FC2ブログ

映画 ジャンプ 最近視た駄作認定映画(B級かな?)

映画 ジャンプ 最近視た駄作認定映画(B級かな?)


【映画 ジャンプ あらすじ(ストーリー)】

2067年。
世界大戦で70億人が死滅。
生き残った僅かな人類は、この現状を好都合とする陰謀団と呼ばれる組織と、それに敵対し過去を変えようとする反逆軍の二手に分かれて争っていた。
反逆軍に属する恋人同士である2人の隊員、ランサー(男)とシアトル(女)は、過去を変えて陰謀団を抹消すべく“ジャンプ”と呼ばれる方法で、
2017年へと意識のみタイプスリップする。 

2017年制作のアメリカ映画
監督:アンドリュー・ベーリング
脚本:ニコール・ジョーンズ=ディオン
ジャンル:SFスピリチュアル

【映画 ジャンプ 感想】

体は元の時代に残したままで、意識のみを、任意の時空へ飛ばして、その瞬間に死んだ人間の肉体へ憑依するという、なんともまどろっこしタイムスリップ方法。
これってちょっと『12モンキーズ』の原作の短編映画 『ラ・ジュテ』に出てくるタイムスリップの方法にちょっと似てるかも。

任務を遂行するための過去への旅の筈なんだけど、その任務の方は、ことごとく敵の陰謀団に悟られてしまって、敵を抹消する筈が逆に仲間が次々に抹消されてしまい
主人公2人だけなんとか生き残って映画終了!

ランサーに至っては三分の二まで映画が進んだところでシアトルに向かって「2人で逃げて新しい人生を始めよう。」と持ちかけるほどの根性の無さで、
シアトルに「任務はどうするの?」と問われると「考えてみろ。任務が成功して陰謀団が存在していなければ、今、僕たちはこの時代に来てない。」とまで、
当たり前の事を仰る。
これは、タイムトラベルもののSF映画としては「それを言っちゃあおしまいだよ!!」的パラドックスを突く発言。
でも、そんな事言うんだったら最初から任務に就くなよ!って言いたい。
もし、最初から、任務は口実で、過去の過ごしやすい時代に恋人と一緒に逃れての逃避行のつもりだったのだとしたらば、なんと腹黒いやっちゃ!ww

緊迫感は全然なし!
ストーリーも、映像も、服装も、格闘シーンも、台詞回しも、すべてが、もっさりとしていて垢抜けないし、突っ込みどころは満載である。

2067年では、支配者側の陰謀団の方が、リッチな暮らしをしているんなら現状維持の理由はわかるが、そうでもなさそうだし、
何故、陰謀団が、過去を変えさせたくないのかが、さっぱりわからなかった。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

桃

Author:桃
文学と映画の好きな主婦。
神戸に住んでいます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去のログ v.コンパクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR