FC2ブログ

「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」と「愛のタリオ」で、まるで別人のようなチョン・ウソン

「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」と「愛のタリオ」で、まるで別人のようなチョン・ウソン


ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』((2011年)では、運命に翻弄されながらも真実の愛を掴む純粋で粗野な男を情熱的に演じたチョン・ウソンだが、映画『愛のタリオ』では、冷めてすかした都会の最低な男をクールに演じていた。

私の場合、ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』を、かなり過去に視ていたのだが、
昨日、映画『愛のタリオ』を視て、主演であるチョン・ウソンの顔にしきりに既視感を感じるものの、どのようなドラマか、はたまた映画で視たのだったか、なかなか思い出せずにいた。

それもその筈で、髪型の違いもあるものの、演じている人物像が、映画『愛のタリオ』とドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』では、まるっきりイメージの異なる別人だったのだ。

チョン・ウソン…恐るべき演じ分けをこなす俳優である。

韓国では、このように善人と悪人、純粋とダーティなど、対照的な役柄でも演じ分けてこなしてしまう役者が多いと感じる。

ドラマ『パダムパダム -彼と彼女の心拍音-』のあらすじは上記、リンク先にあります。
映画『愛のタリオ』 あらすじは以下。

映画 愛のタリオ あらすじ


ソウルの大学で女子大生を相手にセクハラしたという嫌疑で、片田舎へと左遷されてきた
小説家であり文学の教授ハッキュ(チョン・ウソン)は、馴染のない田舎暮らしに気落ちして冷めていた。

そんな彼の前に現れたのは、この町の小さな遊園地でチケットを売る仕事をしていた少女ドク(イ・ソム)。

ドクは都会も、男も、何も知らない純粋な少女で、聾唖者の母親と寄り添うように暮らしていたが、
ハッキュの持つ、ハンサムで洗練された都会の人の雰囲気に吸い寄せられるように夢中になってゆく。

ハッキュにとってドクは、不本意な田舎暮らしでの手頃な憂さ晴らしの遊び相手に過ぎなかったが、
世間知らずのドクは、たちまちのうちにハッキュへの激しい情愛に溺れて行った。

だが、ほどなくして、ハッキュのセクハラ問題の嫌疑が晴れて、彼は大学へ復職する事になる。
そして、この彼の復職と前後してドクの妊娠がわかる。
ソウルへ戻れば妻子のいるハッキュで、それを承知で、彼との愛にのめり込んだドクだったが…彼を引き止めようと
妊娠を告げたとたんに堕胎を求められて、悲しみのうちに中絶する。

それでもドクは、これで終わりの筈がないと、ソウルへ帰ったハッキュを待ち続けた。
キチンと話をするために必ずまた戻るからと約束していたハッキュだったが、やっと再会が叶った時に、
突き付けられたのは封筒に入れられた手切れ金と別れの言葉だった…。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

映画 だれかの木琴 唯一、面白かったシーン(つまらない映画に追加)

映画 だれかの木琴 唯一、面白かったシーン

電車の中で、誰もが携帯を見ている中、一人だけが位牌を見ているシーンが面白かった。

映画 だれかの木琴 概要・あらすじ


郊外に引っ越した主婦の小夜子は、初めて訪れた美容院で担当になった若い男性美容師の海斗を気に入り、
届いた来店お礼の営業メールに返信する。
そのメールの返信を皮切りに、小夜子の心から海斗の存在が離れなくなり…だんだんとストーカーのような行動へとエスカレートしてゆく。

海斗は、たまたま担当になっただけの一人のお客の予想外の行動に戸惑うのだが…。

映画 だれかの木琴 感想


自分としては好きな俳優である池松壮亮が出ているので視たが・・・
台詞が、ボソボソとしゃべり覇気がなく全然聞き取れない。

普通の不倫に走って家庭を壊してしまう主婦の、よくあるパターンの不倫映画かと思って視たが、
そうではなく、さりとてストーカーの恐怖を訴える映画でもなく、正直、これと言って見所のない映画。

主人公の常盤貴子は、一応、ご主人にも大事にされて何不自由なく暮らしている主婦だけど、
いつも寂しそうで、恋愛の現役を離れて長いけれど今尚、恋に恋しているような、どこにでもよくいる主婦だと思う。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 池松壮亮

プロフィール

桃

Author:桃
文学と映画の好きな主婦。
神戸に住んでいます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去のログ v.コンパクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR