FC2ブログ

黒執事 ネタバレを含む感想

黒執事 ネタバレを含む感想


黒執事』 

水嶋ヒロがクールな“悪魔で執事”を好演♡”

黒執事 映画感想》
これは、ずいぶんと以前、コミック作品の方を先に1巻だけ読んでいて、その時はさほど面白いとも思わなかったんですが、水嶋ヒロがどんな風にセバスチャンを演じているのかと興味があって視てみました。
19世紀のイギリスから現在の国籍不明な国へ。
そして、その国には主人公らを含めて沢山の日本人が住んでいると、
映画では設定が、原作から大幅に変更されてますね。
それと、ご主人様の性別や年齢も変更。
だけどいずれにせよこの話、原作の時点から、
他にも色々、複雑で細かい設定があり…そこまでの事は、私が読んだコミックの第1巻だけではまだわからなくなってるおり、本来の面白さがわかって来るのは、もっと読み進めてからでしょう。…てな素材が原作ですので、
だらだらと書いてナンボの漫画と違い、約2時間という短時間で、その作品の性格を伝え切らねばならない映画では、セバスチャンは、いきなり悪魔という正体を晒して出て来ます。

「あくまで執事ですから。」というのがセバスチャンの口癖なんですが、これ「執事としての仕事を全うするのが使命。」と言ってるように聞こえるけど、そうではなく「悪魔で執事ですから。」て言ってるんだろうな…でも劇中でその言葉を聞いている相手たちは、まさか、そんな意味とは思ってもいないんだろうな…ってね、視聴者だけにわかる部分ってありますよね~。
そういったところが面白いし、アクションシーンもなかなかに迫力満点でした♪メガネのメイドちゃんのアクションも華麗だったよね。


テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 黒執事

コメント

非公開コメント

プロフィール

桃

Author:桃
文学と映画の好きな主婦。
神戸に住んでいます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
過去のログ v.コンパクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR