FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 武士の献立 あらすじ・ネタバレ・動画

映画 武士の献立 あらすじ・ネタバレ・動画

上戸彩主演。
武士の献立 [DVD]/松竹

¥4,104
Amazon.co.jp

武士の献立 動画(期間限定で無料)



加賀って言うと老舗温泉旅館や郷土料理が思い浮かびますが、この映画を視ると、
料理に対して、相当に思い入れの深い土地柄であった事がよくわかりました。

お正月に見た目の美しい加賀料理の数々を視るだけでも、心が満たされますが、
この時代、謙虚であった女性の、一途な夫への無償の愛もまた、
見目麗しい一品ではないでしょうか?

前田利家が残した加賀藩は、6代藩主・前田吉徳の治世となっていた。
その艶やかな加賀藩の食文化を背景として、
前田家の台所方・舟木伝内から乞われ、彼の息子・安信に嫁いだ春の内助の功を描いた作品。

藩主吉徳の側室、お貞の方に仕える料理自慢の女中、春は、一度は商家へと嫁に出してもらったが、
離縁され、再び、お貞の方の元へ出戻っていた。

一方、台所方・舟木伝内の悩みの種は、
御料理人の務めを嫌い、剣術の鍛錬に打ち込み、思うがままにやって来た次男、安信の事。
安信は、兄の急死で急遽跡取りとなったのだが、
幼い頃から、父の仕事を「包丁侍」と揶揄されて好きになれず、務めにも身が入らないでいた。


父が見込んでつれてきた嫁、春に対してもつれない素振りを続ける安信であったが、
春は、料理の腕はもちろん、気立ても良い。
春が、離婚か?料理指導か?を賭けた料理勝負で安信に勝利した事を切っ掛けに、
安信の料理の腕はみるみると春の指導によって磨かれてゆき、御料理人としても、どんどん出世していった。

夫の昇進を喜び、少しずつ、夫婦の距離が縮まってゆく中で、
春は、安信の剣術仲間で親しい間柄である今井定之進の妻、佐代が、
昔、安信と恋仲であった事を知ってしまう。

定之進は、改革派に属しており、安信も誘われ集まりに参加するようになると、改革派の中心人物、大槻伝蔵と出会う。
ところが一年後、藩主吉徳が急死すると、
保守派の重臣、前田土佐守直躬が権力を掌握するようになり、大槻伝蔵は失脚。
定之進をはじめとする改革派の面々は改易となってしまった。
だが…下士の身分であった安信には何の咎めもなかった。

それから、数年後。
土佐守の指示で、藩主重煕の国許入りを祝い、徳川家や近隣の大名を集めて加賀の饗応料理を振舞う事となった。
伝内が頭取、安信が頭取補佐を勤める舟木家にとっては晴れの日である。
その晴れの舞台を近々に控えたある夜、安信は、刀を磨いて、決起の場へ行こうとしていた。
水面下では、定之進らによって、土佐守の暗殺計画が企てられており、安信もそれに誘われており、
今夜がその決行日だったのである。
安信は、春に、御家が取り潰しとなっても、武士としての面目の方が大事と言い放った。
そんな安信を行かせまいとして、春は安信の刀を持って、隙を見て外へと逃げて行った。
それで、安信が不参加のまま、定之進ら残党は、全員討たれて死んだ。
怒った安信は、春が帰宅すると、手討ちにしようとするが、母に止められて断念する。

春の内助の功は、それからも続き、祝賀会で、持てる力のすべてを尽くした安信は大成功を収める。
紆余曲折を経て、ようやく、春の大切さに目覚めた安信であったが、
祝賀会の成功を見定めると、身を引くように舟木家を去って行った春。
その春を探して藩内を探し回る旅に出た安信は、能登の海女が集まる店で働いていた春にようやく再会した。


人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

桃

Author:桃
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。