FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 ネタバレあらすじ 48話(48回)「引鉄」

真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめ真田丸 ネタバレあらすじ 48話(48回)「引鉄」

真田丸 ネタバレあらすじ 48話(48回)「引鉄」

真田丸の最終話(無題)までの全タイトルとハイライトシーン画像と放送日
真田丸 最終回「無題」について予想してみました
真田丸の最終回タイトルが無題に変更された理由
 
真田丸 ネタバレあらすじ 47話(47回)「反撃」の続き。

豊臣と徳川の和睦の後、真田丸は取り壊され、大坂城は堀までも埋め立てられてしまった。
裸同然となった大阪城。
真田信繁の本当の戦いが、ここから始まる。


勝永、又兵衛ら5人衆は、徳川の陣を急襲した。
夜、家康のいたほんの目と鼻の先まで迫って、家康の肝を冷やすと、すみやかに兵を引き揚げた。
軽く脅しをかけたかっこうだ。

次の日、幸村は、既に以前から徳川の間者である事を見抜いていた有楽斎を利用して、
家康に罠を仕掛ける。
「家康は昨夜の夜討ちでさぞ慌てた事でしょう。急ぎ陣を引き払い京へ戻るはず。
その道中を狙います。明日。如何でしょうか?」
幸村の計画が有楽斎を通じて密書となり家康の知るところとなる。

家康>「明日の夜、わしを襲うようだ。裏をかいて今日のうちにここを発つ。」
もっとも、その一方では家康は、徳川勢が陣を引き払えば、牢人らも大阪城を去るだろう。
その時こそが総攻めの好機であると考えていた。

家康をミスリードした裏で幸村は起死回生を狙い、佐助を呼び命じた。
「おそらく家康は我らの裏をかいて、今日中に動く筈。その裏をかけ。」

「必ずや家康を仕留めてまいります。」
家康暗殺の大役をおおせつかり、佐助のテンションはピークに達していた。
佐助は、もし家康暗殺に成功したら夫婦になって欲しいときりに告げたが、
結果を待つまでもなく、その場で即答で断られた。
それでも佐助は、家康の陣に向かった。

その日のうちに、秀頼の居室で評議が催された。
和睦が成立し大蔵卿局は一日も早く牢人達を城から追い出したくて仕方がない。
別の意味で有楽斎もそうだった。
幸村>「家康は戦をやめたつもりなどございませぬ。城の堀を埋めさせたのは必ずまた攻めてくるという事。」
戦が終わっていないことを、大蔵卿局になんとかわかって欲しい幸村は
このまま牢人らが去れば、豊臣に、なすすべがなくなり、
そこを家康に攻められては、ひとたまりもないと説いたが、馬の耳に念仏となる。
だが秀頼は「私はあの者たちに大きな恩義を感じておる。
牢人たちはできうる限り豊臣の家臣にしてやりたい。」と言い、
幸村も、反対する大蔵卿局を尻目に
「殿様がその思いでいて下さるならば皆必ずついてまいりましょう。」と答えた。


夜になって幸村は、有楽斎の手下のフリをして、彼の部屋の前で、襖の陰に身を隠して手だけを出し、有楽斎から、徳川への密書を受け取った。
動かぬ証拠である。
姿を見せるとその密書を破り捨てながら、幸村は言った。
「有楽斎様が徳川と通じている事は、以前からわかっておりました。」
そうして「今すぐ出て行かれよ。」と刀を抜いた。
すると有楽斎は顔色を変えて立ち去った。
そしてほどなく、逃げるように隠棲した。
千利休の弟子でもあった有楽斎はその後茶道に専念し穏やかな余生を過ごした。


京まであと5里の徳川の休息所で、
佐助は、首尾よく家康を仕留めたかと思われたが…それは、家康が用意周到に仕立てた影武者であった。
悔し涙に暮れながら、その事を幸村に報告する佐助。
その頃、既に家康本人は京の二条城に入っていた。
当時、家康の影武者は何人もいたと言われている。
今回の真田丸の作中では、佐助が暗殺したのは影武者であるとされたが…しかし、それとはまた逆に、本物の家康は、この頃、真田の手の者に暗殺されたのが事実であり、その後は影武者が本物と入れ替わり表向きには家康として生涯を送ったなどという説もある。

そのような視点で描かれた作品↓
【在庫あり/即出荷可】【新品】影武者 徳川家康 [完全版] セット (全8冊) 全巻セット

¥8,640
楽天

影武者 徳川家康 完全版 コミック 1-4巻セット (トクマコミックス)/徳間書店

¥4,320
Amazon.co.jp





年が明けて、慶長20年(1615年)家康は駿府、秀忠は江戸へ戻り、大阪城周辺に残っていた大名らも陣を払い始めた。
しかし、大阪城には牢人らが終結したままであった。
この隙に次なる策を練る幸村は、この日、新たな策を、治長と重成に説明した。
「家康の狙いは豊臣を滅ぼす事にあります。」そう言って幸村は図面を広げた。
「城のはるか南に新たな防壁を築く。茶臼山、そして岡山。この二つの山に砦を築き、間を空堀で繋ぎ、この一帯そのものを巨大な要塞とします。
ここで敵を迎え撃つ!」
茶臼山は家康が、岡山は秀忠が陣を敷いた所であり、今回は先にそこを抑えてしまおうと言うのだ。
幸村はやる気が熱気となり、燃えたぎっていた。
幸村の不屈の気構えに治長は感服し
「この先の面倒は全て私が引き受ける。存分に力を尽くしてくれ。」と告げた。
そして、その言葉通りに治長は、大蔵卿局の元を訪れると
「牢人たちも、そのまま留め置き、左衛門佐に従い戦略を施していくので、これより母上は口を挟まないで頂きたい。」ときつく釘を刺した。
この場にいた茶々からも「大蔵卿、そろそろあの者たちに任せてみてはどうか。」と言う一言があり、大蔵卿局は孤立してしまった。

治長、重成も賛同し、幸村はこの策を持ち、秀頼の元へ出向いた。
秀頼は感心して「見事じゃ!」と幸村の策を褒めた。
しかしながら、これを実現するには大規模な普請工事となる。
「時を稼がねばならぬな。」

幸村からの進言で、秀頼は、大仕事の前のしばしの休息として、牢人たちに、家族や縁者などの親しい者を城へ招き入れる許可を与えた。
幸村もまた、これを機に思い立ち、甥たちに会ってくると秀頼に告げた。
秀頼>「徳川についた真田の兄の子らか。肉親が敵・味方に別れるのは辛いものだな。」
幸村が「それを申せば姫様の方がもっとおつらい目に。」と言って、
秀頼の隣に座っていた千姫を見る。
秀頼は憂いを帯びた表情で
「夫と実の父親が戦をしたのだ。さぞ苦しかっただろう。すまなかったな。」と、
千姫を気遣った。
無言で首を左右に振る千姫であったが、戸惑った表情をしていた。
茶々もこの時、同席していた。
この機会に秀頼は、母と妻の二人に、いずれは大坂を離れようと思っている事を伝えた。
それは、秀頼が幸村と相談して決めた事であった。
幸村>「殿様がここにおられる限り必ず争いの火種となります。」
茶々>「源次郎がおれば心配ない。」
幸村>「いつまでも私がいるとは限りません。戦場で流れ弾に当たるやもしれませぬ。」
「怖い事を申すな。」と茶々が顔を引きつらせた。

秀頼>「牢人たちを連れて、やはり四国へ移ろうと存じます。」
茶々>「四国?」
秀頼>「冬も暖かく過ごしやすいと聞いております。」
幸村>「そして何より京大坂に近い。」
茶々は何より、幸村と共にという部分に拘った。
「むろん源次郎も来てくれるのであろうな?!」と言って幸村の顔を見据えたが、
幸村は瞬きを一つしただけで何も答えず、
秀頼が「讃岐と阿波の2か国ではいかがでしょうか?」と茶々に尋ねた。
茶々>「ならば、せっかくですから伊予と土佐も頂きましょう!だったら私も四国へ参ります。」
秀頼>「母上に分かってもらって何よりだ。千もよいな?」
千>「はい。」
茶々>「すぐに家康に伝えましょう。」
幸村>「まだ早うございます。国替えの事を持ち出すのは、次の戦に勝った後。
この一手は最後に取っておきましょう!」
取らぬ狸の皮算用とも言えたが、この会話の間中、4人は和やかな雰囲気の中で過ごした。
しかしながら、千は本心では、江戸に帰りたいと思っていた事を、幸村はこの後に知るのではあるが…。


さて、この歓談の後、幸村は、
この戦に勝った暁に土佐の国主に返り咲いての、お家再興を望み、
願わくば四国全土を欲しがっていた盛親の所へ出向き、
秀頼の皮算用の続きに決着を付けておいた。

「四国ではなく、例えば甲斐や信濃ではいけませぬか?」と言う幸村の言葉に、
四国を当てにしているのが秀頼であると知らされた盛親は、
自らの額をピシャリと叩いて「ううっー」と唸り「では、確かなところで。淡路島!」
と言って満足気に頷いた。幸村も、その盛親と一緒になって、微笑みながら頷いた。


幸村は大助を連れて、とある寺を訪ねる。
そこでは、懐かしい顔の茂誠、三十郎と、信之の二人の息子たち、信吉と信政が、先に来て待っていた。
幸村は、茂誠と三十郎が元気に暮らしていた事を聞き安堵した。
そして、立派な若武者に成長していた信吉と信政の姿に喜びを感じた。
大助を呼ぶと二人の従兄に引き合わせる幸村。
「真田大助と申します。」大助が名乗り、信吉、信政との初対面となった。

幸村、茂誠、三十郎は敵、味方でありながら、膝を突き合わせ、互いの身を案じ合った。
幸村は二人に話した。
「いくら私が策を弄して徳川勢を退けたとしても、秀頼公が大阪城に居る限り争いの火種となり続けるだろう。
だが…恐らく、ゆくゆくは、その秀頼公も、大阪を離れ、四国に国替えをされる。」

一方、庭にいた、3人の息子たちの間では、
信政が敵愾心を燃やし、大助に掴みかかろるという騒動になっていた。
それに気づいた大人たち3人に信吉が機転を利かせて「相撲を取っておりました。」と言った。
そこで、三十郎が庭へ下り、3人と相撲を取り出して、仲を取り持とうとした。

幸村は再び部屋へ戻ると、野戦の経験の多い茂誠に相談を持ちかけた。
「敵陣に馬で突入し、大将の首を狙うには、どの武器が最も有効だろうか?」
「ならば、鉄砲が一番だ」と機嫌よく答えを返した茂誠は、
鉄砲の長所と火縄銃に特有の欠点をあげたものの、
不吉な予感に襲われて、不意に黙り込んでしまった。


作兵衛は、この日も大阪城で真田家に与えられた居室の中庭を借りて作った畑で精を出して働いていた。
だが、どうした運命の悪戯か、ここは千利休の茶室が建っていた場所であった。
幸村が帰ってきて、大助と共に畑仕事を手伝っている時、作兵衛の鍬が土の中の固い何かに当たった。
堀出してみると利休の刻印が打たれた桐の箱。
幸村が箱を開けると、銃身が短く、不思議な形をした小型の銃が二挺入っていた。
堺の商人だった利休が南蛮人から手に入れた銃ではなかろうか?
幸村はその銃を持ち、作戦本部へ行って、それを勝永に見てもらった。
すると、勝永は、銃に火打石がついている「馬上筒」だと言う。
勝永>「イスパニア人から聞いた事がある。
ここに火打ち石がついていて、いちいち火縄に火をつける手間がかからないので、馬の上からでも撃てる。」
幸村が初めて手にする新式の武具であった。
「それで馬上筒か。」幸村は呟き銃を見つめた。


牢人たちは、入城した際の支度金が乏しくなり、豊臣の蓄えも、そろそろ底が見えてきた。
もう後がない。
そんな限界の状況の中で幸村は、評定に集まった秀頼、重成、大蔵卿局を鼓舞しようと思い言った。
「次の戦に勝てば、徳川からご領地を奪い返す事も出来ます。」と。

大野治房が暴走したのは、その日の夜である。


治房が、勝手に蔵を開け、配下の牢人たちに金銀を与えてしまった。
一部の牢人らだけが金銀を手にするという不公平が起こっては、他の牢人たちから不満が噴出して足並みも乱れよう。
その点を案じた秀頼が公平を期すために、全ての蔵を開け、牢人たちに応分の金銀を分け与えたのである。

しかし、この対処が裏目に出た。
金銀を手にした牢人らは、こぞって新しい武器を買いに行ったからだ。
これでは徳川に戦支度をしている事を気付かれて、時が稼げなくなってしまう。
幸村がそんな心配をしているうちに、治房が更にやらかしてくれた。

今度は勝手に牢人らを指図し、徳川が埋め立てた堀を、再び掘り返し始めたのだ。
その報告を聞き、幸村が背筋を凍らせた時、又兵衛が叫んだ。
「みんな、戦がしてえんだよ!」
上に立つ絶対的な総大将がいないという弱点が、ここへ来て際立ってしまった形だ。
こうなるともう勢いづいた牢人たちを止める手立てがなかった。


この豊臣の動きは、瞬く間に、京の二条城にいた家康の元へ報告された。
牢人達を城から出さないだけでもけしからんが、堂々と、和睦の際に決めた約定を破り、
また堀を掘り返すとは容赦ならんとばかりに、
家康は、自ら出陣して成敗すると強い意思を示した。
「諸大名に戦支度を命じよ。」家康は正純に言い渡した。


さて、一方、江戸の真田屋敷では、
幸村から届いた書状を見た信之が、いてもたってもいられない気持ちになっていた。
書状には面々と子供らの行く末を心配しての言葉か書いてあった。
とりわけ、すえの行く末を案じる親心が痛ましかった。
信之は、傍に控える三十郎に言った。「弟は死ぬ気だ。恐らくは、大御所様と刺し違えるつもりであろう。」
そして信之は立ち上がり、幸村を思いとどまらせるために、大阪へ行くと言い出した。

真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」へ続く。

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)/NHK出版

¥1,188
Amazon.co.jp

真田丸に関連したニュース まとめ

【出演】堺雅人,大泉洋,木村佳乃,平岳大,中原丈雄,藤井隆,迫田孝也,高木渉,斉藤由貴,榎木孝明,温水洋一,林邦史朗,,草笛光子,高畑淳子,近藤正臣,内野聖陽,草刈正雄

【真田丸 ネタバレ・あらすじ】

前半のあらすじ・ネタバレは、
真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめをご覧下さい。

真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑥
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑦
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑧

真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑥
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑦

真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」⑤

真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」⑥

真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」⑥

真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」④

真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」⑤

真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」④

真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 45話(45回)「完封」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 45話(45回)「完封」②

真田丸 ネタバレ・あらすじ 46話(46回)「砲弾」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 47話(47回)「反撃」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 48話(48回)「引鉄」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 最終回(50話)「無題」


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。