ろうと思えば、誰でも作れるのに、これを見た人はいちいち喜んでもてはやすわけなんですよ。

吉本荒野を訴える会
http://wwwuttaecomnejp.bake-neko.net/

そして、ここでパクられている櫻井君の画像の著作権の事について、
「これ著作権の侵害じゃないか」と思い至る者はいないとすれば、全くネットはアホだらけ。

因みにドラマに登場する「吉本荒野を訴える会」URLは
www.uttae.com.ne.jp
である。

家族ゲーム あらすじ まとめ
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回


【家族ゲーム関連記事】
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 マキと裏管理人の予想
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^

家族ゲーム関連の記事を複数丸パクリされて検索ヒット数激減のためブログ当分休みます。

家族ゲーム関連の記事を複数丸パクリされて検索ヒット数激減のためブログ当分休みます。
記事を書く尻から丸パクリされるのでは、まるで丸パクリする人のために記事を書いているようになりますから。
こんな事で挫折させられるとは残念です。

吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 管理人マキと裏管理人の予想
吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード

吉本荒野 人殺し 家庭教師 急上昇キーワードの偽物パクリ記事が出回っています(T_T)

私の書いた「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワードというタイトルも内容も同じコピペした記事が出回っています。
同じアメブロの人で、吉本荒野を訴える会というサイト名の人で、これ以外にも私のブログの記事をいくつもパクって勝手に使っています。
そのために昨日までちゃんと検索にヒットしていた私の記事がこの偽物に頭を抑えられ検索結果に浮上出来なくなりアクセス数が激減しました。
嫌がらせなのでしょうか?

こういう非常識な事はホントにやめて欲しい。
アメーバブログはなぜ著作権侵害を取り締まってくれないのでしょうか?


家族ゲーム あらすじ まとめ

家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
家族ゲーム 第4話 あらすじ
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回


【家族ゲーム関連記事】
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会 マキと裏管理人の予想
吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点
長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」


ピグカフェ ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^


吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた

吉本荒野を訴える会というブログを作った人を見つけましたが

http://ameblo.jp/wwwuttaecomnejp/entry-11527507242.html
まず、吉本荒野を訴える会 サイト というタイトルのこの記事が、
私のこのブログ文章(家族ゲーム 第4話 あらすじ)の丸ごとパクリで、他にも何本もの記事が、当ブログ記事のパクリで構成されたブログでした。


例えドラマのあらすじや感想と言えど文章の盗用は著作権侵害ですよね。

時間かけて一生懸命に書いている文章です。
盗んで貼るようなズルイまねはしないでもらいたい・゜・(ノД`)・゜・
同じアメブロの人であるのがアメブロブロガーのアホさの証明のようで情けない限りです。

長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点

長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点

この後「長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回」という記事をUPする予定ですが、
その前に予備知識として、まず、
現在放送中の櫻井翔の家族ゲームとの相違点を箇条書きしていきますね。


①家庭環境
櫻井翔の家族ゲームでは「どちらかと言えば上流階級のサラリーマン家庭」ですが、

長渕剛 家族ゲームでは「さほど生活にゆとりのなさそうな自動車修理工場経営者家庭」です。
長渕剛 家族ゲームの方が原作に忠実に描かれていたようですね。


②家庭教師、吉本の名前とキャラ付け
櫻井翔の家族ゲームでは、名前は吉本荒野と名乗るが、実は雄大(?)破天荒で何を考えているのかわからない謎めいた計算ずくの男です。

長渕剛の家族ゲームでは、名前は吉本剛と、長渕剛の剛をそのまんま役名にしています。
またキャラは、チンピラ風暴力教師で乱暴だけどハートフルな男です。茂之の成績を上げるよりも根暗な性格を変えたいと思っている節があります。


③根本的な違い。

その1>櫻井翔の家族ゲームではまだ、シリーズ化されるか否かは不明だが、
長渕剛の家族ゲームは、パート1、パート2とシリーズ化されていた。
(ここではパート1の方のあらすじを書きたいと思います)

その2>櫻井翔の家族ゲームでは、それぞれの心がバラバラでうまく噛み合わないパズルのようなギクシャクとした家族関係の、
父、母、兄、弟、それぞれの、心に抱える問題を浮き彫りにして行く。

一方、長渕剛の家族ゲームでは、受験戦争の時代の親側の凝り固まった価値観の中に家族の歪みの元凶があるように捉え、
その価値観に翻弄される子供達の心を描きます。


吉本荒野を訴える会というブログを作った人にブログの文章パクられた
家族ゲーム 第4話 あらすじ
「家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回」についてガサネタ出回り中、注意!
櫻井翔の家族ゲーム 最終回に家族の再生を期待
長渕剛の家族ゲームと櫻井翔の家族ゲームの相違点

長渕剛 家族ゲーム あらすじと最終回
吉本荒野を訴える会 このサイトは計算ずく
家族ゲーム第1話  あらすじ(更に詳しく追記しました)
家族ゲーム第2話 あらすじ
「吉本荒野 人殺し 家庭教師」急上昇キーワード
家族ゲーム 吉本荒野を訴える会の管理人は吉本本人
家族ゲーム 第3話 あらすじ~吉本荒野を訴える会?!
「家族ゲーム」原作のあらすじネタバレはコチラ
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 吉本荒野の殺人?(追記あり)
30年ぶり!家族ゲーム 第1話に宮川一朗太
櫻井翔「家族ゲーム」に神木隆之介&忽那汐里
嵐・櫻井翔『家族ゲーム』、ファンが「脚本変更」の署名活動を展開!?
家族ゲーム 吉本荒野の過去を予想
家族ゲーム 茂之のクラスメート役 キャスト
家族ゲーム 幻のキャストに深津絵里や名倉潤?(;^_^A
家族ゲーム 主題歌 嵐「Endless Game」




人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックして頂けると励みになって頑張れます^^
プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。