FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」~幸村ときり キスシーン

真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめ真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」

真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」

真田丸の最終話(無題)までの全タイトルとハイライトシーン画像と放送日
真田丸 最終回「無題」について予想してみました
真田丸の最終回タイトルが無題に変更された理由
 

真田丸 ネタバレ・あらすじ 48話(48回)「引鉄」の続き。

大阪城内では和平派と主戦派の対立が激しさを増す。
その中で、信繁は打倒徳川の策を巡らす。
最終決戦は刻々と近づいていた。


江戸 真田屋敷。

大阪へ行き、幸村に会うという信之を、稲は懸命に引き止める。
兄弟と言えども、今は敵将。
そんな事をすれば、命の保証がない。
しかし信之の意思は固く、最後には稲が折れた。
「…必ず生きて帰って来て下さいませ。」と言って送り出す。

大阪城での軍議。
秀頼他、主だった顔ぶれが全員揃っている。

幸村の新たな戦略は、まず京を押さえて、伏見を本陣とし、徳川勢の足並みが揃わぬうちに一気に攻め崩してしまおうというものだった。
幸村は秀頼に伏見城で采配を奮って欲しいと願った。
秀頼は承知したが、これに秀頼公の出陣など有り得ぬと、大蔵卿局が大反対を唱えた。
大蔵卿局>「あくまでも敵を迎え撃つのは大阪城!」
今更、丸裸の城での籠城戦など勝ち目のあろう筈もない。
それよりも、家康の首を討つ機会のある戦い方にシフトする以外に最早、選択肢は残されていないのは、
大蔵卿局以外の、ここにいる誰もがわかっていた。

幸村>「要塞が出来上がっていれば有りえたかもしれませぬ。それも間に合わぬ今、この城に執着するは愚策にござる。」
幸村は、いつになく声を荒げて、大蔵卿局に反論した。
最早、背水の陣である事は、誰も皆、気付いていたので、その強張った雰囲気に、広間は水を打ったように静まり返った。
その沈黙を破ったのは又兵衛である。
又兵衛は、勝永、重成と3人で考えた策があるので聞いて欲しいと言う。
重成が絵図面を広げ、勝永が説明を受け持った。
「敵は大軍。必ず広い南側から攻めて来る。これに対し我らは、天王寺に兵を進め、この一帯を固めて迎え撃つ。」
秀頼は城にいて吉報を待ってくれていれば良い。
絵図面を覗き込んでいた盛親と全登が、東側と背後から攻撃を受けたら、どうするのかと指摘し、
幸村も又兵衛らの策を評価しつつも、守りでの弱点を補うために、平野川を指さして言った。
「平野川の堤を、あちこちで切っておこう。さすれば、このあたりは沼地同然。東からは城に近づく事が出来ぬ。」
全員が納得し、軍議は終わった。


慶長20年(1615年)4月22日。
京 二条城。
家康の前に正信、正純親子と秀忠が並んで座っている。
正純>「伊達、上杉、前田、黒田ら諸大名こぞってこちらへ向かっております。総勢30万。」
秀忠>「今度こそ大坂城を落としましょう。」
「落とせるか?佐渡守。」と家康が尋ねるものの目を瞑ったきりの正信。
正純が焦り「父上…父上!」と声を掛けるが、
うたた寝をしているのだろうと思った家康は「これこれ、そっとしておけ。」と言う。

秀忠>「全軍が揃うたら、すぐに総攻めを。」
家康>「まあ、そう焦るな。正純最後にもう一度大坂城の秀頼に文を送れ。
今すぐ牢人を追放し城を出れば兵を引くと。」
秀忠>「父上無駄でございます。秀頼がいれば牢人は今後も増え続けます。
もはや秀頼を亡き者にせぬ限り、この戦終わりません。
豊臣の血はこの戦で断ち切るのです!父上は甘すぎる!」
家康は、癇癪紛れに言い放ち、立ち上がると行ってしまった秀忠の勢いに暫し唖然とし
「恐ろしい男に育ったのう。」と言うと笑った。


その日のうちに、秀頼の元へ家康からの最後通達が届く。
秀頼が、大和郡山城へ移れば、兵を退去させるという内容で、むろん牢人を連れて行く事は許さないと言う。
書状を読んだ秀頼は「徳川とは、これで手切れといたす。」と言うと、書状を破った。

山城と河内の国境に布陣したのは、真田信吉率いる真田勢である。
そこへ、ひょっこりと信之が現れて、一同は驚いた。
信之は茂誠と三十郎の顔を見ると、ここまでやって来た理由を告げた。
「源次郎と話がしたい。何か手立てはないか?」
丁度、もう少ししたら信伊が、ここへ来る事を知らされていた茂誠と三十郎は、目と目で示し合わせてから、
その目的を話した。
信伊は家康の命令で、幸村にもう一度、徳川への翻意を促しに行くのだと。
この後、大阪城へ入ると言う信伊に信之もついて行く事にした。


4月26~27日の暗峠を越えての郡山城の戦いに続き、
4月29日、樫井において、大野治房が徳川方の浅野長晟勢と激突した。
この戦で、先鋒に立った団右衛門が討ち死にした。

大阪城の幸村は残りの5人衆と重成を集めて軍議をした。
幸村は地図を広げて、徳川の進路を予想して、陣立てしていった。
「家康の本陣は奈良大和路を通って、生駒山の南の隘路を抜け、河内へ入る。前の時がそうだった。
一方、秀忠の軍勢は山の西側、東高野街道を進んで来る。まずは、ここで食い止める。道明寺。」
道明寺には、まず又兵衛と全登が出陣し、勝永と幸村はその後ろで控える。
盛親と重成は八尾、若江を押さえ、東高野街道から来る秀忠の進軍を阻む。
…と、このように陣立てが決定すると、
5月1日、又兵衛と全登は道明寺近くの平野まで兵を進めた。

だが…この豊臣側の作戦が徳川に漏れた。
そこで家康は大和路を行く予定を変更して、伊達政宗に軍勢の引率を一任した。

正信は、豊臣の牢人のうち、武勇に秀でた又兵衛の存在が気掛かりであった。
そこで又兵衛の調略を試みようと、僧侶を又兵衛の陣へ行かせた。
「播磨35万石で徳川に召し抱える用意がある。」
又兵衛はこの誘いを一蹴する。
だが老練な正信の事、正純に命じて、
又兵衛が徳川の使者と会ったという事実を豊臣の陣中へ広め、調略に乗ったという噂を流させた。

正信は家康に言った。
「こうすれば、又兵衛は噂を消すのに必死になります。
後は戦で手柄を立てるしかない。大将が焦れば軍は乱れる。これで又兵衛はの命運が尽きました。」
いぶし銀と呼ばれる正信の手口である。


大坂城に入った信尹について、ついに信之が幸村の前に姿を現した。
再び生きて会えるとは思っていなかった兄を見て驚く幸村。
信伊が再び調略を請け負いやって来たのは、大阪城の堀が埋め立てられて、
幸村の状況が以前よりも圧倒的に不利に陥ったからであった。

「信濃一国ではどうかと大御所様は仰せだ。」
亡き父、昌幸が生前、あれほど熱望した信濃一国を、幸村は何の迷いもなく断った。
やはり、弟は家康と相討ちになって死ぬつもりなのだと信之は確信した。
「しかし、死んではならん」と信之が言うと、幸村は「捕まれと申されますか?」と尋ねた。
信之>「そうじゃ。俺は今度もまた必ずおまえを助けてみせる。それが俺の使命だからだ。
真田の家のために敵味方となり、犬伏で別れた日、いつか晴れて酒を酌み交わそうと誓った。
俺はまだ、その約束を果たすつもりでいる。…それを言いに来た。」
そして立ち上がり「今生の別れではない。」と言い残すと、振り返らずに出て行った。
呆然と見送る幸村の頬を撫で「生きたいように生きればよい。」と、信尹が語りかけた。


5月5日、徳川勢は二手に分かれ河内平野を目指した。
伊達政宗の率いる3万5千の軍勢が又兵衛や全登が守る道明寺へ向けて進軍した。
家康率いる13万の本隊は、一路、重成、盛親らが守る八尾、若狭方面へと突進した。

この頃、平野に陣をひいた又兵衛であったが、周囲の兵たちが一斉に又兵衛に疑惑の目を向けだし、次第に苛立ち始める。
この噂は幸村と勝永の耳にも届いていたので、二人は又兵衛が短気を起こさないかと心配になり、陣へ顔を出した。
幸村は又兵衛に言い聞かせる。
「悪い噂を立てられたからと言って捨て鉢にはなるな!手柄を焦る事もない。戦は心が乱れた方が負けだ。」

夜明けとともに又兵衛は徳川軍に槍を持って討って出た。
多勢を相手に先制攻撃で果敢に戦ったが、
伊達政宗の猛反撃にあい、力尽き、ついに壮絶な討ち死の時を迎えた。

幸村と勝永が待機する誉田の陣に、全登が、又兵衛の討ち死を知らせてきた。
「あれほど功を焦るなというたのに…。」勝永が無念そうに呟き、幸村は又兵衛の形見の兜をじっと見つめた。


八尾、若狭方面の重成と盛親の陣にも徳川本隊である大軍が迫っていた。
重成と盛親は、まだ又兵衛の討ち死と隊の敗走を知らずにいた。
それで「やすやすと、徳川本隊を通してしまえば又兵衛らが逃げ場を失う。」と、二人は勝ち目のない戦いに挑み続けた。


「どうやら我々の策が筒抜けのようだ」と幸村は勝永と全登に言った。
徳川はことごとく豊臣の策の裏をかいて進撃して来る。
大阪城内に間者がいると考えるのが自然だ。
間者は思いがけない人物。
大阪城の台所を預かる大角与左衛門だった。
幸村らは、度々、厨で会合を開いていた。
その内容が角与左衛門を通じて徳川に全部漏れていたのだ。
その日の夜、明日の握り飯用の米が炊きあがった事を角与左衛門に知らせに行った与八が、
角与左衛門が徳川からの使いの忍びと話す姿を見てしまい、
角与左衛門に刺されて、あっけなく死んだ。


伊達政宗率いる3万5千の軍勢は又兵衛のいた道明寺を崩した後も、その勢いで誉田へ進撃し、
幸村と勝永らは、命懸けで抗戦した。
この激戦の後、幸村と勝永の軍は、軍勢を反転させて一度、大阪城へと退去した。
去り際に最後尾の幸村は、馬首を引き戻し、遠目に見える伊達政宗と視線を交わすと
「これでおしまいか!徳川勢に真の武士は一人もおらぬのか!」と、在らん限りの大声を張り上げた。
政宗は敵ながらあっぱれと、笑みを浮かべて幸村を見送った。

大坂城に戻った幸村は馬上筒を手にした。
そして自らの心の内の決意を確かめると、佐助を呼び、伊達への使いを命じた。
伊達政宗に残して行く家族を託すと決めた幸村は、
春の部屋へ行き、梅と大八を連れて伊達政宗を頼るようにと、よくよく言い聞かせた。
「あのお方なら、必ずお前たちを庇護してくださる。」
同時刻、伊達の陣では政宗が、佐助が届けた幸村からの文を読み、この申し出を快諾していた。

嫡子、大助と、重臣の高梨内記は幸村と共に大阪城に残った。
作兵衛は、一旦、春たちを伊達の陣へ送り届けた後、また戻って共に戦うと言った。
きりもまた、幸村に頼まれて城へ残ったが、きりには特別な頼みがあっての事。
「私は明日、城を出て、家康に決戦を挑む事にした。お前はいざとなったら、千姫様をお連れしてここを抜け出し、秀忠の陣へ行け。」
そして、その後は沼田へ帰省するようにと告げたが、きりはそれを拒否した。
「いいえ、ここに戻ってきます。こうなったら、おかみ様とご一緒しますよ、最期まで。
源次郎様のいない世にいてもつまらないから。」と、きり。
幸村は感動して、きりを抱き寄せた。死の淵にあり、心を通わせた二人は、しっかりと抱き合う。
「遅い!せめて10年前ならば…」と苦情を言うきりの口を接吻で塞ぐ幸村であった。

真田丸 ネタバレあらすじ 最終回(50話)「無題」へ続く。

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)/NHK出版

¥1,188
Amazon.co.jp

真田丸に関連したニュース まとめ

【出演】堺雅人,大泉洋,木村佳乃,平岳大,中原丈雄,藤井隆,迫田孝也,高木渉,斉藤由貴,榎木孝明,温水洋一,林邦史朗,,草笛光子,高畑淳子,近藤正臣,内野聖陽,草刈正雄

【真田丸 ネタバレ・あらすじ】

前半のあらすじ・ネタバレは、
真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめをご覧下さい。

真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑥
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑦
真田丸 ネタバレ・あらすじ 29話(29回)「異変」⑧

真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑥
真田丸 ネタバレ・あらすじ 30話(30回)「黄昏」⑦

真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 31話(31回)「終焉」⑤

真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 32話(32回)「応酬」⑥

真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」⑤
真田丸 ネタバレ・あらすじ 33話(33回)「動乱」⑥

真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 34話(34回)「挙兵」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 35話(35回)「犬伏」④

真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」④
真田丸 ネタバレ・あらすじ 36話(36回)「勝負」⑤

真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 37話(37回)「信之」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 38話(38回)「昌幸」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」③
真田丸 ネタバレ・あらすじ 39話(39回)「歳月」④

真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 40話(40回)「幸村」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 41話(41回)「入城」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 42話(42回)「味方」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 43話(43回)「軍議」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」②
真田丸 ネタバレ・あらすじ 44話(44回)「築城」③

真田丸 ネタバレ・あらすじ 45話(45回)「完封」①
真田丸 ネタバレ・あらすじ 45話(45回)「完封」②

真田丸 ネタバレ・あらすじ 46話(46回)「砲弾」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 47話(47回)「反撃」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 48話(48回)「引鉄」
真田丸 ネタバレ・あらすじ 49話(49回)「前夜」
真田丸 ネタバレあらすじ 最終回(50話)「無題」


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。